本日、ちろるでは安達東高校から依頼を受け、児童の食物アレルギーについての講座を実施いたしました。

もちろん私が話すわけではございません。

その道のスペシャリストの学校法人まゆみ学園栄養士 高橋 沙也加 先生にお願い致しました。

IMG_6305

食物アレルギーの詳しい説明とそのタイプや種類、症状などを詳しくかつ分かりやすく説明してくださいました。

IMG_6309

アレルギーを持つ子供さんへの園での対応や、献立を作成する際の対応を、実際の本日の給食を見せて頂き、耳で聞くだけでなく、目で見て学ばせて頂きました。


突然ですが、問題です。

下の二枚のスープでの違いを見つけてください。
IMG_6312


1、 右の方が量が少ない

2、右の方が光の反射がすごい

3、右の方には卵が入っている



正解は2番の光の反射がすごいです。

嘘です。3番です。

こちらは、卵アレルギーのお子さんを対象にしたスープです。

ちなみにアレルギーの中で1番多いのは卵らしいです。

さらには、卵黄は平気だけど、卵白でアレルギーがでてしまうこもいるそうです。



次の問題はこちら。

IMG_6313


1、なるとがない

2、なるとがない

3、なろとがない

正解は3番!なろとがないでした!!
一つだけ ろ になってましたー!!

すみません。悪ふざけが過ぎましたが、こちらはなるとがあるものとないものの違いです。

このように、昔はアレルギー食への対応は代替えが基本でしたが
今では、間違えて食べてしまわないよう、入れないというやり方が主流になっているそうです。

IMG_6310

その他にも誤食を防ぐために栄養士さんたちの努力や他職との連携が重要な事、親御さんとの情報の共有。
そしてなによりも、まゆみ学園では、先生一人一人が子ども達の体調の変化などの目配りが行き届いていることがわかりました。

最後に実際の調理場を見せていただきました。
IMG_6316
IMG_6319
IMG_6321
IMG_6323


安達東高校の生徒さんも、知らなかったことを知ることが出来て、マスクで半分以上顔が隠れていましたが目はキラキラしていました。

まゆみ学園の皆様ご協力ありがとうございました。