2023年05月

昨日(5月29日)は東海地方や近畿地方で梅雨入りが発表されました。
そして本日(5月30日)は九州南部の梅雨入りが発表されました。
恥ずかしながら打ち明けますと、私はこの歳まで沖縄、九州といった日本でも南に位置している所から北に順番に梅雨入りするものだと勝手に思っていたのですが、順番はバラバラなんですね。
私の中での梅雨入りで言えば、「おいおい、東海さんよ。九州のおいらがまだ梅雨に入ってないのに、何勝手に先走っちゃってるの」となるところですが、順不同とは恐れ入りました。
沖縄を先頭に九州、四国と順番に並び、東北は一番身長が高い人のポジションにいるものだと思っており、ガソリンスタンドにある洗車機が梅雨だとして順番に入って、順番に抜けていくのを想像していたのに、現実って不思議ですね。
いや、想像、もしくは思い違いの方が不思議かもしれません。

というわけで、5月15日から平日は毎日二本松市内で午前の部、午後の部と運動教室を開催しております。来場いただいた際には
IMG_4079
毎回こちらのポイントカードを持参いただき、ハンコを押します。
それで本日5月30日、
IMG_4078
早くも10回目に到達した方が出ました!
5月15日から30日まで平日は12日しかありませんから、うち10日も運動教室に来てくれたことになります。
私の想定としては1週間に1回、ないし2回程度参加して頂けたらありがたいと考えておりましたが、「家にいるとついついだらけてしまうけど、ここに来ると身体もスッキリするし、笑顔になれる。だから出来るだけ参加し続けたい」という嬉しいお言葉を頂戴しました。
10ポイント貯まった方以外にももう少しで10ポイントという方も何名もいます。
その方のうちの一人が「二本松市内に気軽に行けて、身体を動かせて、楽しみが持てるような場所が出来ないかとずっと思っていて、市に要望しようとしていた。それが今回こうして出来てくれたので、可能な限り来っかんない」と仰っていました。
何回も来てくれている方もいれば、「今日が初めてで、体力に自信がないんだけども大丈夫でしょうか」と不安げな顔をして本日初めて参加してくれた方もいらっしゃいました。
もちろんそういう方も運動教室は大歓迎です。体力や筋力は皆さん、それぞれ違うので無理のない範囲で出来る運動だけしてもらっても、全然OKです。
運動教室の参加条件はただ一つ。60歳以上であることです。
身体を動かしたい方、筋力を向上させたい方、ダイエットをしたい方、笑顔になりたい方、目的は何でも結構ですので、どしどし運動教室にお越しください。

5月も残すところ後わずかになりましたね。
5月はGWがあるからか、なんだかとっても早く過ぎたような気がします。
それにしても5月のこどもの日が終了してしまうと、次の祝日が7月の海の日までないというのは悲しいですよね。出来れば6月にも梅雨の日とか、衣替えの為の日とか、アジサイの日とか、母の日に比べて父の日はなんだか盛り上がりがイマイチ(個人の感想です)なので、父の日を真面目に祝うための日とか、名前は何でも良いので祝日が1日ぐらいあっても良いんじゃないかとわりと真剣に思うのですが、皆さんはいかがでしょうか。
祝日はお祝いの日なわけですから、めでたいことはいくらあってもいいじゃないか、と軽い気持ちで江戸時代のええじゃないか運動も発生したのかもしれません。
そんなええじゃないか運動ですが、江戸の街中だけではなく、全国津々浦々で起こっていたようです。今よりもずっと情報の伝達に時間がかかる時代において、全国的な民衆運動として「ええじゃないか」と叫ばずにはいられなかった、もしくはなんだか隣町から楽しい声が聞こえてきたから、今日はうちらも仕事をサボってもいいんじゃないか、とじんわりと広がっていったのかは定かではありません。
でもよく日本人は海外の人と比べるとおとなしい、デモ等をしない民族と言われていますが、江戸末期の頃はそうでもなかったんですかね。
と、前置きをいつまでもダラダラと書いてもええじゃないか、と言っているとお叱りを受けそうなので、本題に入ります。

本日(5月28日)、5月の学生食堂を災害公営住宅若宮団地で開催しました。
本日も福島大学の災害ボランティアセンターからニューフェイスが参加してくれています。
IMG_4047
ですので、まずは活動の趣旨から本日の流れ、食材の切り方についての説明をしています。
学生さんのまなざしからは真剣さと熱心さが感じられますね。
それに比べて私の目は依然うちで飼っているモモンガの目に似てると言われたことがあるのですが、一体どんな目なんでしょう。
IMG_4052
お米を炊いたり、野菜を切ったりしています。普段から自炊をしているということで、包丁を握る手はマエストロがタクトを振るように軽やかで、ワルツを演奏しているかのように見えたとか、見えなかったとか。
IMG_4061
完成したのがこちらのシラスのかき揚げ丼です。
玉ねぎと人参、そしてピーマンは色合いで分かりますが、シラスがどこに入っているのか。
それは神のみがしる衝撃の真実、ということはなく、黒い小さな丸(●こんなのです)があるかと思いますが、それがシラスの目です。
IMG_4056
というわけで、どのような味なのかを来てくれた方にお伝えするのには食べてみない事には味の感想は伝えることが出来ません。
一時席を外していていて、戻って来た時には学生さんの試食はすでに終わって、デザートの団地の方から頂戴したヨーグルトを食べていました。世界陸上ドーハ大会の100メートル男子のクリスチャン・コールマンよりも早い食べ力です。
いつもは集会所内で調理をして、受け渡しをするのですが、今日はかき揚げで油を使うので、万一のことを考えて、屋外で調理と受け渡しをしました。
IMG_4066
更にはなるべく出来立てを提供するために、前もって作っていたのをお渡しするのではなく、注文が入ってから揚げるために少し待って頂くようにはなってしまったのですが、
IMG_4067
待って頂くからこそ、学生と団地の方の交流の時間が生まれました。
この団地の方の手だけ見るとバレーで後ろのチームメイトにサインを送っているようにも見えますね。
IMG_4070
早めに食事を取りに来た方から活動中に電話を頂き、何事かと思って電話に出たら「美味しかったよ」との事でした。慌ててもう一度言ってくださいと伝え、スピーカーモードにして学生にも聞こえるようにして「美味しかったよ」と声高高に言ってもらいました。
その時の学生の皆さんの笑顔。これがなによりの調味料です。

なんだか本日(5月23日)はとっても寒いですね。昨日までの温かさが嘘みたいです。
ここのところ暖かい日が続いたので、すでに衣替えはし終えておりましたので、慌てて長袖の少し薄手のセーターを引っ張り出しました。引っ張り出されたセーターからは「なんだよ、ようやく眠りについたのに、こんなにすぐに起こすなんて」と文句を言われる始末……かどうかは定かではありません。

さて、前置きはこの辺にして、WAM助成を受けて5月15日から二本松市で「健康とダイエットのための運動教室」が始まって、1週間とちょっとが経過しました。
当初の想定としては参加してくださる方は1週間に1回程度来て頂ければ上々かな、と考えていたのですが、中にはほとんど毎日参加してくださっている方も何人もいらっしゃいます。
「ずっと二本松市内に気軽に身体を動かせるような場所があると良いと思っていたんだけど、それがようやく出来てくれた」
「家にいてもなかなか身体を動かしたりすることがないけれど、ここに来るとみんなと一緒に運動できるから出来るだけ参加したい」
「ここに来ると笑顔になれて、元気をもらえるから、また来ちゃった」
等々、嬉しいお言葉を頂戴しております。

私ども一般社団法人ちろるの運動教室では、
①肩や腰、膝などに痛みなく毎日の生活を送れるようにしっかりと身体をほぐすための準備体操
②認知機能の維持のための手と頭を使うレクリエーション
③身体の気になる部分のダイエット運動
④いつまでも自分の足で転倒の心配なく歩くことが出来るように筋力向上の運動
⑤振動する機器を活用した運動
を2時間かけて行っております。
これまで参加してくださった方は60代から90代と、幅広い年代の方が来てくれています。
「私は歳だから」と運動をするのを諦めるのではなく、何歳からでも定期的にしっかりと運動習慣をもつことで筋力は増えます。なので歳だからと考えている方には、歳だからこそ運動しようと考えてもらいたいです。

今日の福島民友新聞に運動教室の記事を掲載して頂きました。
その記事を読んでくださって早速今日の午後の運動教室に来てくれた方もいらっしゃいました。今日は参加者の方のご希望できつめに太ももの前、後ろ、内、外の運動をしたので、明日、もしくは明後日は筋肉痛になってしまうかもしれません。でもご安心ください。5月21日に開催された第1回ふくしまシティハーフマラソンでハーフを走ってきたので、私の方が参加者の誰よりも筋肉痛ですから。

運動教室は平日の午前の部は9時30分から11時30分、午後の部は1時30分から3時30分まで開催しております。ご都合の良い曜日、ご都合の良い時間でご参加いただければと思います。
利用料は1回たったの100円。
自分の健康は他の誰かが守ってくれることはなく、自分で守るしかありません。
ですから元気なうちから、いつまでも身体も心も認知機能も健康でいつづけるために運動教室に参加してみませんか。

2023年現在、多くの市町村では毎年人口は減少しております。
しかし65歳以上の高齢者は毎年増加しています。
よく言われることですが、
現在は4人から5人の生産年齢の人が1人の高齢者を支えていますが、
数年後には3人で1人の高齢者を支える時代がやってきて、
20年後には2人で1人の高齢者を支えなくてはいけない時代になることが予想されています。
となりますと、支えられるはずがありませんので、
65歳以上の方にはいくつになっても身体も心も健康でいていただいて、
支えられる側にならないようにする働きかけが必要です。

というわけで、支えられる側にならないようにする働きかけとして、一般社団法人ちろるでは令和5年度WAM助成を受けることが出来ましたので、60歳以上の方を対象に運動教室を二本松市で本日(5月15日)から実施することになりました。

日常生活を楽しく送るためには身体に痛い所があったりしたのでは、もちろん送ることは出来ません。
ですので、首から肩、腕、腰、足に至るまでをまずはしっかりとほぐすように準備体操からスタートです。
IMG_4002
そして健康とは上にも記載した通り、身体に痛いところや不調がないことばかりではなく、心も認知機能も健やかでいなくてはいけません。
IMG_4005
ですので、準備体操の間にちょっとしたレクリエーションを挟んだりしながら、来てくださった方に楽しんで健康になってもらうための取り組みも行っております。
IMG_4022
そして全身の筋力向上のための運動、特に下半身の筋力を向上して、いつまでも自分の足で行きたいところに行けるように、転倒の恐れなく歩いていただけるように、しっかりと下半身の運動を行っていきます。
IMG_4025
最後にダイエットに効果があるという噂の機器を活用して、
IMG_4028
腕、腹部、太もも、足と振動させながらほぐして、筋肉を動かしていきます。

1回の活動は2時間で、平日の午前の部は9時30分から11時30分、午後の部は1時30分から3時30分までとなっております。
利用料は1回100円。60歳以上の方でしたら、どなたでも、週何回からでもご参加いただけます。駐車場もありますので、車で来ていただくこともOKです。
動きやすい服装で、飲み物を持ってきて頂ければ、あとは何もいりません。
自分の健康は自分で守るしかありません。ですので、興味がある方は、ご都合の良い日にち、時間でお気軽にご参加ください。

↑このページのトップヘ