皆さんいかがお過ごしでしょうか。
新社会人になられた方は4月1日から出社しているはずですから、先週の木曜日から今日で全ての曜日の勤務をしたことになりますね。お疲れ様です。
学生の皆さんは新しい学校での新しい学びが始まったり、進級して先輩と呼ばれる立場になったりしているんですかね。新しい学びに胸をときめかせながらも、果たして友達が100人出来るかしら、と不安に胸が張り裂けそうになっている方もいるかもしれません。
早稲田大学では4月3日に新型コロナウイルスの影響で、昨年入学式が出来なかった2年生のために1年越しの入学式を実施したという報道がありました。
会社でも昨年度は入社式が出来なかったけれども、今年は実施したというところも多いのでしょう。
1年前は新型コロナウイルスについて、なんだかよく分からないけれども感染力が強いから人が多く集まるのは止めておこう、ぐらいのウイルスに対する理解だったのが、新型コロナウイルスと闘い続けた1年後には、感染防止の対策には人と距離を取る、マスクをする、手指衛生を徹底させる、パーテーションで区切る、換気を定期的に行うなどの対策をすれば、感染予防につながるということが分かって来ています。コロナウイルスのワクチン接種数も4月6日現在、1,288,566名と100万人を越えてきました。これが一通り社会全体に何事もなく行き渡り、効果にも問題がなければ、新型コロナウイルスが変異しなければ恐れなくても良くなるかもしれません。
1年前は未知だったものが、人類の力を合わせれば完全とは言わなくても一定の効果があるワクチンまで出来るわけですから、人間の力って凄いですよね。
最近ビールのCMやテレビ番組でも耳にすることの多い曲に「This is me」という曲があります。「グレイテスト・ショーマン」という名曲ぞろいの映画の中でも、ひときわ素晴らしい曲です。
そのThis is meの歌詞には「I am who I'm meant to be,this is me」という部分があります。私は運命を受け入れる、これが私なんだと力強く自己肯定をしています。
学生の皆さんや社会人の皆さんは誰しも弱い部分や他者にはあまり知られたくない部分をもっています。それは自分の認識の中ではマイナスだから隠したくなることでしょう。外見的なことかもしれませんし、内面的なことかもしれません。誰しもが大なり小なりの悩みを抱えて生きています。
その悩みを無理やり今すぐに解決しなくても良いんです。
自分のネガティブな部分も、他の誰もが認めなくても自分は自分のことを肯定しましょう。
this is meの歌詞は暗闇の中を他者からの罵詈雑言を浴びながら生きてきた人が、自分を認め、立ち上がり、歩み出すことを謳っています。
他者と比べるのをやめにして、他者と違うことを気にしない。自分のことを肯定して、胸を張って明日も学校に、仕事に行きましょう。
何かあっても下を向かない。だってthis is meなんだから。

というわけで、今年度も一般社団法人ちろるではこれまで行ってきた避難者支援活動、新型コロナウイルスで大変な目にあっている方への支援や地域の児童や学生などへの福祉の裾野を広げる活動、などは継続・発展させながら、更には新しい事業も展開していく予定でおります。
そのためにもアンテナを多方面に伸ばして、と朝方の私の髪型を見たらそれを寝癖といいます。

ブログの更新が異物がつまった排水溝のように滞っていたので、
心配をしてくださった方やせっかくブログを見たのに更新されていないじゃないかと怒り心頭の方もいたかもしれません。
令和3年1月から福島県でも緊急事態措置及び感染拡大防止対策がとられました。
当法人で実施している事業は人が集まり、一緒に食事を作って食べる大人食堂や男の料理教室、学生食堂などの事業を実施しております。
ですので新型コロナウイルスの感染リスクが高まってしまうので、事業を実施するかどうか非常に悩みました。それこそ悩んで、夜も眠れない為免疫力が低下して、感染リスクも今年に入ってからの日経平均株価ぐらいに上がってしまうんじゃないかと心配になったくらいです。
でも実施しなかった場合には、それぞれの事業を1ヶ月楽しみに待ってくれていた方の楽しみを奪うことになります。外出の機会も1回奪うことになります。事業に参加した場合の笑顔もお友達との交流も奪うことになってしまいます。非健康リスクを考えたら、やらないことよりもやることの方が実害も大きくなるんじゃないかということで、食べる事業に関してはみんなで一緒に作るところまではこれまでと同様ですが、これまではその後一緒に食べて、お話をしてということをしていましたが、1月からはお弁当箱やタッパに詰めて解散するようにしました。
本当は食事をしながらのトーク、食後のトークを楽しみにしてくれている方もいるとは思うのですが、そこは少しでも感染リスクを減らすための工夫の一つとご理解いただいての実施です。
というわけで、バタバタしているので、ここ最近の写真がないのですが、
昨日(2月15日)に2月の大人食堂を実施しました。
献立は
・ブリの照り焼き
・冷奴
・キュウリのキムチ添えon納豆
・刻みトロロ
・スイーツにバナナフレグラヨーグルト添え
メインのブリの魚料理から豆腐、お漬物、ご飯にかけるトロロ、デザートまである、料亭で出されたら「これじゃ」と大きく頷くような内容となりました。
文章で「大振りのブリの切り身からはほんのりと湯気が出て、まるでお湯という大海原を旅してきたようだった。キュウリのどてっぱらには風穴が空いており、そこに所狭しとキムチが詰められていた。一見すると万華鏡のようだったが、よく見るとやはりキュウリに違いない」とかいくらでも書けてしまうのですが、写真一枚の説得力には敵いません。
参加者の皆さんのマスクをつけながらのトークやこういうご時世でも楽しい雰囲気も、文章で説明してもやはり笑顔の写真一枚には敵いません。
というわけで、負け続けなのでそっとペンを置きます。
でも実際にはペンは握っていないので、そっとPCシャットダウン。

タイトルの通りです。
日々の寒さ、そして雪の多さ。
冬眠をしていたのですが、2月13日の深夜の地震で目を覚まし、ムクムクと巣穴から出てきた次第であります。

ということはもちろんありません。
でも本当に先日の地震はビックリしましたね。
このブログをご覧になってくださっている皆様は大丈夫だったでしょうか。
怪我していませんか。
家具、家電、家屋などに被害はありませんでしたか。

私どもの事務所があるのは福島県大玉村。
普段活動しているのは福島県二本松市。
どちらも2月18日の地震では震度5強の揺れがあったそうです。

私どもの事務所は特にこれといった被害はありませんでしたが、
普段関わらせて頂いている避難者の皆様の中には家具や家電、それも冷蔵庫のように大きな家電が動いたりした方もいたようです。
復興公営住宅は3階建だったり、4階建てのところもあり、高層にお住いの方ほど揺れが大きかったと思いますので、まだ全ての皆様の安否を直接伺えたわけではないので心配は尽きません。
この心配が杞憂に終わることを切に願います。

そして昨日から今日にかけて、福島県では(おそらく本州のどこでもなのかもしれませんが)風が非常に強く吹いています。業務用扇風機でも隣りにあるんじゃないかと疑いたくなるぐらいです。いきものがかりが「風が吹いてる」と歌っていたら、「その通り。強く吹いていますね」と答えたくなるぐらいです。
というわけで、地震の片付けで屋外に出ている方がいらっしゃったら、くれぐれも風にも気を付けてながら、余震にも気を付けて、更には横から吹き付ける雪にも気を付けるという、色々なものに気をつけなくちゃいけないので、簡単に言うと無理をしないで明日出来る事は明日やるようにしましょう、ということでご自愛ください。

↑このページのトップヘ