突然ですが皆さんは怖いものってありますか?
心霊現象が怖いという方もいるかもしれません。
先端が怖いという先端恐怖症という方もいるそうです。
なかにはありあまる自分の才能が怖いという方もいるかもしれません。
かくいう私はいい歳をして未だに歯医者が怖いです。
そして明日は特に待ってもいない歯医者の日です。
いつだったか忘れましたが、シャインマスカットを食べていたら歯が欠けたという
事をこのブログで書かせて頂きましたが、その治療に通っています。
歯医者で治療の席に通されて、精神を集中させて待っている間に隣りの席から
キューイーンという歯を削る音が聞こえてこようものなら、
「すいません、突然用事を思い出したので帰ります」とか「突発的な腹痛に襲われたので帰らせてください」とか
なんらかの理由をつけて逃げ出したくなります。
まるで碇シンジ君の逆バージョンみたいです。
鎌倉武士は「いざ、鎌倉」を合言葉にしていたようですが、私は「いざ、歯医者」を合言葉に
明日頑張ってきたいと思います。

と、私の意気込みはさておきまして、本日(11月16日)に地域・子育て支援センターぷらすで
11月の男の料理教室を実施しました。
参加者は「男の料理教室」というぐらいですから男性なのですが、漢と表現したくなるような
男の中の男、益荒男6名です。
IMG_4282
野菜の皮をみんなで剝いていますが、段々と包丁さばきも板についてきました。
IMG_4289
真剣な表情が素敵ですよね。
IMG_4291
包丁をギターやベースに持ち替えてもしっくりくるような感じもします。
そして出来上がった料理がこちら。
IMG_4306
今日のメインディッシュは肉じゃがとブリ大根でした。
ブリ大根は大根に味がしみ込んでいましたし、面取りの練習を一人一人やってもらったのですが、
ひと手間加える事によって、味もワンランク上の味になっていました。
IMG_4305
料理を前に参加者の皆様と先生と記念写真です。
IMG_4311
最後にアンケートをとらせていただいたのですが、その中に
「皆さんで料理をつくり、おいしく食べることは楽しいことです」
「多人数にて料理を作り、談笑し、食べるのが大変うれしい」
「いろいろの世間話等ができ大いにいやされる」
「友達ができた」
などの嬉しい記載がありました。
こういうのを見ると努力が報われたのとあわせて、これからも継続して頑張って参加者の皆さんの
交流の場にしていかなくてはいけないな、と身の引き締まる思いです。
と書いたものの、ここ一週間で体重は増加の一途を辿っているんですけどね。