3月8日、テレビを見ていて衝撃が走りました。
鳥山明先生の訃報です。
子どもの頃から鳥山先生が生み出したDr.スランプやドラゴンボールを読んだり、見たりして育ちました。
鳥山先生がキャラクターデザインをされたドラゴンクエストをプレイして育ちました。
鳥山先生が想像した世界やキャラクターはいつも身近に存在し、そして私をハラハラ、ドキドキ、ワクワクさせてくれました。
きっとある年齢以上の人、特に男性であればかめはめ波を放つポーズをしたことは通過儀礼としてあるはずです。もちろん私もその一人ですし、かめはめ波に限らず、魔貫光殺砲を指から出そうとした人も数知れないはずです。
桃白白に敗れる孫悟空にも、まるで自分が強大な敵に打ち負かされたかのようにショックを受け、ナッパがベジータとともに地球にやってきて、それまでの孫悟空のライバルとして出て来たキャラクター達がなすすべなくやられてしまう時の絶望感には、心の中で(もしかしたら実際に口に出していたかもしれませんが)早く悟空来てくれ!と叫ばずにはいられませんでした。
絶望感と言えばナメック星でフリーザと対峙した際にこれまで戦闘力(戦う力を数値化するというのも鳥山先生の素晴らしい発明ですよね)が数万だったのが、急に「私の戦闘力は53万です」という当時では途方もない数値が出て来た時には、ベジータではなくとも涙しそうになったものです。
きっと私よりも上の世代の方はアラレちゃんを読んで、これまでの「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」の3つの挨拶に加えて、「んちゃ」がどの時間帯でも使える便利な挨拶として交わされていたでしょうし、アラレちゃんをまねて伊達メガネを装着した方もいたでしょう。
アラレちゃんで思い出しましたが、鳥山先生のネーミングセンスも独創的で「則巻千兵衛」「則巻アラレ」と言ったアラレちゃんのキャラクターも、「ブルマ」「トランクス」と言ったドラゴンボールのキャラクターまで、ストンと受け入れてしまえるから不思議です。「トランクス」と言ったら男性用の履物の名前なのに、それをキャラクターの魅力と相まって、カッコいいと思えてしまうんですからね。
鳥山先生の生み出す世界はもちろんその圧倒的な画力もさることながら、魅力的なキャラクターが数多くいて、ただ強いからキャラクターを好きになるだけではなく、ミスターサタンのようなキャラクターも最終的には好意的に受け入れずにはいられなくなってしまう、それだけキャラが立っているんでしょうね。漫画だけではなく、ドラゴンクエストの敵キャラまでどこかキュートで、RPGで敵キャラなんて、そして雑魚キャラなんて、本来は経験値を稼ぐために倒すだけの存在かもしれませんが、スライムを始めとして愛着がわくのも、鳥山先生がデザインされているからなんでしょうね。
今後は鳥山先生の描き出す新しいキャラクターに出会えないと思うと、私の日常も彩りを失ってしまうように感じます。本当に現実にドラゴンボールがあって、7つ集めるとシェンロンが出てきて願いを叶えてくれるなら、と世界中の鳥山先生のファンが思っている事でしょう。
天国で自分が生み出したキャラクターに囲まれている鳥山先生のご冥福をお祈りします。

そんな超ド級のショックな出来事から一夜明けた3月9日、3月の学生食堂を実施しました。
2024年に入ってからはだいたい月末付近の日曜日に実施する事が多かった学生食堂ですが、毎回協力してくれている福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんのうち1名が3月末で大学を卒業するので、今月は早めの実施となりました。
IMG_4466
その卒業する学生ですが、学生としては最後の学生食堂ということで、ネギが真っすぐに育っているかを確認しています。
「学生としては最後の学生食堂ということでネギが真っすぐに育っている」なんていう行為も日本語も存在しないですよね。
実際にはなんとなくやってる感を出すためだけのやらせ写真です。
でもそんな行為をしたとしても後輩達からは、先輩ったらまた何か変な事してるわ、ぐらいで受け入れられるのは人徳というか、これまでの付き合いから生まれる絶対的な信頼関係の証ですよね。
IMG_4479
豚肉にキャベツを投入し、キャベツがしんなりとしてきた頃合いを見計らって、
IMG_4480
回鍋肉の素みたいな、魔法の調味料を投入していきます。作る量が量なので、業者か!というぐらいの量です。
そもそもこれだけの回鍋肉の素を買い占めたら、独占禁止法で逮捕されても文句は言えないレベルです。
IMG_4495
そして完成したのがこちら。
キャベツのシャキシャキの食感とネギの旨味、豚肉の味わいを味噌の味付けが包括的に包み込んで、口の中で何とも言えないハーモニーを生み出します。
IMG_4494
今日も美味しい食事を作る事に成功!の笑顔です。
IMG_4503
そして本日も多くの方にご来場いただき、回鍋肉丼をお渡しする事が出来ました。
来て下さる方も学生の事を覚えてくれて、「卒業おめでとう。社会人になっても遊びに来るんだよ」と何人もの方が声掛けをしてくださっていました。
IMG_4513
活動の最後に卒業生から在校生へメッセージを語ってもらったのですが、『そしてバトンは渡された』や『ラーゲリより愛を込めて』を観終わった時と同じような感動に包まれました。
そしてまさしく先輩から後輩にバトンが渡された瞬間でした。
バトンを渡して社会人になっても、引き続き学生食堂に遊びに来て、元気な顔を見せ続けてもらいたいものです。

2月の中旬は春を思わせるような気候で非常に過ごしやすかった福島県内ですが、2月の下旬になって「あれ、そういえばまだ2月だった。もっと寒くしないと2月らしさが出ないよ」と思い出したように気温が明け方は氷点下になったり、雪が降ったりしております。
2月25日の現在は夜ですが雨が降っております。それも山下達郎さんの歌のように夜更け過ぎには雪へと変わりそうな冷たい雨です。
日曜日の夜に雨が降っていると学生も社会人も月曜日からの学習意欲や勤労意欲に対してマイナスの影響が出そうです。いくら日経平均株価が過去最高を記録しようとも我々の生活に直接的に影響があるわけではなく、そのような中で今後相続税やたばこ税が値上がりし、控除は減ってしまうとなると実質的には所得は減ってしまう方も多くいらっしゃるはずです。
だからこそ日経平均株価の上昇を背景に賃金が大幅にアップになるなど、景気の良い話が必要ですよね。なんたらメガネというニックネームの方にはしっかりと国民の生活に目を向けて、一般の人の声を聞いて、政策に取り組んでもらいたいものです。
そんな2月25日に2月の学生食堂を実施しました。
IMG_4418
たまねぎをキザんでいます。
それも大量の玉ねぎなのですが、玉ねぎをキザむ時にはマスクをしていると涙が流れたりしなくなるんですね。これぞ涙くんさよならです。
IMG_4419
本日の活動でもまた新しい福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが2名参加してくれました。この年度末近い時期になっても新しく参加してくれるというのはありがたいです。
IMG_4422
こちらではひき肉の色が変わるように加熱しています。ひき肉からも肉汁が出るという事を恥ずかしながら本日初めて知りました。
IMG_4427
こちらの写真はいかにも何かを伝えているように見えますが、実際にはやらせ写真で特に重要な事は何も伝えていません。
でも卒業する先輩からこの時期にあえて何かを伝えなくとも、これまでの活動の中でしっかりと想いが伝達されているからもう何も伝えたりしなくても大丈夫ということなのかもしれません。
大量のひき肉と玉ねぎが入っている鍋にキーマカレーの色々な会社から出ているルーを大量投入すると、
IMG_4437
美味しいキーマカレーの完成です。
玉ねぎのキザみ方によって、小さいのがあったり大きいのがあったりで、それが食感のアクセントになっており、非常に美味しくご飯が何倍でも食べれる完成度です。
IMG_4438
今日はこれだけ多くの学生さんが参加してくれています。
現役の学生さんもいれば、
IMG_4448
昨年度まで学生だったOB、OGもいます。
OB、OGは卒業以来久しぶりの学生食堂への参加だったのですが、参加者さんとは顔馴染みですので、
IMG_4458
こんな2ショットの写真も撮っています。
IMG_4450
本日も大盛況の中、学生食堂の活動をさせて頂きました。
現役の学生さんも多く参加してくれてありがたいですし、学生を卒業して社会人になってもせっかくの日曜日にも関わらずに学生食堂に参加してくれるというのはありがたいですね。
関わっている全ての皆様に感謝しかありません。




このブログの更新もとんとご無沙汰してしまいました。
その間に大きな地震があったり、飛行機の事故があったり、派閥パーティー資金不記載問題があったり、大物芸能人が裁判に専念するために休業したりと色々な分野で大きな動きがありました。
2024年も後から思い出したら激動の一年だったね、となりそうな気配がプンプンしますね。出来れば凪のような後から思い返しても、この一年は穏やかな一年だったね、となってくれると良いんですけどね。
そんな1月28日に学生食堂をオープンしました。
IMG_4362
今日も福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが本日も多く参加してくれています。
もうこの活動にも何度も来てくれているので、役割分担も自分達でテキパキと決めて、慣れた手つきで食事の準備をしています。
IMG_4359
まずはお米の準備です。炊飯の準備で何合炊くかを計っている最中に話しかけたのですが、嫌な顔一つせずににこやかに私と話をしてくれながら、それでも計る手は止めていません。これぞ職人という姿勢を学ばせて頂きました。まぁ職人ではなく、学生ですが。
IMG_4365
一方こちらでは袋に入った紅しょうがを陽気に容器に開けています。陽気にしていたかは分かりませんが、「ようき」と変換したら容器よりも先に陽気が出てきました。これがもし妖気が先に出て来ていたら、妖気を感じなら陽気に開けています。そうです、彼女こそ現代における安倍晴明、実写版五条悟、とか書いていたかもしれません。
IMG_4366
こちらと
IMG_4368
こちらでは玉ねぎの一番外側の皮をむいて、手ごろな大きさに切り分けています。
料理を作る際に怪我をしたのではせっかくの美味しい料理が台無しになってしまいますので、工事の現場だけではなく、料理の現場においても指差し確認は忘れません。
ドラゴンボールが好きな人がいたとすれば、どどん波を出しているところを想像するかもしれませんね。
IMG_4378
材料を切ったり、なんやかんやが終了したところで鍋に大量のお肉を投入します。
お肉が紅葉の終わりかけのように赤から茶色になる頃に
IMG_4380
先程切った大量の玉ねぎを投入していきます。
そして魔女が大きな鍋でとっておきの薬を作るが如く、鍋をかき混ぜていきますと、
IMG_4382
牛丼(の上に乗せる具材)の完成です。
IMG_4386
ご飯の上に牛丼の具材をのせて、更に紅ショウガをのせれば、本日の献立、牛丼の完成です。
IMG_4389
皆さんに食べていただく前に、本日の出来栄えを確認するために試食です。試食のいただきますの可愛らしいポーズをとって、とお願いしたはずなのに、一人ニュースキャスターみたいな人がいますね。良いニュースを読みそうな気配が伝わってきます。
IMG_4406
12時少し前には実施場所である災害公営住宅若宮団地の皆様や地元住民の方が美味しい食事もですが、学生との交流を楽しみに多く足を運んでくれます。
中には牛肉が好きではないという方もおり、本日の献立の牛丼はその方にとっては致命的な献立なのですが、それでも学生さんのお顔を見に来てくれました。
そうやって食べられない献立の時にも足を運んでくれるような活動になったんだと思うと感慨深いです。



↑このページのトップヘ