明日から4連休ですね。旅行に行く方、お墓参りに行く方、積んであった本を読む方、レコーダーにたまったテレビを見る方など、皆さん様々な予定がある事と思います。
お盆の時にはコロナ禍なので、帰省はしてはならないという空気がありましたが、お彼岸は帰省してはならないという感じではないですよね。これは東京がGo toに加わったので、日産の「やっちゃえ日産」のように、国も「行っちゃえ実家」みたいな感じなんでしょうか。
これで地方で今以上に新型コロナウイルスの新規感染者が出ないと良いんですけど。
でも人の行き来が盛んになれば、そりゃ新規感染者は増えますよね。
そんな心配が杞憂に終わることを願いつつ、本日(9月18日)二本松にある認定こども園まゆみぷらすさんの場所をお借りして、9月の男の料理教室を実施しました。
IMG_1305
まずはジャガイモを洗って、
IMG_1310
丁寧に皮を剝いてというところまでは、毎月の男の料理教室で野菜を切ったり、煮たりと同じなのですが、今月はここからが違います。
IMG_1313
見たらわかる、すごい肉やん!
というわけで、今日は肉分は完全自費になりますが、年に1度の美味しいお肉が食べたいデイです。
私たちは福島県民ですから、当然ながら福島県産の肉や野菜を食べて生産者を応援したいという純粋な気持ちで今回の福島牛のステーキになりました。だって、せっかく美味しい肉や野菜を作っても、それを卸す場所が少なくなってしまって売れないというわけですから、自分たちが出来ることを出来る範囲でやろうじゃないかということですね。
IMG_1315
これだけの福島牛が並ぶと圧巻ですね。西田敏行さんや梅沢富美男さん、ディーン・フジオカさん、あばれる君さんなど福島県の有名人が勢ぞろいした感があります。
IMG_1318
この肉を焼くわけですが、大きいのでフライパンに一度にのるのは1枚のみ。
外はしっかりと焼きますが、中にはほのかに赤みが残るぐらいの絶妙の焼き加減です。
いきなりステーキでステーキを焼いていたと言われても信じてしまうかもしれません。
IMG_1322
というわけで、全員でいただきますです。
IMG_1324
肉の味をそのまままずは味わい、ワサビやニンニクのすりおろし、しょうゆや塩など、お好みの調味料と一緒に口に運び至福のひと時を味わいました。
美味しいお肉を食べても良いじゃない、男の料理教室だもの。
とみつをさんが言ったかどうかは定かではありません。