今年は全国的に梅雨明けが早いですね。というか早すぎです。F1でのピット作業、もしくはトップガンマーヴェリックのスピード感ぐらいの速さです。
梅雨入り宣言が出されてから果たしてどのぐらいの雨が降ったのか、思い出してみても片手で足りてしまうぐらいの日数しか雨の日がなかったように思います。これだけ雨量が少ないと農作業等に影響が出ないのか心配になってしまいます。
そして梅雨が早く開けて本格的な暑さが毎日続いています。本格的な暑さが早く来たからと言って、早く終わるというわけではないはずなので、くれぐれも皆さん暑さには十分に気を付けて、熱中症など暑さに起因する諸症状には気を付けてください。
というわけで、そんな梅雨の終わりの宣言が福島県で出されたのが6月29日。その前日の6月28日に安達東高校でレクリエーションの出前講座を行ってきました。
IMG_3588
レクリエーションは現在では単なる余暇活動ではなく、いきいきと人生を充実させて楽しく生きるための生活支援の1つとして考えられています。
また初対面の人通しのアイスブレイクとしてレクリエーションが活用されることもあります。
更にはレクリエーションが認知症予防や身体機能の維持・向上のためにも効果があると考えられており、介護予防関連の事業でも積極的に取り入れられています。
IMG_3590
というわけで、まずは1人で出来るレクリエーション。
左右の指を広げて1本ずつ指を折りながら10数えてもらいます。これは誰でも容易にできるはずです。
そうしましたら、どちらの手でも良いので、親指だけ折ってみてください。その状態で先ほどと同じように10数えます。そうすると例えば1の時には一方の手は親指、もう一方の手は人差し指と違う指を折るようになります。左右で別々な動きをするというのはかなり脳を使います。慣れてきたらどちらかの指を2本折ったり、3本折ったりしてみてください。
IMG_3599
次は2人ペアになってもらい、片方の手で握手をしてもらいます。もう一方の手でじゃんけんをして勝ったら相手の手を叩く、負けたら叩かれる前に逃げる、というレクリエーションをしてもらいました。これも簡単なようなのですが、じゃんけんをした後にとっさの判断力が必要になるのでやってみると結構大変です。
IMG_3592
そしてレクリエーションは自分一人で、もしくはペアの相手とやればいいというわけではありません。レクリエーションのスキルを磨くためには実際にみんなの前でやることが必要です。
というわけで安達東高校の生徒さんにも他の生徒さんの前で今やったことを伝えてもらいながらの実践活動も行ってみました。
今日伝えたことが参加してくれた生徒さんが将来会社や介護関係の仕事先で活用してくれたら、喜ばしいことこの上なしです。
一般社団法人ちろるではレクリエーションや各種福祉の出前講座を行っていますので、気軽にお声かけください。

いよいよ東北地方も梅雨入りをしたようです。
関東甲信越地方が梅雨入りしてから、同じように東北地方、少なくとも福島県では週間天気予報を見ても、晴れマークが一日あります、なんていう日は天然記念物に指定されるぐらいにめったに見かけない日が続いていたのにも関わらずに梅雨入り宣言はなされませんでした。
梅雨入り宣言がないので、代わりにさだまさしさんの関白宣言を聞いたり、ポツダム宣言を読んだりしていたのですが、ようやく梅雨入りです。
とはいっても、決して梅雨入りを待っていたわけではなく、どちらかというとその後に来る夏を待っています。サザンを聞きながらの海辺のドライブを待っています。
そんな、6月15日に福島県二本松市にある福島県立安達東高等学校の農業コースの草花専攻の学生さんが育てた花(マリーゴールドとサルビア)を二本松市内で避難生活を送る皆さんに届けてもらいたい、と預かりました。
IMG_3394
この花は安達東高校が令和4年で創立50周年を迎えることを記念して、農業コースの草花専攻コースでは二本松市内の色々な団体に花を届ける活動をしており、その一環とのことです。
IMG_3403
花を育てる優しい気持ちの学生さんはトラックに花をつけるのも率先して手伝ってくれました。
IMG_3404
トラックの荷台がまるで花壇にでもなったようです。
サルビアの花というと皆さん赤色を思い浮かべるかもしれませんが、お預かりしたサルビアは白色で、珍しいものだそうです。と書くといかにも花に詳しいような感じになりますが、実際には安達東高校の先生と生徒さんに花の名前を聞き、このサルビアは珍しい色でしてという説明を受けたものを、いかにも知っている感を出してみただけです。
先生から「ポットの中にもうギッシリと根が張っているので、早く広いベッドに寝かせてもらいたい」というロマンチックで詩的なオーダーを受けましたので、さっそく預かった花は二本松市若宮にある災害公営住宅若宮団地に届けさせていただきました。
IMG_3411
若宮団地の自治会長さんにお渡ししています。
IMG_3407
若宮団地にお住いの方は団地の前の畑で野菜や花を栽培している方も多く、「早速自分の畑に植えたい」という方もいれば「団地の花壇に植えたら綺麗になるね」という声が上がりました。
花の分配方法を検討していると団地の方が続々と集まってきました。花があると自然と集まるのは人間もミツバチも同じなのかもしれません。
IMG_3414
というわけで、安達東高校の生徒さんが育てたマリーゴールドとサルビアは大地という大きなベッドでより大きく育ち、今夏から秋にかけて二本松市内で大きな花を咲かせてくれるはずです。
麦わらの帽子の君が揺れたマリーゴールドに似ているかは定かではありません。

6月11日、午後福島県郡山市にいたのですが、比喩でもなく実際に突然バケツをひっくり返したような雨が降ってきました。車を運転していてワイパーを一番早く動かしていても、ぬぐい切れないぐらいの雨です。
土砂災害警戒情報も出されていたようです。連日雨が降り続いており、ここ1週間の天気を見ても雨が皆勤賞を狙っているんじゃないかと疑いたくなるぐらいです。だから地盤もゆるくなっているでしょうし、川の増水しているかもしれません。ですから、怖いな、危険だなと感じた場合には迅速に命を守る行動をしてくださいね。
そんな雨が降り続く6月12日(ちなみに今日も福島県二本松市ではシャワーの水圧をマックスにしたぐらいの雨が降りました)、災害公営住宅若宮団地で学生食堂を開催しました。
IMG_3351
今回の活動には福島大学の災害ボランティアセンターで活動をする3人の学生さんが参加してくれました。今回初めて学生食堂に来てくれた学生さんもいて、傾聴の姿勢でしっかりと今日は何を作るのか、手順はどうするのかの話を聴いてくれています。
IMG_3355
学生さんの一人は「普段お味噌汁プラスアルファ程度しか料理をしない」と言っていましたが、それでも玉ねぎを切る包丁さばきは見事なものです。
IMG_3356
思わずスキップしたくなるようなリズミカルさで、透けて見えるぐらいに薄く玉ねぎをスライスしていきます。
この手元の写真だけで、見出しに「玉ねぎ切り選手権2022決勝」と付いていたら、皆さん信じますよね。
一方そのころ、と書くとサザエさんみたいになりますが、
IMG_3362
大きな鍋で大量の鶏肉を焼いています。量にしたら合計何キロになるのか測定をし忘れてしまったのですが、ライオンでも1頭では食べきれないぐらいで、「私もうお腹いっぱいなんで、よかったら食べますか?」と声をかけてきそうな量です。
IMG_3367
そこに大量の玉子。流石にこれだけ玉子があったら、あのロッキーでも飲めないだろう、という量です。
鶏肉が出てきて、玉子が出てきましたから、今日の学生食堂の献立が何なのか、聡明な皆さんはもうご存じだと思います。
そうです。
ペペロンチーノです。
って、鶏肉も玉子も関係ないですね。
もちろんそんなわけはありません。
本日の献立は親子丼です。
IMG_3384
鶏肉に玉ねぎを投入し、そこに玉子を入れて、魔女がとっておきの薬を作るように大事にかき混ぜていきます。もう見るからに美味しそうですよね。
IMG_3381
上に載せる具材が出来上がったところで、ご飯も炊きあがりました。2升炊きの炊飯器に満杯のお米です。炊いたご飯をかき混ぜるのにも上腕二頭筋が悲鳴を上げそうです。
IMG_3386
大学生のフレッシュな力が集結して完成した親子丼です。
見るからに美味しそうですよね。美味しそうというか試食しましたが、実際に美味しかったです。あとは食べてくださる方がどう味わってくれるかですが、感想を聞くのが楽しみです。
IMG_3390
というわけで、25名を超える団地の方が食事を受け取りに来てくれました。
5月の学生食堂の際に学生さんが「名前を憶えてもらえるように」と胸元にニックネームをガムテープに書いて張り付けて活動をしたので、団地の方数名に名前を憶えているのかクイズをしたのですが、ちゃんと憶えてくださっている方が数名いらっしゃいました。
アフターコロナになった際に学生と団地の方が一緒に調理をして、一緒に食事が出来るようになれば、皆さんしっかりと憶えてくれるんでしょうけど、ウィズコロナのこのご時世、感染リスクを抑えるために学生さんが作って、希望する団地の方に食事をお渡しする形式では交流機会が限られてしまうのですが、それでもしっかりと名前を覚えてくれている方がいるという事は、それだけ学生食堂の活動を楽しみにしてくれているという証拠でしょうね。
今日の活動でも名前を憶えてもらうように自己紹介をしていたので、来月の活動でどのぐらいの方が憶えてくれているのかが楽しみです。

↑このページのトップヘ