皆さんは「超高速!参勤交代」と「超高速!参勤交代 リターンズ」
という本又は映画はご存知でしょうか?
今初めて聞いたとか、タイトルは知ってるけど読んだり観たりはしたことが
ないという方は是非ダマされたと思って読んだり観たりしてみてください。
笑いあり、涙あり、殺陣あり、観終わった時にはスッキリしていることでしょう。
なんで唐突に「超高速!参勤交代」の話が出てきたのかと言いますと、
タイトルにリターンズを付けたら、「超高速!参勤交代 リターンズ」が真っ先に
出てきたからで、昔ジャンプでやっていた「密 リターンズ」でも良かったんですけどね。
もし今回のタイトルが「帰ってきた 冬のボランティア開校式」だったら
本文の書き出しは、皆さんは「帰ってきたウルトラマン」はご存知ですか?になっていた
はずです。
というわけで、高校生の冬休み期間を利用してボランティア活動をしませんかということで
12月の終わりから1月の頭にかけて冬のボランティア活動第一弾を実施しましたが、
今回は1月31日と2月1日の県立高校の1期選抜で、高校1、2年生は学校、部活が休みになるので、
普段は学校が忙しかったり、部活が大家族の洗濯物みたいにいっぱいあったりすると
なかなかボランティア活動に参加してみたくても出来ない、という学生さんもいます。
そんな学生さんにボランティア活動をしませんかと呼びかけたところ、活動期間が2日間と
極めて短期間なのにも関わらずに30名も申し込みがありました。
IMG_5327
学生さんは2日間、自分が興味関心のある児童関係の施設や障がいがある方の施設、
避難者支援事業等の活動に参加するのですが、活動にあたっての留意点や
どんな活動なのかの概要を説明する冬のボランティア開校式を1月29日に
安達高校で実施してきました。
IMG_5328
マスク着用率の高さが風邪やインフルエンザが流行っているのを物語っていますよね。
今回一般社団法人ちろるで段取りさせていただいた冬のボランティア活動に応募してくれた
学生ボランティアの皆さんには、元気に、普段の学校生活では出来ない出会いや体験を
それぞれの活動場所でボランティア活動を通してしてもらって、それが将来を考える為の
一助になってくれることをお百度参りするぐらいに願います。