皆さんは両手を上に掲げると言ったらどんな様子を思い浮かべますか?
私はドラゴンボールの「地球のみんな、オラに元気を分けてくれ」というセリフで有名な元気玉のシーンがパッと思い浮かびましたが、中には名曲手のひらを太陽が浮かんだ方もいらっしゃると思います。
刑事ものが好きな方なら拳銃を突きつけられて、手を上げろと言われて、おどおどしながら手を上げる姿を思い浮かべた方もいるかもしれません。
もしくは天井が突然落ちてきたり、上から落下物があることに常に備えて手を上げている様子を思い浮かべた方も、消費税が始まった3%よりも少ない割合でいるかもしれません。

というわけで、先日のブログで福島県二本松市にあります安達東高校の生徒さんが夏休みに作ってくださった素敵なプレゼントをお知らせさせてただき、運動教室で活用していますよ、というブログもアップさせていただきました。
今日はその続編です。

IMG_20210909_140015
本日(9月9日)浪江町の道の駅で行った運動教室の様子です。
安達東高校の生徒さんが作ってくれたずんだ春巻き君を天高く掲げています。
というわけで、冒頭の質問につながるわけですね。
本日の参加者の皆さんから質問がありまして、中には何が入っているんだろうとのことです。
もちろん私は分からなかったので、夢と希望が入っているんじゃないですかね、とお茶を濁して退散してきたわけですが、安達東高校の生徒の皆さんでこのブログを見てくださっている方がいましたら、答えをお願いします。
愛情と尊敬、とかいう答えではなくて、小豆とか豆とかの答えをお待ちしております。
というわけで、高校生が作ってくれた素敵なプレゼントは各地で行われている運動教室の参加者の健康に大いに寄与してくれています。

東京2020パラリンピックも昨日(9月5日)で終わってしまいましたね。開催については色々なご意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、懸命に競技に取り組んでいる姿にはオリンピック同様に多くの感動がありました。
水泳や走り幅跳びやマラソン、そして大躍進の車イスバスケットボールなど(あくまで一例で実際にはそれぞれの種目に参加されていた選手の皆さんをリスペクトします)テレビの前で声を上げて、もしくは腕を振り上げて、熱のこもった応援をさせていただきました。
さて、腕を振り上げてと言えば、パラリンピックの応援ばかりではなく、先日福島県二本松市にある安達東高校の生徒さんから素敵なプレゼントを頂戴したとお知らせさせていただきましたが、そのプレゼントを運動教室で活用して、腕を振り上げてきました。
IMG_20210906_140404
腕、かなり振り上がっていますよね。
準備運動やストレッチの際に何も持たずに行うよりも、高校生が作ってくれたプレゼント、いつまでも名称がないと何て呼んでいいのか分からないので、この場では暫定的に「ずんだ春巻き君」と呼ばせて頂きますが、このずんだ春巻き君を持つだけで、可動域が向上したり、無理なく同じ姿勢をキープできたりします。
IMG_20210906_140345
ですから左右に身体をひねってみても、ずんだ春巻き君を持っているのとてぶらで行うのでは腰のひねりも違ってきます。
せっかく高校生が夏休みの間に作ってくれた素敵な送り物ですから、これからバンバン運動教室で役立たせて頂きます。
素敵な送り物をありがとうございました。

先日(7月16日)のブログで書きましたが、福島県二本松市にある安達東高校でボランティアとは何かについての出前講座をやらせていただいた後に、安達東高校の生徒さんから「ちろるで実施している運動教室で使ってもらいたい」と手作りの握力向上の器具をいただきました。
その後器具を活用していますというブログも7月19日のブログで書いたのですが、9月1日に再び安達東高校の生徒さんから運動教室で使う器具を頂戴しました。
IMG_2542
写真は一部で、実際にはもっと沢山あります。生徒さんが夏休みの間に自分達に出来ることで、地域の方に喜んでもらえることは何かと考えて作ってくれたそうです。
というわけで、さっそく今後の運動教室で使わせて頂きます。
安達東高校の生徒の皆様、本当にありがとうございます。
皆さんの夏休みの努力が、地域の方、特に高齢者の元気に変わります。

↑このページのトップヘ