福島県では紅葉が山間部から平地にも降りてきましたね。
家から見える木々も赤や黄色に色づいて来て、外を散歩する方もカメラ片手に歩いている方がいらっしゃいますね。でもただ散歩するだけではもったいないですから、思わず感動的な景色を写真におさめたくなる気持ちもよく分かります。
そんな秋が日に日に深まっている、11月14日に復興公営住宅表団地で新そば祭りを実施しました。
主に郡山市で活動をされているそば打ち名人の武田名人にお越しいただき、そば打ちの基本を教えてもらいながら、美味しいそばを食べるだけではなく、打てるようにもなれたらいいなというイベントです。
今日は私の余計な文章は完全に蛇足ですので、武田名人のそば打ちの様子を写真メインに紹介させていただきます。
IMG_1950
まずそば粉を濾し器を通し、
IMG_1954
そば粉1キロに対して、水およそ500mlを入れて混ぜていきます。
IMG_1956
混ぜるとこのように段々と塊になってきますので、
IMG_1959
一塊にしてこねていきます。
力を込めておよそ150回ぐらい全集中でこねることによって、食べた時にこしがあるそばになるそうです。
IMG_1963
こねおわりましたら、それを菊練りにして、記事の中から空気を抜いていきます。
IMG_1966
それをまずは手で伸ばしていき、
IMG_1967
棒で伸ばしていきます。
IMG_1969
参加者の方も伸ばし棒を使って、そばを伸ばす体験をしています。
IMG_1975
名人は簡単そうにごく自然にやっておられますが、いざやってみるとなかなか棒も上手く扱えませんし、まして丸く伸ばすなんて至難の業です。
IMG_1977
というわけで、再び武田名人にバトンタッチして、今度は四角く伸ばしていきます。
IMG_1980
畳だったら半畳ぐらいの大きさになりました。
素人がやってもなかなか大きくも丸くも四角くもならなかったのに、名人がやると魔法でも使っているのかというぐらいにあっという間に半畳です。座って半畳、寝て一畳といいますから、これだけスペースがあればこの上で生活も出来てしまいそうです。
でももちろん美味しいそばの上で生活をするわけにはいきませんから、このそばを
IMG_1982
たたんで、
IMG_1985
切っていきます。
この切るのも参加者が体験しましたが、太さがいびつになったり、武田名人のようにリズミカルな音はとてもじゃないけど奏でることが出来ません。
IMG_1987
見てください。この細く揃ったそばを!
さすが、武田名人。そばを切る包丁さばきが16連射です。
って、それは高橋名人ですね。
昔高橋名人に憧れて、ファミコンのAボタンを連射したけど10連射ぐらいが限界だったのはいい思い出ですけど、果たしてどれぐらいの方が高橋名人を知っているのか、ファミコンのコントローラーを連射したのか、きっとそれらの方々は35歳は超えている、もしくは40歳も超えているかもしれません。
それらの方々はきっとビックリマンチョコも集めたりして、スーパーゼウスだシャーマーカーンだ、と言ったキラキラシールに一喜一憂したことでしょう。
是非それらの方々と今度飲みにでもいきたいものです。
と、全く余談になってしまいましたが、
IMG_1990
お湯が沸騰するまでの雑談だと思って聞き流してください。
IMG_1995
今日の新そば祭りは新型コロナウイルス感染防止のために表団地の住む階層毎に時間を分けて、来場者が一度に集中することがないようにしています。
11時からそばをお渡しですが、武田名人だけではなく、参加者の方も混じって一緒にそば打ち体験をしたので、自分が打ったそばを自分で食べるのはきっと美味しいことでしょう。
IMG_2009
そしてそばを食べるのも新型コロナウイルス感染防止のため、集会所内は一切使用せず、外で食べるか、自宅に持って帰って食べるかとさせていただきました。
そばを食べた方からは
「こしがあって、とっても美味」
「こんなに美味しいそばを食べれたから、明日死んでも構わない」
なんていう嬉しいお言葉をいただきましたが、美味しいそばを食べて、明日からも元気にそれぞれの日常を送っていただければと思います。

皆さんは何か悩みごとや心配ごとはありますか?
家族のこと、恋人のこと、テストの結果、職場での人間関係、将来のこと、新型コロナウイルスやインフルエンザ、病のことなど生きていれば四方山の悩みごとや心配ごとがあって当たり前です。
そのあって当たり前の悩みごとや心配ごとを皆さんはどうしていますか?
誰かに相談するのでしょうか。
それとも秘めたる思いの如く、胸の奥にジッと潜ませるのでしょうか。
それとも悩みごとや心配ごとを解決するために、自分で決断して自分で行動を起こすのでしょうか。
色々な方がいらっしゃることと思いますが、悩みや心配ごとがあった場合に相談したいのに相談できる相手がいなくて、仕方なく一人で抱えなくてはいけない。結果自分の中でその悩みや心配ごとが大きくなっていって、過度なストレスや精神的なすり減り、消耗となってはよろしくないですよね。
明日は明るい日と書くわけですから、明るい明日を迎えることが出来るように、
IMG_1852
本日(11月13日)よろず相談所を開設しました。
IMG_1853
開設場所は地域・子育て支援センターぷらすさんの地域交流スペース。
IMG_1854
本日はどのような相談があるか、もしくはないかは分かりませんが、大事なことは相談できる場所があるということです。そしてそういう場所があるという事を頭の片隅に入れてもらうことです。
例え今日は相談者がいなくてもチラシを受け取ってくれた方が時間がある時に電話で相談をしてくれるかもしれません。メールかもしれません。必要があればZoomだってできるわけですから、離れた対面だってできます。
相談しても問題がすぐには解決しないかもしれません。
でも誰かに話すことで悶々としている問題がハッキリするかもしれません。
話すことで少しは楽になるかもしれません。
よろず相談所は悩みごとや心配ごとを抱える方の少しでも力になれるように、明日への活力を見いだせる場になるようにしていく予定です。
なおこの活動はしんぐるまざあず・ふぉーらむ様の「だいじょうぶだよ!基金 ひとり親支援事業助成」を受けていることを末尾になりましたが、報告させていただきます。

家のエアコンが調子が悪いです。どのぐらい悪いかというと鬼滅の刃で言えば鬼舞辻無惨ぐらいというと、今の鬼滅ブームに乗っている人には伝わると思います。
ですから気温が冷える夕方から翌日の朝までは、設定温度を28℃にしていても指がかじかみます。
そんな中着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んだりはしていないですけど、読んではもらえぬブログを寒さこらえて書いています。でも全く読んでもらえないわけではなく、アクセスカウンターの数字を見てみると昨日で10人、今日は21人の方がこのブログをご覧になってくださっているので、精一杯気持ちを込めてセーターを編みたいと思います。
ではなくて、ブログを書きたいと思います。
本日(11月13日)、二本松市のまゆみぷらすさんで11月の男の料理教室を開催しました。
IMG_1857
男の料理教室ではまず包丁を研ぐところから始まります。
包丁を研ぐというと昔話では老婆の専門スキルみたいな感じがしますが、
男の料理教室ではそんな固定概念を覆し、「男たるもの包丁の切れ味重視」とかの有名料理人が言ったとか言わないとか、多分言ってはいないと思うのですが、道具は大事ですからね。
IMG_1863
よく切れる包丁でニンニクをみじん切りにしています。
IMG_1870
こちらではベーコンをスライス。
IMG_1876
先ほどのニンニクのみじん切りにしたものをオリーブオイルの海に投げ込んで、マグマで浸していきます。
なんのこっちゃらなのですが、トマトソースを合わせていきます。
IMG_1881
そして白い粉。というと表現がよろしくないのですが、実際には強力粉やらドライイーストやらに水を入れてこねていきます。
IMG_1886
十分にこねたら、それを10分寝かせます。
IMG_1894
それを均等に切り分けて、
IMG_1897
円の形になるように伸ばしていきます。
IMG_1904
お好みの具材をトッピングして、
IMG_1906
ピザ釜に入れて、
IMG_1907
320℃の温度で焼けば、あっという間に(実際には2分30秒)、
IMG_1911
美味しいピザの完成です。
この生地の焼き色やチーズの溶け具合を見て頂ければ、完成度は一目瞭然だと思います。
このピザを食べると冷凍ピザが食べられなくなるとある方が言っておられましたが、その気持ちが一口頬張ればすぐに分かりました。
IMG_1922
こりゃ、イタリアじゃ。
本場のピザを食べたことがないので、今一つ比較対象が定かではないのですが、その辺のお店にも負けていない味です。そしてお店ではレシピにのっていないピザはもちろん食べることは出来ませんが、自分でピザを作れば世界で一つだけのピザが作れるわけです。
IMG_1929
こんな様々なチーズがのったピザや
IMG_1938
こんなコーンがたっぷり乗ったピザだって出来ちゃうわけですからね。
って、どれもピザチェーンのメニューに載っているものですね。
IMG_1940
いつもは調理が終わったら、場所をテーブルに移動して食べるのですが、今日は熱々のピザを食べるわけですから、キッチンをみんなで囲んで焼いたら食べるを繰り返しました。
途中からはお腹いっぱいになって、低音の消防車のようにウーウー唸っていたんですが、不思議とピザが焼きあがると美味しそうな見た目と香りに誘われて、ついつい食べてしまうんですよね。
このブログをご覧になっている方がピザが食べたいなと思ってくれたら、かじかんだ指でブログを書いた甲斐があるというものです。
美味しいピザを食べて、大きな声でボーノと叫びましょう。

↑このページのトップヘ