福島県は梅雨明けしたのでしょうか?
昨日も一日青空でしたし、今日もムシムシとした暑さです。外で体を動かすと汗がジトッとシャツを濡らします。
そんな暑さを感じさせる一日前、7月18日に7月の学生食堂を実施しました。
いつもだったら屋内で高校生を中心とした学生さん達と一緒に食事を作るのですが、新型コロナウイルスの流行が東京を中心に増加しているので、福島県では新規感染者は出ていないのですが、それでも100%安全に参加できるかと言われるとなんとも言えない状況ですので、今日は大学生少数とちろるのスタッフのみで実施させて頂きました。
IMG_0471
提供品はたこ焼きと
IMG_0472
焼き鳥、そして写真を撮り忘れましたが焼き鳥です。
提供品の全てが茶色というのは色を揃えたわけではなく、自室に持って帰って食べれる食品は何かと夜も寝ないで、白昼夢を見ながら検討を重ねた結果です。
IMG_0476
学生と参加者が一緒にたこ焼きを焼いています。
IMG_0479
作って提供する側もソーシャルディスタンスを守っての活動をしていますし、
IMG_0467
食べに来て下さった皆さんもソーシャルディスタンスを守ってくれています。
この写真だと分からないかもしれませんが、
IMG_0486
この写真や
IMG_0489
この写真をご覧いただくと一目瞭然。
どこかの劇場で新型コロナウイルスのクラスターが発生した際に、他者との座席が近かった、特に公演の日数が回を重ねるごとに小さくなっていった、なんていう報道がありましたが、縁日スタイルの学生食堂はその辺は椅子の距離もしっかりととっての実施です。
実施体制を模索して、食を希望する方に届けておりますが、早く通常スタイルの作る側も食べに来る側も、誰もが安心して参加できるようになってもらいたいものです。
でも憂う部分もありますが、たこ焼きや焼きそば、焼き鳥を食べた方から「美味しかったからまた来ちゃった」という嬉しいお言葉を頂くと、このような形での実施もありなのかもしれません。
引き続き、どのような形がベストなのかを模索しつつ、少しでもベターな方法で実施していきますので、このブログをご覧の皆様からこのような方法もあるんじゃないか、なんていうご意見がありましたらドシドシお願い致します。弁証法的な方法で、今よりももっといい形にしていければそれが一番ですからね。
なお今回の学生食堂も中央共同募金会様より、赤い羽根新型コロナ感染化の福祉活動応援全国キャンペーン フードバンク活動等応援助成を受けて実施しました。

今年の梅雨は長いですね。
こんなに雨ばかり続くと、洗濯物も外に干せないし、見たこともないキノコが庭に生えているしで嫌になってしまいます。
空が青く、うだるように暑く、汗はかくけれどもいつの間にか乾いているような夏が早く来てもらいたいものです。冬来たらば春遠からじとはいえども、梅雨来たらば夏遠からじのはずなのにも関わらずに、そういう言葉がないってことは実際に昔の人も遠く感じていたのかもしれませんね。
さて、そんな7月17日に中央共同募金会様の赤い羽根新型コロナ感染化の福祉活動応援全国キャンペーンフードバンク活動等応援助成を受けて、大玉村にある武田農園さんのご協力を得て、子ども食堂の活動もしている二本松市にある認定こども園まゆみぷらすさんへお米を寄贈に行ってきました。
IMG_0465
このお米が新型コロナウイルスで影響を受けた多くの家庭のお子様達の口から入って、元気の源になってくれることを願います。

今日は東京都の新型コロナ感染者の新規感染者が119名と何日かぶりに200名を切りましたね。昨日までの数字とだけ比べると少なく感じますが、それでも一時期と比べるとずっと高止まりしていますからね。
動物園でクマとかライオンを見た後に、鹿を見てもそんなに驚かないみたいな感じがするのと同じですかね。
なんだか違うような気がしますが、まだ問題は何も解決していないということで、自分で出来る予防をしっかりとして、新型コロナウイルスの感染者にもならずに、自分から他者に移すこともしないように気を付けるしかないですよね。
そんな今日も新型コロナウイルスの話になってしまいましたが、7月13日7月の大人食堂を認定こども園まゆみぷらすさんの場所をお借りして実施しました。
いつもは最後まで献立は引っ張るのですが、今日は先にお知らせしますと冷やし中華とたい焼きです。
IMG_0389
冷やし中華に載せる卵焼きを作っています。この卵焼きがほのかなうっすらと舌先に感じる甘み、噛めば噛むほど口全体に広がる甘み。この卵焼きだったら養鶏場の卵が消える事件が発生するぐらいに食べれそうです。
IMG_0391
こちらでは冷やし中華の上に載せるトマトやハムなどの具材を切り分けています。今「ぐざい」を変換しようとしたら謎の「ξ」というのが出てきました。数字の3を鏡に映したみたいな、謎の文字はギリシャ語でぐざいというそうです。皆さんもお試ししてみてください。
ギリシャ語まで学べるちろるのブログ。為になりますね。ただどのような時に使うのかは分かりませんので、ググってくださいね。
IMG_0398
そして切り分けられた山盛りの具材がこちらです。今か今かと麺の上に載せられるのを心待ちにしているのが伝わってきますね。トマトなんかお店で売られているときよりも緊張で赤くなっている様子が伺えます(たぶん)。
IMG_0399
一方こちらではたい焼きを作っています。謎のウイルスに感染しているように見えるのは、まだバリを取っていないからで、バリさえ取れば今にも泳ぎだしそうな気がします。
確かにやい焼きの気持ちになれば、毎日毎日焼かれたら嫌気がさすのも分かりますが、たい焼きは一つ一つ新しいものを焼いているわけですから、本当は嫌になるのは焼いているたい焼き店の店主なんじゃないですかね。
でもたい焼き店の店主が海に飛び込んでも昭和を代表するミリオンセラーにはならないですもんね。「泳げ、たい焼き屋の店主」ちょっと聞いてみたい気もしないでもないです。
IMG_0407
そうこうしている間に麺も茹で上がりまして、盛り付けです。麺の量監視員がどの皿が多い、少ないを厳格に見極めています。J.Y.パークさんのような優しい盛り付けプロデュースやジャッジならまだしも、監視員多くて具材麺に昇る、と言った感じです。
IMG_0409
というわけで、紆余曲折を経て、全員で頂きますの前に記念写真です。
ずっとマスクをしていましたが、食べる場面なのでマスクを外しているのはお許しください。IMG_0413
ほーら、美味しそうでしょ!
もし今日の夕食を何にしようか悩んでいる方で、このブログを読んでくださっている方がいらっしゃいましたら、夕食の選択肢に冷やし中華を入れてみるのも良いかもしれませんよ。
IMG_0400
たい焼きもいい感じに焼きあがっていますよね。もし今日の食後のスイーツを何にしようか迷っている方がいらっしゃいましたら、たい焼きを選択肢にしても良いかもしれませんし、自分で作ってみるのもまた一興かもしれません。作り方はここで説明するよりも、クックパッドを参考にしてみてください。
というわけで、本日も和気あいあいの大人食堂でした。

↑このページのトップヘ