2018年08月

今日(8月28日)の福島県はあいにくの天候でしたね。

雨が降ったり止んだり、止んだと思わせて強く降りつけたりと、

昨日は首都圏では雷雨で停電になったりと大変だったようですが、

本日の福島を含む雨が降った地域もなかなかのものでした。

こんな日には家でのんびりするのも良しだと思います。

また春眠ではなくても暁を覚えないような気温でしたので、寝具上でゴロゴロするのも、

毒リンゴを食べた白雪姫みたいにぐっすり眠るのもありだと思います。

そんな日に一般社団法人ちろるでは「平成30年度福島県内避難者・帰還者心の復興事業補助金」

を活用させていただき、二本松市に避難している避難者の方が、復興公営住宅や借り上げ住宅、

自宅を建てた方の区別なく避難者であれば誰でも集まれる場所として、

8月の「ちろるんるん♪」を実施しました。

場所は二本松市にあります新町なみえさんです。

上記のように参加するのには二の足を踏むような、

自分だったら行くとは言っていたとしても外出をためらうような日だったのにも

関わらずに、14名の方が集まってくれました。

こちらの写真はカメラを向けたのでみなさんピースサインを出しているというわけではなく、

後出しじゃんけんというレクリエーションをやっているところです。

こちらの写真はみんなで手をつないで、UFOを呼んでいるところです。

この後アダムスキー型のUFOが3台新町なみえさんの事務所が入っている建物の

上空を旋回していました。

きっとUFOもお呼びがかかって、出番があることを喜んでくれたのでしょう。

ということはなく、皿と団子というレクリエーションをやっているところです。

こちらの写真は往年のプロレスの大スター故ジャイアント馬場さんのモノマネをしているところです。

「アポッ」という声が聞こえてきそうな完成度ですね。

というわけではなく、これから一般社団法人ちろるで実施する予定のチラシを見て頂いているところです。

今日はレクリエーションや健康体操などを中心に実施しましたが、毎月趣向を変えて毎月実施していく予定です。

思わずこのブログを書きながらも、本日のちろるんるん♪の楽しかった雰囲気を思い出して、

冗談を書かずにはいられない、笑顔溢れるちろるんるんるん♪になりました。

雨天にも関わらずに来場してくださった方々に多謝です。

「子ども食堂」という言葉は既に社会的にも広く認知されてきています。

子ども達の孤食を防ぐことを目的に、全国の津々浦々で開催されているわけですが、

何も孤食は子どもだけの問題ではありません。

大人だって孤食の人は多くいます。

でも世の中には子ども食堂は数あれど、大人食堂は(きっと)それほど多いわけではありません。

福島県内でも実施しているところもあるのかもしれませんが、

私が知る限りでは実施しているところは残念ながらありません。

であれば、一般社団法人ちろるで企画してみようと一念発起し、

福島県で募集していた「平成30年度福島県避難者・帰還者心の復興事業補助金」へ応募し、

その応募内容に「大人食堂」の事業も交えて申請したところ、めでたく助成決定になりましたので、

8月23日、さっそく大人食堂をオープンさせていただきました。

参加者は調理から最後まで参加してくれた方が6名。

調理から食べるまで参加してくれた方が1名。

どんな感じでイベントをやっているのか見に来てくれた方が2名いらっしゃいました。

場所は高校生の夏休みのボランティア活動でもお馴染みの子育て支援センターぷらすさんです。

本日は初回という事で、特にレシピがなかったのですが、

ベテラン主婦のみなさんは材料をみてからレシピを決める神業!

包丁さばきも流石の貫禄です。

振り向きざまのキメ顔も流石の貫禄です。

かどうかは分かりませんが、カメラを向けられても作業している手は爆弾を仕掛けられたバスの

映画のようにノンストップです。

そして完成したのがこちら。

肉じゃがの量ハンパネーって。

 まるで3分クッキング並みの早業でチャッチャッと料理を作り、出来上がったのがこの料理。

品数もボリュームも言う事なしですね!

あとは食べるだけだったのですが、あまりにも早く作ってしまったので、肝心のご飯が炊きあがるのを待つ間、

皆さん支援センターに遊びに来ている子ども達の相手をしていました。

上の写真は7つ揃えると願いが叶うというドラゴンボールをたくさん集めて、

それをボールプールにして子どもと遊んでいるわけではないはずです。

と、また余計なことはさておきまして、

ご飯が炊けましたので、いざ実食。

ご飯が進○君よりもご飯が進みます。

そして今日はみんなで食べているので、食欲も進みます。

実施場所を提供してくれたまゆみぷらすの理事長や先生方も一緒にもぐもぐタイム。

更にはもうお腹いっぱいと言いながら、参加者の方が買って来てくれたクロワッサンもペロリ。

そして全員で美味しく頂いた後は片付けです。片付けの様子も詳細に載せたかったのですが、

なんということでしょう!匠の手によってキッチンはあっという間に片付いていました。

やっぱりみんなで一緒に作って、みんなで一緒に食べる食事は美味しいですね。

というわけで、笑顔溢れる8月の大人食堂となりました。

次回、9月の大人食堂も実施予定で、詳細が決まりましたら一般社団法人ちろるのホームページで

お知らせしたいと思います。

現在確定しているのは、来月の献立はビーフシチューになるということです。

皆さんは今年夏祭りや花火大会へどれくらい参加しましたか?

私は表団地の夏祭り、富久山の花火大会、大玉村の花火大会、

そして今回のブログで紹介します、石倉団地の夏祭り(8月19日)にカラオケ大会の司会者として参加いたしました。

石倉団地さんから一般社団法人ちろるへ「カラオケ大会を盛り上げてもらいたいので、

司会をしてもらえませんか」とオファーを頂戴した事による参加です。

私が到着した頃にはすでに美味しそうな匂いが石倉団地に充満していて、

焼き鳥や焼きそば、カキ氷を作っている人達から流れる汗は甲子園球児並みの汗でしたよ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

カラオケ大会では、鹿児島から遊びに来られた方や二本松の方など、団地住民以外の方の参加も多数いて、団地だけではなく、

たくさんの方が夏祭りを楽しんでいらっしゃいました♪( ´θ`)

もちろん祭りといえばビール❗ということで、こちらの席はビール祭りになっていました٩( ᐛ )و

最後は前日に浜の男達が一生懸命作ったやぐらの周りで盆踊り大会!

浪江の盆踊りは仮装しながら踊るのが一般的なんだそうです。

出身がどこだかとか関係なく太鼓と笛の演奏で皆んなが1つになっている瞬間をパシャリ(*´꒳`*)

夏の終わりを感じますね。

夏ボラ活動報告その33で最後のつもりだったのですが、

二本松にある子ども支援センターぷらすさんから子ども食堂を実施するので、

高校生のボランティアを募集してくれまいか、というボランティアの

オファーを頂きました。いつもお世話になっている子ども支援センターぷらすさんからの

オファーですから、それに応えないでは義理が果たせません。

というわけで、一般社団法人ちろるの夏ボラの活動に参加してくれた高校生に声掛けを

したところ、快く二つ返事でOKしてくれた3名が、

本日(8月22日)の子ども食堂の活動に参加してくれました。

子ども食堂ですから子ども達の孤食を防ぐために、美味しく、かつ栄養バランスのとれた

食事を食べてもらおうと、腕を奮ってくれています。

盛り付けにも工夫を凝らし、ご飯を皿のセンターによそって、

その隣りにおかずを配置していきます。

昨日第100回の高校野球の決勝戦が甲子園で行われましたが、

決勝で戦った両チームから「勝ちたい」という想いが伝わってきたのと同じように、

皆さんの真剣な表情から子ども達に美味しい食事を届けたいという想いがヒシヒシと

伝わってきますね。

そして完成したのがこちらです。夏野菜をふんだんに使って、

旬の食材満載となっております。

これを食べた子ども達は、きっと笑顔で食べてくれるでしょうし、

元気に夏を乗り切ってくれるはずです。

そして本日の活動で本当に夏ボラ活動報告は最終回です。

延べ90名の安達高校の生徒さんがボランティア活動に参加してくれました。

青春の貴重な1ページに一般社団法人ちろるでの夏ボラの活動が入ると思うと、

将来そのページを振り返った時に、良い思い出だな、今の役になっているな、

と思ってもらえるような活動になってくれていればありがたいなと感じます。

こんにちは。お盆期間中みなさんはどうお過ごしですか❓

私は天ぷらを自宅で揚げ、旦那の実家で揚げ、そして実家で揚げ、

今までにないくらい天ぷらを揚げました。

おかげで天ぷらは三つ星レストラン並みの技術を取得したかなと自負しております。

その勲章がこれです。

本日(8月17日)は子育て支援センターぷらす(以後、ぷらす)にて、料理教室が開かれました。

美味しいおにぎりの握り方と、お出汁からとるお味噌汁。ということで、

食いしん坊で有名な私は参加させていただきました。 ぷらすでは毎月料理教室を開催していて、

対象者は主に、若奥様達ですかね。小さいお子さんがいても、料理教室に参加してる間は、

ぷらすの先生が見ていてくれているので、安心です。 本題に入らせていただきますが、

参加者の皆さんの足を引っ張らないように気合いをいれて頑張りました❗

今日のおにぎりの具になるシャケを焼いて行きます。

シャケ一枚でおにぎり4つはできます。

若奥様達と講師であるぷらすの本田先生から味噌汁の出汁の取り方の説明を聞いているところです。

本日は二種類の味噌汁を作りました。 鰹出汁と煮干出汁です。個人的には鰹出汁がおススメですね。

出汁をとったあとにも、ふりかけなどアレンジして使えるようです。

さてここで、問題です! 味噌汁に入れる具材をきっていたのですが、

どちらかが私のきったネギがはいっております! それはどちらでしょうか!

 答えは最初の写真です! いやぁ、料理って性格がでるんですかね( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) 比べてはいけないレベルです。

気を取り直しておにぎり作りです!

 

お米は冷めてから握ると失敗しにくいみたいですよ!

小さめのお茶碗を使って、ご飯を入れて具材を入れて最後に具材がしっかり隠れるようにご飯を重ねます。

そうしないと、おにぎりがわれてしまうそうです。

私は欲を出してしまい、シャケをたくさんいれたので結果がこれです。

しっかり、割れてます。

今日料理教室で作ったのはおにぎりと味噌汁ですが、先生が事前に準備していた

鶏肉と大根の煮付けや煮浸しも添えて完成! 待ちに待ったもぐもぐタイムです。

口いっぱいに頬張る姿をみて、感想はご想像にお任せいたします。

料理に自身の無い方や、ママ友が欲しい方、そして、リフレッシュする時間が少しでも欲しい方、

是非料理教室に参加してみてはいかがですか?

ぷらすでは他にも毎月二回の子ども食堂を開催しております。作るのはちょっと。という方でも、

本田先生の美味しい料理食べれますよ。お子さんと一緒に是非どうぞ。

どちらも事前に電話予約が必要になります。

ということで、とても美味しい一日となりました。

↑このページのトップヘ