タイトルの通りです。
日々の寒さ、そして雪の多さ。
冬眠をしていたのですが、2月13日の深夜の地震で目を覚まし、ムクムクと巣穴から出てきた次第であります。

ということはもちろんありません。
でも本当に先日の地震はビックリしましたね。
このブログをご覧になってくださっている皆様は大丈夫だったでしょうか。
怪我していませんか。
家具、家電、家屋などに被害はありませんでしたか。

私どもの事務所があるのは福島県大玉村。
普段活動しているのは福島県二本松市。
どちらも2月18日の地震では震度5強の揺れがあったそうです。

私どもの事務所は特にこれといった被害はありませんでしたが、
普段関わらせて頂いている避難者の皆様の中には家具や家電、それも冷蔵庫のように大きな家電が動いたりした方もいたようです。
復興公営住宅は3階建だったり、4階建てのところもあり、高層にお住いの方ほど揺れが大きかったと思いますので、まだ全ての皆様の安否を直接伺えたわけではないので心配は尽きません。
この心配が杞憂に終わることを切に願います。

そして昨日から今日にかけて、福島県では(おそらく本州のどこでもなのかもしれませんが)風が非常に強く吹いています。業務用扇風機でも隣りにあるんじゃないかと疑いたくなるぐらいです。いきものがかりが「風が吹いてる」と歌っていたら、「その通り。強く吹いていますね」と答えたくなるぐらいです。
というわけで、地震の片付けで屋外に出ている方がいらっしゃったら、くれぐれも風にも気を付けてながら、余震にも気を付けて、更には横から吹き付ける雪にも気を付けるという、色々なものに気をつけなくちゃいけないので、簡単に言うと無理をしないで明日出来る事は明日やるようにしましょう、ということでご自愛ください。

なんていうタイトルだと「冷やし中華始めました」「かき氷、始めました」みたいな感じがしてきますよね。
また「始めました」だと自分発信で始めたような気がしますから、それなら「始めない」という選択も出てくるのか、という素朴な疑問も出てきます。もう少し令和2年に留まっていたい、という人は2021年1月になっても「令和2年に留まりました」なんていう事が出来たら面白いかもしれませんね。
中には「明治13年に留まっています」「天保8年、まだまだ俺たちの改革は終わらねぇ」とか色々出来そうですね。

と、新年早々、どうでも良い話はさておきまして、本題に入ります。

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年は本法人に様々なご支援、ご協力をくださった方、
様々な事業にご参加くださった方、
このブログをご覧になってくださった方、
様々な企業、個人の方々にお世話になりました。
今年も変わらぬご支援、ご協力、ご指導を賜れればと思いますので、
何卒よろしくお願い致します。

今年になっても新型コロナウイルスの感染者数は全国的にみても増加傾向にあります。
1月4日の午後の発表では、東京都で月曜日の新型コロナウイルスの最多人数を更新したと言っていました。緊急事態宣言を場所によって出すかも、とのことですから予断を許さない状況になっています。
ですから先のことは分かりませんが、世界中の製薬会社が我先にワクチンや治療薬を作ってるわけですから、新型コロナウイルスの新種が出てくるかもしれなくても、今よりも恐れないで済むようになるはずです。
物理的に人と人との距離が出来てしまいましたが、それがまた戻るようになること、心理的な人と人との距離も近くなるようになること、抽象的ですが、そんな年になると良いですね。

もう数時間で今年も終わりですね。
令和2年、良いことがあった人もあまり良いことがなかった人もあと数時間で今年が終わります。
そこは誰にとっても平等です。
今年良いことがあった人は令和3年も引き続き良いことがありますように、
そして今年あまり良いことがなかった人は令和3年こそ良いことがありますように、
願っております。
世界的に見れば、令和2年は新型コロナウイルスの影響で様々な分野に非常に大きな変化が生まれました。
人と人との物理的な距離が出来たり、企業でも仕事のやり方が変わったり、為替市場にもかなりの上昇が見られたり、毎日新型コロナウイルスの感染者を確認することが日課になったりしました。
普段の生活を見てもマスクをつけての外出が定番になったり、うがい手洗いが必須になったり、生活様式も一変しました。
来年度もこのような生活様式は引き続きになるでしょうが、令和3年が令和2年よりも良いことが多い一年になって、このブログをご覧になってくださっている皆様をはじめ、少しでも多くの方にとって笑顔で過ごせる一年になることを切に願います。
今年も多くの皆様にお世話になって、一般社団法人ちろるはなんとかやってこれました。
来年も引き続き多くの皆様にお世話になって、地域を、人を笑顔にしていきたいと思いますので、
引き続きよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお過ごしください。

↑このページのトップヘ