これまでも暑かったですけど、今日は特に暑いですね。
それもそのはず、本日(7月16日)で関東甲信・東北地方が梅雨明けをしたそうです。
梅雨明けにちなんで熱中症情報をチェックしてみると北海道を除くほぼ全ての地域で「厳重警戒」とか「警戒」マークが出ております。
仕事中の皆様、学校で勉学に励む皆様、青春真っ盛りな皆様、畑や田んぼで汗を流す皆様、くれぐれもしっかりと水分をとって、無理をしないようにしてください。
無理をしないと言えば、どのような活動も無理をしたんでは続きません。ですので、無理をしないような活動を出来る範囲で行うことが大事ですよ、という話を福島県立安達東高校でしてきました。
IMG_2476
それだけだと説明を省略しすぎなので、もう少し詳しく書かせて頂きます。
このブログを読んでくださっている皆さんの中でボランティア活動をしたことがある方はどのぐらいいるでしょうか。
ボランティア活動で「世界を平和にしたい」「美しい自然を恒久的に守りたい」という髙い目標を掲げると、そのために何をどうすれば良いのか、何から取り組もうか分からなくなってしまいがちです。
でも身近な人や自然に対して、今の自分が出来ることってなんだろうという身の回りのことに視点をもってくると高校1年生でも出来ることが沢山あります。
実際に安達東高校の学生さんからも
・野生動物が好きなので、野生動物の保護活動をしたい
・高齢の方でスマホの使い方が苦手な方に使い方を教える
・自分よりも年下の子ども達の面倒をみる
・高齢者の方の話し相手
など、今すぐにでも取り組めそうな意見が出てきました。
今日の出前講座で地域福祉やボランティアについて具体的なイメージをつかむことが出来て、それが行動につながったら素晴らしいですね。

というところで今日のブログをまとめようと考えていたところ、安達東高校の生徒さんから「高齢の方の握力が低下しないように使ってください」と素敵なプレゼントをいただきました。
IMG_2484
安達東高校の生徒さんが作ってくれたものです。握力が低下してくると自分でペットボトルを開けることが出来なくなったり、蛇口をひねったりすることが難しくなったりしてきます。そうなると日常生活をおくるのが大変になって来てしまいます。
そうならないようにこれをギュッとにぎることによって、握力の低下を防ぐことが出来ます。
地域の高齢者のために自分達が出来ることを自発的に行う活動、まさにこれこそがボランティアです。
せっかく安達東高校生の皆さんのお気持ちを頂戴しましたので、今後ちろるで行っている運動教室で活用させて頂きます。その時には是非どのように使われているのかを見に、運動教室に遊びに来てくださいね。

大谷選手がMLBのオールスターで投手、打者としてリアル二刀流で出場しました。打者としてはバットで快音を響かせることは出来ませんでしたが、投手としては160キロ台の球をバンバン投げ、勝利投手になったとのこと。
日本国内では自然災害、政治家の発言→撤回の連続、オリンピックに関連しての右往左往な対策など、あまり喜ばしいニュースがない中で、大谷選手の活躍には胸が躍ってしまいます。
そんな7月14日、福島県立安達東高校に福祉の授業の出前講座に行ってきました。
今日の講座のタイトルは「地域福祉とボランティア」についてです。
ボランティアは皆さんの身近な活動として定着してきていると思います。先日の熱海で発生した土砂崩れ後にも数多くのボランティアが集まってくれたけれども、再度土砂崩れの危険性があるので、災害ボランティアセンターではボランティアの受け入れは中止しているというネットニュースがありました。
それだけ自分が出来る事で、困難に直面している人の為に何かを手伝いたいという人が多いんだな、と災害に遭われている人には大変申し訳ないのですが、心が少しホッコリしたものです。
それに対して、地域福祉というと皆さんはどんな印象を抱きますかね。
高齢者福祉というと高齢の方にとって今よりも住みやすいようになること→住みやすいようになるということはハード面とソフト面の両方の整備→ソフト面で言えば、例えば他者との交流が持てるように定期的に参加できる場がある事、生きがいをもって日々の生活を送れる事など、風が吹けば桶屋が儲かる式に次々に出てくるかもしれません。
しかし地域福祉についてだとどうでしょうか。
IMG_2463
その辺の抽象的になってしまう部分について、安達東高校の1年生が興味をもってもらえるように、そして2コマ時間を頂いているので途中で飽きないように笑いも交えてお伝えしようと思ったのですが、これがコンビ結成1年目のお笑い芸人が急にM-1グランプリで優勝をかっさらう様な難しさでした。
IMG_2460
でも生徒さん方は一生懸命話を聴いてくれましたし、少しでも今の自分が出来る事ってなんだろうと考えるきっかけになってくれたら、今日の出前講座は大成功。ガッチリ!

になったかどうかは、定かではありません。

東京都にまたまた緊急事態宣言が出されましたね。これで何度目かと調べてみたら、4度目だそうです。昨年度の春先に初めて緊急事態宣言が出された際には「こりゃ大事が始まったぞ」と非常事態宣言を真摯に受け止めたのですが、これで4度目ですから着古したTシャツの襟もとみたいに気持ちに緩みがある方もいるのではないでしょうか。
間もなくオリンピックも始まるわけですから、日本側のコロナの感染状況も良い感じ、海外から日本にやってくるオリンピックの選手や関係者、マスコミも良い感じ、感染はオリンピック期間にも拡がりませんでしたよ、めでたし、めでたし。
と、昔話の定型の流れになってくれたら良いんですけどね。
そしてそんなオリンピックを間近に控えた7月6日、二本松市災害公営住宅石倉団地前の広場でも暑い戦いが繰り広げられました。
どうしても新型コロナウイルスの影響で集まるのは感染リスクの問題から気が引けてしまいますが、青空の下に集まるのであれば、そしてしっかりとマスクをして、手指消毒をして、というのであれば感染リスクは低く抑えられます。
というわけで、二本松市内2か所の復興公営住宅近くの広場で他者とのつながり作り、身体を動かす機会の確保、元々東日本大震災前から盛んに取り組まれていたグラウンドゴルフを避難先地域でも行ってもらうことによる生きがいづくり、という目的で、今年度6月からちろる学校体育の時間として、週に各1回、石倉団地と若宮団地近くの広場でグラウンドゴルフを実施しています。
IMG_2449
普段は練習のみを行っていますが、練習を続けて腕前が上がれば、その上がった腕前を披露したり、競い合ったりしたくなるものです。
というわけで、今日のグラウンドゴルフ大会の運びとなりました。
IMG_2452
熱戦の様子をご覧ください。
グラウンドゴルフってどんなルールなの?という方に解説をさせていただきますと、グラウンドでプレイするゴルフです。ボールを穴に入れるのではなくて、上の写真の白い旗の下に直径30センチぐらいの円があるのですが、その円内にボールを何打で入れるのかを競うゲームです。
この円の中にボールを入れるのが絶妙の力加減が求められるようで、力が強いとせっかく円の中に入ったボールが外まで転がっていってしまったりする姿が見受けられました。
そういう時にどうするのか?
①自分の腕の未熟さを嘆く
②円が置いてある部分の砂利がきれいに取り除かれていて、ボールが転がりやすいことへの不満を口にする
ちろる学校体育の時間に参加してくださっている方の様子を見ていると、答えは……
ご想像にお任せしますが、
IMG_2440
ふとベンチに目をやると、仲良し3ボール組と孤立ボールを発見しました。
私達一般社団法人ちろるは避難生活の中で新しい生活環境の中で孤立しないためにこのようなグラウンドゴルフや運動教室、食を通じた事業等様々な取り組みを行っています。
事業を絞ってしまうとその人の趣味嗜好に合わなければ、参加してくれることはありません。
でも様々な取り組みを行っていれば、どれかしらには興味をもって、参加してくださるだろうという思惑があります。
というわけで、
IMG_2454
それぞれのグループ毎に1ホールを回り終えて休憩中です。このようにみんな試合中は競い合っても、休憩中は仲良く、孤立する事無く楽しんで頂けるような場をちろる学校体育の時間ではモットーにしております。

↑このページのトップヘ