今日はこれぞ梅雨という雨天です。
せっかくの日曜日ですから洗濯物を外に干したかった人や布団をベランダにかけて風に靡かせたかった方もいらっしゃるかもしれませんね。
太陽光を目一杯浴びたぽかぽかした布団にくるまれているうちに、知らない間に寝ているのは小さいけれども確かな幸せですよね。
いつまでも洗濯や布団の話をしているわけにはいかないので、本題に入ります。
新型コロナウイルスの影響で今年の2月に実施したのを最後に休んでいた「学生食堂」を本日(6月28日)久しぶりにオープンしました。
これまでは復興公営住宅表団地さんの集会所で実施していたのですが、集会所だとどうしても密になってしまいます。ですので、今回は復興公営住宅石倉団地さんのエントランスをお借りして、密にならない配慮をしての実施となりました。
IMG_20200628_092714
この写真をみて「あれっ?」と思った方がいれば、学生食堂のブログを熱心に見てくださっている方です。いつもなら高校生もたくさんいるのですが、東京で2日で100名以上の新型コロナウイルスの新規感染者が出ており、今度どうなるかわからない状況ですから、今回は高校生は抜きにして、大学生にごく少数協力してもらっての実施体制です。
IMG_20200628_105858
そして縁日みたいな感じで、たこ焼きとたい焼きとかき氷の提供です。
いつもは親子丼やカレー、牛丼等その場で一緒に作って食べる献立なのですが、
今日は何を準備しようか試行錯誤を繰り返し、夜も寝ないで昼寝して考え抜いた末での3品目でした。
ここに行き着くまでにたい焼きは中に入れる餡子はどの餡子を使うのかで実験を繰り返したり、団地の皆さんには健康になってもらいたいから黒ゴマを入れてみたりと、段取りのムービーを撮影していたら映画のロードオブザリングみたいな長さになったはずです。
そこで最終的にたどり着いたたこ焼きとたい焼き、かき氷ですから、美味しくないはずがない。
なによりもこのメニューだったら、このご時世ですから自室に持って帰って食べれますからね。
IMG_20200628_110735
大人ばかりではなく、こんな小さなお客さんも来てくれました。
嬉しかったので、こっそりと他のお客さんにはK2ぐらいの山の高さのかき氷で提供していたのを、エベレストぐらいの盛りにしてしまいました。
いつもとは違う形で実施して、新しい方が足を運んでくれるというのは、縁日効果ですかね。
IMG_20200628_120617
というわけで、今日は準備したたい焼きはあっという間になくなり、たこ焼きも大目にタコや生地を準備したのもなくなり、満員御礼となりました。
全員で80名ぐらいの方にご来場いただきました。
学生食堂はしばらくの間、工夫を凝らしながら密にならない配慮をしながら実施していきますので、今後ともよろしくお願いします。

今日は一日雨模様の福島の天気です。
朝早起きして、よーし走るぞと意気込んで準備体操をして、ランニングシューズを履いてドアを開けると雨が降っていると、ジョギングにかける意気込みも、小火に消火器を勢いよく吹きかけるが如く消えていきます。
というわけで、今日は悪戦苦闘しながら当法人のホームページを久しぶりにいじってみました。
トップページの写真を一枚変更するのにも右往左往。
説明書を片手に、と言いたいところですけど、今は何でもデータなんですよね。
説明書もPDF形式なもので、いちいち画面を切り替えたり、なんやかんやしないといけません。
文字のサイズやフォントにしてもパワーポイントやワード、エクセルと違って、
反抗期か!とツッコミを入れたくなるぐらいに上手いこといきません。

というわけで、まだ改良途中ですが、素人が作っているものだと思って優しく見守ってくれると嬉しいです。
それと今まで「お問い合わせ」という項目があっても、ここだけの話、実際にはお問い合わせが出来なかったのですが、ちゃんとお問い合わせが出来るようになりましたので、どんどんお問い合わせしちゃってください。
答えられる質問には誠意をもってキチンと応える。
それがちろるの基本姿勢ですから

今日も暑いですね。
外で汗を流して頑張っていらっしゃる方、新型コロナウイルスと闘っている医療従事者の方やご本人には熱いエールを送りたいところですが、私がエールを送ってもなんにもならないかもしれません。それだったら冷たい飲み物でも持ってきてもらった方がよっぽどありがたい、という声が聞こえてきそうです。
でも6月13日のIPPONグランプリの締めの言葉で松本人志さんが「だっふんだ」と故志村けんさんのギャグで締めくくったように、あなたの事を想っている人がいますよ、と声に出すことは大事なことですもんね。
だから私の頑張れ、の声も誰かの力になることを願っています。
さて、ここからが本題。
本日(6月15日)、今年の2月に実施したきり3月以降は新型コロナウイルスの影響で中止になっていた「大人食堂」を再開しました。
IMG_20200615_095719
久しぶりに顔を合わせて「元気してた?」と声を掛け合う姿が印象的でした。
今日初めて参加してくださった方もお二方いらっしゃって、それは素直に喜ばしいことでありんすなぁ。
IMG_20200615_101557
というわけで、早速調理開始です。
一騎当千の猛者の皆さんですから、誰が何を担当するのかの話し合いも流れる水の如く速やかに進んでいきます。
IMG_20200615_102155
一方では肉を切ったり、
IMG_20200615_102400
野菜を切ったり洗ったり、卵をむいたり、
IMG_20200615_102443
肉がいい感じになるまで鍋で炒めているぜよ。
IMG_20200615_105147
一連の流れが在来線を予定していたのを急きょ新幹線にしましたので、時間が余りました、
みたいな感じで、一通り下ごしらえが終わったのでご飯が炊きあがるまでの井戸端会議、
井戸端ではないので、調理場内会議です。
普段の生活の事、家庭内の事、新型コロナウイルスの事等、各グループに分かれて話がつきません。
この雑談力こそ、現在を生きる若者にもっと必要な能力かもしれませんね。
雑談力のスキルアップをしたければ、ぜひ大人食堂に来てみてください。
ネイティブ雑談力を持ち合わせた素敵な女性がお待ちしていますよ。
IMG_20200615_111000
というわけで、ご飯が炊きあがったので、まずはサラダの盛り付けからです。
緑の大海原に赤いボートを浮かべるが如き、色彩感覚。
今風に言えば、ばえですね。
IMG_20200615_112953
そしてメインディッシュのカレーです。
本日は参加者の皆さんから新型コロナウイルスも考慮して、早く作れる料理とのリクエストがあったのでカレーになりました。
IMG_20200615_112941
集合写真です。
本来はこのご時世集合写真は撮るべきではないのかもしれませんが、少しの間マスクを外して本日の思い出作りということで、大目に見てくれるとありがたいでありんす。
ところどころ語尾が今風ではないのは、最近はまって見ていた「JIN」の影響ぜよ。
まだ未視聴の方がいらっしゃいましたら、是非見てください。
幕末を力の限り生きている人々の姿がそこにはあります。
そして、後片付けをみんなでやった後には、コーヒーを飲みながらのガールズトークです。
新型コロナウイルスを考慮して、なるべく調理時間の短い献立にしようと言っていたのはなんだったのかしら、と思わなくもないぐらいに話が弾んでいました。
やっぱり何ヶ月も自宅で自粛していたら、他者とコミュニケーションをとりたくなるのは、人間が社会的動物と呼ばれるわけですから当たり前のことですもんね。
本日の参加者の皆さんにご協力いただいたアンケートにも「久しぶりにみんなに会えてとっても嬉しかった。これからは毎月コロナウイルスに負けないで大人食堂をやってもらいたい」という嬉しいお言葉がありました。
だからというわけではありませんが、毎月やるぜよ!

↑このページのトップヘ