すぎやまこういち先生の訃報を聞きショックが隠せません。
小学生の頃、発売日当日に並んで、それでも買えなくて、フラッと立ち寄ったホームセンターみたいな所で偶然購入することが出来たドラゴンクエストⅢ。友人宅に持って行く際に「デゲデゲデゲデゲデーンデデン」という曲と共に「冒険の書が消えました」というメッセージが出たことを昨日のことのように覚えています。その後もドラゴンクエストⅣで初めてモンスターであるホイミスライムが仲間になった時の感動、ドラゴンクエストⅤでビアンカにするか、フローラにするか何日間も悩んだこと、ドラゴンクエストⅥのハッサンのせいけんづきが強かったこと、味方になったテリーがそれほどでもなかったこと、ドラゴンクエストⅦの石版集めに右往左往しながら苦戦したこと、ドラゴンクエストⅧのキャラ等身が上がり、より鳥山先生の世界がリアルに感じられるようになったこと、プレイを始めると見渡す限りの世界があったこと、ドラゴンクエストⅨ、Ⅹはやったことがないので分かりませんが、ドラゴンクエスト⑪でセーニャとベロニカが……とあまり詳しくは書かない方が良いかもしれません。それぞれに思い出があり、RPGが30年以上経った今も好きなのは、ドラゴンクエストがあったからと言っても過言ではありません。
そのドラゴンクエストをプレイすると毎回流れてくるあの曲。何回聞いても飽きることがないあの曲。ドラゴンクエストをやったことがなくても知っているであろう、そして今年の東京2020オリンピックの開会式で選手入場の際に一曲目に使われた曲といえば思いつく方もいるであろう、あの曲。
ドラゴンクエストを知らなくても競馬が好きな方であれば、誰しもが聞いたことのあるあの曲。中山競馬場のG1のファンファーレの曲と言えば、耳にすれば身が引き締まるという方も多いはずです。
そんな多くの方の心に現在進行形で今も鳴り続けている、素敵な名曲の数々を生み出してくださったすぎやまこういち先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

すぎやま先生の曲がどのように私の人生の隣りに居続けてくれたのかを書きだすと止まらないので、本題に入りますと、本日(10月7日)ちろる学校図工の時間を開校しました。
今日は何を作るのかといいますと、図工の時間らしく毛糸で犬づくりです。

IMG_2545
こんな感じです。可愛いでしょう。
可愛いと言えば、この前の日曜日、緊急事態宣言が解除になったので、栃木県にある那須モンキーパークに行ってきたのですが、そこに小動物とふれ合えるコーナーがありまして、愛くるしいモルモットがいました。そのモルモットを座って太ももの上に乗せていたら、股間の部分がじんわりと温かくなってきて、何かと思って見てみたらまるでオシッコを漏らしたみたいになっていました。
と、私の余談はさておきこの犬を作ります。
IMG_2547
先生に教わりながらまずは犬のボディづくり。
IMG_2549
ちょっとわがままボディになったり、栄養不足気味になったりしながら、形作っていきます。
IMG_2546
毛糸の種類を変えるだけで、犬種も違ったように見えたりと、奥が深い。
IMG_2550
というわけで、可愛らしいワンちゃんの完成です。
ちろる学校図工の時間では物づくりをしながら参加者同士の交流を行っています。
新型コロナウイルスの流行状況によって中止になる、もしくは延期になる場合もありますが、基本的には毎月実施していますので、興味のある方は是非ご参加ください。
一緒に楽しく物づくりを行いましょう!

今ほどタイトルに「オリンピックのよねつ」とタイピングして変換したら、余熱ではなく米津となりました。「オリンピックの米津」だと、なんだか東京2020オリンピックに米津玄師さんが選手として出場したみたいになってしまいますね。でも米津さんだったらハンマー投げとか重量挙げとかの力が必要な以外の種目だったら、意外と出場していても不思議ではないような気もします。もしバスケに出ていたら3Pシュートが得意そうな感じがしますし、乗馬だったら人馬一体に乗っていそうです。

と米津さんへの妄想文はここまでにして、9月20日、今日は月が綺麗ですね。夏目漱石さんがI love youを月が綺麗ですね、と訳したそう(ということが広く言われていますが、一応このブログに載せるにあたってwikipediaで調べてみたら曰くつきなようですね。詳しくは検索してみてください。ここでは漱石さんが言ったことにして話を進めます)ですが、明治末期から大正初期の時代は今よりも夜の灯りが圧倒的に少ないでしょうから、今日こんなに綺麗に見える月よりももっと綺麗に見えたのかもしれません。そうするといつもは暗い夜道でも月明かりに照らされて、いつもよりも遠回りをして帰ったりして、その隣には意中の人がいたりして、二人で他愛のない会話をして、ふとした拍子に会話が途切れ、次に何を話そうかも思いつかない、でも今日は夜なのにとっても明るいからいつもよりも少しだけ正直になって、ついつい口をついて出てきたのが「月が綺麗ですね」だとしたら、その婉曲さのオブラートをタケノコの皮を剥ぐように向いて言ったら、中から出てくるのは「I love you」なのかもしれません。
ネット環境が発展して、包み隠すことが難しくなったこんな世の中だからこそ、月が綺麗ですねの奥ゆかしさがあっても良いのかもしれません。
ではここで一曲。Misiaさんで「つつみ込むように」。
当初の予定では月のくだりでサラッとエレファントカシマシさんで「今宵の月のように」と進むはずだったのに、予定は未定とは本当ですね。
それで話を戻しますと、今日月が綺麗なのは明日(9月21日)が中秋の名月だからなんですね。ローマは一日にしてならず、中秋の名月も一日にしてならずです。今日の月もとっても綺麗です。このブログを今日アップしますので、ブログを読み終わったら是非月を見上げてください。

そして前置きが長くなりましたが、ここからが本題。
IMG_20210916_150909 (2)
9月16日に浪江町の道の駅なみえでやった運動教室の様子です。
本当は運動が始まる前に写真を撮れば良かったのですが、それはすっかり忘れて準備運動、筋力向上の運動を終えて、これから機械を使った運動と移る合間に撮ったものですから、参加者の皆さんは試合後の矢吹ジョーみたいに燃え尽きようとしています。
でも東京オリンピックが終わってから運動教室への参加者が増えているので、それはオリンピックの余熱と言えるのかもしれません。
もし東京オリンピックの米津だったら、オリンピック後に米津玄師さんを聞く人が増えたのかもしれません。確かにPale Blue良い曲ですもんね。

皆さんは両手を上に掲げると言ったらどんな様子を思い浮かべますか?
私はドラゴンボールの「地球のみんな、オラに元気を分けてくれ」というセリフで有名な元気玉のシーンがパッと思い浮かびましたが、中には名曲手のひらを太陽が浮かんだ方もいらっしゃると思います。
刑事ものが好きな方なら拳銃を突きつけられて、手を上げろと言われて、おどおどしながら手を上げる姿を思い浮かべた方もいるかもしれません。
もしくは天井が突然落ちてきたり、上から落下物があることに常に備えて手を上げている様子を思い浮かべた方も、消費税が始まった3%よりも少ない割合でいるかもしれません。

というわけで、先日のブログで福島県二本松市にあります安達東高校の生徒さんが夏休みに作ってくださった素敵なプレゼントをお知らせさせてただき、運動教室で活用していますよ、というブログもアップさせていただきました。
今日はその続編です。

IMG_20210909_140015
本日(9月9日)浪江町の道の駅で行った運動教室の様子です。
安達東高校の生徒さんが作ってくれたずんだ春巻き君を天高く掲げています。
というわけで、冒頭の質問につながるわけですね。
本日の参加者の皆さんから質問がありまして、中には何が入っているんだろうとのことです。
もちろん私は分からなかったので、夢と希望が入っているんじゃないですかね、とお茶を濁して退散してきたわけですが、安達東高校の生徒の皆さんでこのブログを見てくださっている方がいましたら、答えをお願いします。
愛情と尊敬、とかいう答えではなくて、小豆とか豆とかの答えをお待ちしております。
というわけで、高校生が作ってくれた素敵なプレゼントは各地で行われている運動教室の参加者の健康に大いに寄与してくれています。

↑このページのトップヘ