前回のブログでこれで11月のブログの更新を終わります、みたいなことを書いてから早10日近くが経過してしまいました。
流石12月と言いますか、光陰矢のごとしと言いますか、とりあえず1日1日の過ぎるスピードの速さに驚いています。速さものって何かな、と考えてパッと思い浮かんだのが洗濯の脱水でした。あの回転速度にはメリーゴーラウンドもエグザイルのchoo choo trainもかないません。
というわけで、12月になったらあっという間で今年も終わりですから、お互いにやり残しのないようにしましょうね。
さて、そんな12月9日に男の料理教室を開催しました。
IMG_2989
見てください。この切り身に深く刻まれた十字傷を!緋村抜刀斎の頬を思い出しますね。
というのは冗談でこの鰈の切り身を!それもナメタ鰈です。ナメタは滑多(ヌメタ)がなまってナメタと呼ばれるようになったそうで、実際に表面部分を触ってみると確かにヌメヌメしています。そしてこれからの季節が旬と言うことで、油がのっています。
IMG_2991
このナメタ鰈を参加者全員で料理していきます。
IMG_2988
今日は福島大学の学生さんも参加してくれており、男の料理教室の参加者が学生さんに手取り足取り(実際には足は取っていませんが)野菜の切り方から魚のさばき方までレクチャーしています。やはり福島県浜通りで生まれ育った皆さんですから、魚のさばき方は惚れ惚れする腕前です。
IMG_3000
その鰈を煮つけます。しっかりと味が染みたら完成です。
IMG_3001
どうですか、この出来栄え。まるで料亭じゃ!
鰈の臭みも全くなく、いくらでも食べれる完成度に仕上がりました。
IMG_3002
というわけで、温かいうちにいただきます。
男の料理教室は毎月1回開催しております。一般社団法人ちろるのトップページでいつやるか、どこでやるかをお知らせしておりますので、興味がある方は是非ご参加ください。
一緒に美味しい食事を作りながら、楽しく交流しましょう。
ただし誰でも参加できるわけではなく、名前の通り男性のみ参加可です。




今朝車の全てのガラスが業務用冷凍庫にでも車庫入れしたんか、ってぐらいにバキバキでした。それもそのはずエンジンをかけて外気温をチェックするとマイナス1℃。ここは福島県のはずなのに網走にいつの間にか来ていたような気分になりました。
なお網走の方が気分を害されると困るので、あくまで寒い所の例えとして名前を出させて頂きましたが、知床でもオホーツクでもどこでも良いんです。
網走と言えば何と言っても「幸せの黄色いハンカチ」が有名ですね。高倉健さんが出所して食堂で食べるかつ丼やラーメン、ビールが本当に美味しそうです。
そして美味しそうな食べ物と言えば、本日(11月29日)男の料理教室を開催しました。
IMG_2958
今日も大玉村の有名店の料理長にお越しいただきまして、自宅でも出来るプロが作るような油淋鶏を教わりました。
IMG_2960
まずは参加者一同で食材を切り刻んでいきます。
IMG_2961
男の料理教室に参加してから自宅でも包丁を握る機会が増えたとのことで、どの参加者も包丁が奏でる音が以前よりもアップテンポになっています。オペラからハードロックのリズムになったと言うとイメージがつきやすいと思います。
IMG_2962
自宅で油淋鶏の鶏肉に下味をつける時には醤油や生姜、にんにくなどに漬け込むのが一般的ですが、プロは〇〇や△△、そして□□なんかを使うんですね。
本当はこのブログをご覧になってくださっている皆様にもお伝えして、自宅でも人気店のプロの味を再現して頂きたいところなのですが、そこは企業秘密と言うことでご了承ください。
IMG_2963
今日の男の料理教室には福島大学の学生さんも参加してくれています。
ここでプロの技を学び、それを大学に持ち帰って頂ければ速攻で料理サークルが立ち上がることは間違いないのですが、彼らは陸上やボランティア活動ですでに12月のお坊さんレベルの忙しさということで、残念ながら料理サークルは立ち上がらないかもしれませんし、すでに大学内に料理サークルがあるかもしれません。
というわけで、完成したのが
IMG_2981
こちらです。どうです。美味しそうでしょう。自分でこんな料理が作れるようになる(かもしれない)男の料理教室は毎月開催しています。もし興味が出てきた方は是非ご参加ください。参加資格は男であることのみ。漢であればなお言うことなしです。
IMG_2980
というわけで、早速みんなでいただきます。
「早速みんなでいただきます」のイントネーションって「そして戦うウルトラソウル」に似ていますよね。
お後がよろしいようで。また来月お会いしましょう。

日に日に寒くなっていますね。週間天気予報を見ると、福島県の中でも雪マークが見られるようになりました。そろそろタイヤ交換もしなくてはいけませんが、タイヤ交換ってやり始めると30分もかからないで終わるんですけど、やろうとする気持ちがなかなか湧いてこないのと、湧いてきた時に限って週間天気予報が晴れ続きだったりするものです。
というわけで、今日は勤労感謝の日でタイヤ交換をしようと思うのであれば絶好の日であり、天候も晴れで雪が降って慌ててタイヤ交換をしなくても済む絶好の日なのですが、日頃の勤労に免じて今日は何もしないでおこうとダメな決意をしてしまっています。
さて、そんな勤労感謝の日の前日、土日休みで、火曜が祝日で、恨まれがちな月曜日の11月22日に1月の大人食堂を実施しました。
今回の大人食堂にも美味しいと評判でリピーター続出の地元の飲食店の料理長に来ていただいております。
IMG_2932
さーて、本日プロから料理のノウハウを教わる献立は、
IMG_2939
自宅でも作れる美味しいかき揚げです。
IMG_2944
食材を買う時にこれまで私が天ぷらを揚げる際に使っていた天ぷら粉(だと思っていたもの)を買っていったのですが、料理長及び参加者の皆さんから、それは天ぷら粉じゃないというご指摘をいただきました。だとしたらこれまで使っていた天ぷら粉(だと思っていたもの)は一体なに粉だったのでしょうか。
まさか、謎の白い粉!
いや、いや謎の白い粉は実際にはもちろん買ったことがないので正確な事は分かりませんが、それでもスーパーに陳列はしていなさそうですし、千円未満で買えることもなさそうなイメージです。
でも天ぷら粉(だと思っていたもの)が天ぷら粉じゃなかったとすれば、いままでこんがりと揚がっていた天ぷらだって、実は天ぷらではなかったのかもしれません。それとも天ぷら粉じゃない粉だって、それで天ぷらだと思って揚げれば天ぷらになってしまうのでしょうか。
高音でパチパチいっている油の中ではミラクルが生まれるのでしょうか。
世の中不思議なことばかりです。
IMG_2941
というわけで、料理長から天ぷらの揚げ方やかき揚げの作り方を教わって、見本を見せてもらった後は、参加者が実際に揚げてみます。料理長だけが作ってしまったのでは、ノウハウを自宅に持ち帰って家族にフィードバックすることが出来なくなってしまうかもしれないですからね。
IMG_2946
というわけで、今月の大人食堂はかき揚げ丼でした。
プロのリピーター続出のお店の料理長から自宅でも作れる料理も教わることが出来る、でもそれが一番の目的ではなく、参加者同士が例えコロナ禍であってもワイワイ楽しく料理を作りながら交流が出来る場である大人食堂を毎月1回オープンしていますので、ご興味のある方は是非お越しください。
次回の開催日時は決まり次第、当法人のホームページのトップページでお知らせさせて頂きます。

↑このページのトップヘ