ここ数日テレビを見ても、新聞を読んでも、ラジオを聴いても、ネットブラウザのトップページを開いても飛び込んでくるのは「東日本大震災から11年」という言葉です。
未曽有の大災害からもう11年も経ったんだな、という気持ちの方もいるでしょうし、まだ11年しか経っていないのか、という方もいらっしゃると思います。私はどちらかと言えばもう11年も経ったんだなと感じております。
地震が発生した時には各市町村に1つはある地域福祉を推進する職場で仕事をしておりまして、ちょうど市町村の取りまとめをする団体の建物にいて、研修真っ最中でした。その建物は決して新しいとは言えないような建物だったので、地震の揺れが始まった時にはこの建物は崩れてしまうのではないかしら、なんて考えたものです。研修は中途解散となり、職場まで帰ることになったのですが、いつも帰っている4号国道は信号が止まっており、大渋滞。これではいつになったら帰れるか分からないという事で、山道を帰ることにしたのですが、道路が所々陥没しており、通常であれば1時間もかからない道のりを2時間以上かけて帰りました。
地元についてもやはり信号は止まっており、どの家の明かりもついていません。もちろん職場の明かりもです。明かりがない中で、自治体で被災者を受け入れることになり、職場が避難所になることが決まりその準備をしたり、その計画が変更になって地域の集会施設が避難所になることになり、そこに定期的に食糧を持って行ったり、全国から届けられる支援物資の仕分けをして避難所に運んだり、村内外のボランティアの受け入れ、活動の調整をしているうちに、慌ただしく数週間が過ぎました。
水道や電気は数日で復旧しましたが、ガソリンは不足して、〇〇ガソリンスタンドにガソリンが入るらしいという情報が入ると車が超人気店のドライブスルーか、というぐらいに行列を作っていたこともありました。
その年、ですから2011年の夏から福岡県からボランティアに何年も来てくれていた方がいらっしゃいました。震災直後は様々な方がボランティアに来てくれましたが、ボランティア活動が何年にも渡ってという方は珍しく、しかも毎年福岡から福島まで来てくれるとなるとなかなかマネできることではありません。
福島に来ると避難所になっている集会所を回り、灯明という
IMG_3277
こんな感じの紙を切って、誰でも思い思いのデザインが出来るのが灯明の魅力です。
これを各避難所で避難者の方と一緒に作り、それを福島県の自然と親しむ安達太良山の中腹にある施設で点灯式を行い、色々な避難所で生活をしていて、場所は離れていても心は一つだよ、というイベントから始まり、その方が福岡で先生をしていらっしゃるので、翌年は生徒さんが作ってくれた灯明を持参してくださり、また避難所や仮設住宅の集会所を回り、灯明を作り、福岡と福島の場所は離れていても心は繋がっているよ、といったイベントに発展していきました。
その先生から今年また灯明でつながるイベントをやりたいという話がありました。
ただコロナ禍ということもあり、実際に場所の行き来は出来ないのでオンラインでの灯明イベントです。
IMG_3255
「この印籠が目に入らぬか」
IMG_3245
一同「へへー。私が悪うございました」
とやっているシーンではありません。
3月10日に福島県二本松市にあります若宮団地集会所で実施したちろる学校図工の時間の参加者の皆さんです。
そして最初の写真の印籠にみえるのはスマホでラインのビデオ通話で福岡の先生(いつまでも福岡の先生だと長いので、以下先生だけで進めていきます)と繋いでいます。ですので、スマホの画面をよく見てみると先生が映っています。
今日の図工の時間では参加者の皆さんと一緒に灯明を作ろうという事で、先生から
・灯明って何
・なんでこの時期に灯明を作るのか
・灯明の作り方
などについての説明を受けた後に、実際に作成開始です。
IMG_3265
灯明は紙袋を2枚重ねて作り、その外側の紙を好きな形、写真に写っているのだとハートやダイヤのデザインに切って、その中にろうそくを入れて明かりを灯せば完成です。
というわけで、
IMG_3264
参加者の皆さんそれぞれがあれから11年に思いを馳せながら、
IMG_3270
灯明を作っていきます。今回の図工の時間には大学生も参加してくれたので、大学生も一緒に灯明づくりをしています。
IMG_3273
だんだんと皆さんの灯明が出来上がってきました。
IMG_3276
この灯明を3月11日の夜に灯して、様々なことを思い出したりするきっかけになればと思います。
そして11年が経過して、参加者の皆さんが和気あいあいと笑顔で灯明を作れるようになったというところに、確かなつながりを感じました。


ロシアによるウクライナの侵攻が止まりません。2月26日午後16時58分現在、首都キエフでも市街戦が始まったことがヤフートップニュースで報じられていました。
ウクライナが西側諸国(今は冷戦が終わったので西側とか東側とかは言わなくなったんですかね)への距離が近くなったためとか原因は様々に言われています。
ロシアとウクライナの争いだから日本人には関係ないわけでは全然ありません。例えば日経平均株価を見てもロシアとウクライナの間が緊張状態にという報道が流れてからは降圧剤を飲んだ血圧ぐらいに下がりましたし、ロシア軍による砲撃が始まったとの報道が入ると25,000円台になりました。2月25日には持ち直しましたが、これだけ株価が下がると日本国内の景気にも影響を与えることでしょう。
また北方領土問題で直接ロシアと日本はいざこざを抱えています。日本には憲法9条があるから大丈夫なんていうことはないですよね。日本だけが武力を放棄したとしても相手方が武力で侵攻してくれば侵略されてしまいます。実際SNS上では9条で日本を守れるのかの議論も活発化しているようです。
例えば元寇の時に当時の日本に憲法9条があるという理由で、元は攻めてくるのを諦めてくれるでしょうか。水戸黄門が印籠をかざす様に憲法9条をかざせば、相手方はへへーとひれ伏すことはなくても、攻めてこないこともないような気がします。
とりあえずは一刻も早くウクライナの皆さんが安心して、自分の住み慣れた地域で心穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです。
さて、そんな2月26日に2月の学生食堂を実施しました。
本日の献立はキーマカレーです。

IMG_3211
まずはドラゴンボールで孫悟空がフリーザを倒すために作った元気玉のように丸々と大きな玉ねぎをみじん切りにします。そこに

IMG_3212
大量のひき肉とミックスベジタブルを一緒に火にかけます。
IMG_3217
樹齢10年のブナの木の幹ぐらいの大きさの鍋いっぱいの具材です。
それにカレーのルーを投入すると、
IMG_3224
こんな感じになりました。隠し味になんやかんやを更に入れまして、完成したのがこちらです。
IMG_3225
どうです、いい感じになったでしょう。と書きたかったのですけど、残念ながらこの写真に関してピントがぼやけています。これだけカメラ技術が向上してもピントがぼやけるというのはどういうことなんでしょう。このキーマカレーがボブスレーのそりのように素早く移動しているわけではないと思うので、撮る人の技術の不足がカメラの技術の向上を上回っているんでしょうね。
IMG_3227
というわけで、今日も多くの団地の方に好評をいただきました。
学生食堂も回を重ねるごとに多くの方にご参加いただけるようになりました。
多謝です。

全国的にも福島県内でもオミクロン株が猛威を振るっています。すぐそこまで、というレベルではなく、足元まですでに迫っている感じですね。
1月28日に発表があった福島県内の新規感染者が448名です。ドラゴンボールで言えばギニュー隊長対孫悟空の戦いで、スカウターで孫悟空の戦闘力を測ったギニューが「そんなバカな」と慄き、それに対する孫悟空が「まだこんなもんじゃねえぞ」という場面がありましたが、新型コロナウイルスの新規感染者をスカウターで測定したら「448」、そして「まだこんなもんじゃねえぞ」となったら怖いなぁと思います。でもここ数日の新規感染者の増加数をみているとまだまだ増えそうですよね。
でも普通の人間の戦闘力は多分3とか5とかだったと記憶していますので、早く新規感染者も普通の人間の戦闘力ぐらいに落ち着いてもらいたいものです。
さて、そんな新型コロナウイルスの新規感染者が増えて、福島県内でもまん延防止等重点措置が出されている市もあります。だから事業を中止するのは簡単ですが、どうせだったらどのようにしたら安全に感染リスクがなく事業を実施できるのかを考えるのが大事になります。
というわけで、本日(1月31日)学生食堂を予定通りやりました。
IMG_3174
まずは本日使う物資をバケツリレー方式で会場に搬入しています。
せっかく学生食堂で学生さんが協力しに来てくれているので、物資の搬入もスムーズです。
今日の献立は「そぼろ丼」。
IMG_3177
肉の臭みを消すためにショウガの皮をむいて、
IMG_3179
0.5カラットのダイヤモンドぐらいの大きさに刻んでいきます。
IMG_3185
そして大胆に大鍋に投入していきます。
IMG_3188
そぼろ丼を40人分以上作るので、調味料の入れ方も豪快に入れていきます。
IMG_3187
途中チョコをかけたゲームをした際の勝者2名です。首の傾げ具合が可愛らしいですよね。もしかしたら2人ともに寝違えたのかもしれませんが。
というわけで、学生さんの協力もあって、
IMG_3195
こんな感じに完成しました。
三つ葉が良いアクセントになっていますね。彩りのアクセントはもちろんですが、味のアクセントにもなっています。
IMG_3194
というわけで、全員でいただきますをして試食です。
やはり多くの方に食べてもらうわけですから、美味しいのをお渡ししたいですからね。
IMG_3200
12時になると本日の実施場所の県営若宮団地にお住いの皆さんがそぼろ丼を取りに来てくれました。
本当であれば一緒に食べたいところですが、このようなご時世ですから今回もお弁当形式にして、お持ち帰りしていただきました。
IMG_3203
回を増すごとに多くの方が来てくれて、今日の学生食堂も大繁盛でした。
というわけで、新型コロナウイルスはまだ流行しているかもしれませんが、実施できる方法を模索して、2月も学生食堂を実施したいと考えておりますので、楽しみにしておまちください。

↑このページのトップヘ