今日はこれぞ梅雨という雨天です。
せっかくの日曜日ですから洗濯物を外に干したかった人や布団をベランダにかけて風に靡かせたかった方もいらっしゃるかもしれませんね。
太陽光を目一杯浴びたぽかぽかした布団にくるまれているうちに、知らない間に寝ているのは小さいけれども確かな幸せですよね。
いつまでも洗濯や布団の話をしているわけにはいかないので、本題に入ります。
新型コロナウイルスの影響で今年の2月に実施したのを最後に休んでいた「学生食堂」を本日(6月28日)久しぶりにオープンしました。
これまでは復興公営住宅表団地さんの集会所で実施していたのですが、集会所だとどうしても密になってしまいます。ですので、今回は復興公営住宅石倉団地さんのエントランスをお借りして、密にならない配慮をしての実施となりました。
IMG_20200628_092714
この写真をみて「あれっ?」と思った方がいれば、学生食堂のブログを熱心に見てくださっている方です。いつもなら高校生もたくさんいるのですが、東京で2日で100名以上の新型コロナウイルスの新規感染者が出ており、今度どうなるかわからない状況ですから、今回は高校生は抜きにして、大学生にごく少数協力してもらっての実施体制です。
IMG_20200628_105858
そして縁日みたいな感じで、たこ焼きとたい焼きとかき氷の提供です。
いつもは親子丼やカレー、牛丼等その場で一緒に作って食べる献立なのですが、
今日は何を準備しようか試行錯誤を繰り返し、夜も寝ないで昼寝して考え抜いた末での3品目でした。
ここに行き着くまでにたい焼きは中に入れる餡子はどの餡子を使うのかで実験を繰り返したり、団地の皆さんには健康になってもらいたいから黒ゴマを入れてみたりと、段取りのムービーを撮影していたら映画のロードオブザリングみたいな長さになったはずです。
そこで最終的にたどり着いたたこ焼きとたい焼き、かき氷ですから、美味しくないはずがない。
なによりもこのメニューだったら、このご時世ですから自室に持って帰って食べれますからね。
IMG_20200628_110735
大人ばかりではなく、こんな小さなお客さんも来てくれました。
嬉しかったので、こっそりと他のお客さんにはK2ぐらいの山の高さのかき氷で提供していたのを、エベレストぐらいの盛りにしてしまいました。
いつもとは違う形で実施して、新しい方が足を運んでくれるというのは、縁日効果ですかね。
IMG_20200628_120617
というわけで、今日は準備したたい焼きはあっという間になくなり、たこ焼きも大目にタコや生地を準備したのもなくなり、満員御礼となりました。
全員で90名ぐらいの方にご来場いただきました。
学生食堂はしばらくの間、工夫を凝らしながら密にならない配慮をしながら実施していきますので、今後ともよろしくお願いします。
なお今回の活動は中央共同募金会様より、赤い羽根新型コロナ感染化の福祉活動応援全国キャンペーン フードバンク活動等応援助成を受けて実施しました。