家のエアコンが調子が悪いです。どのぐらい悪いかというと鬼滅の刃で言えば鬼舞辻無惨ぐらいというと、今の鬼滅ブームに乗っている人には伝わると思います。
ですから気温が冷える夕方から翌日の朝までは、設定温度を28℃にしていても指がかじかみます。
そんな中着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んだりはしていないですけど、読んではもらえぬブログを寒さこらえて書いています。でも全く読んでもらえないわけではなく、アクセスカウンターの数字を見てみると昨日で10人、今日は21人の方がこのブログをご覧になってくださっているので、精一杯気持ちを込めてセーターを編みたいと思います。
ではなくて、ブログを書きたいと思います。
本日(11月13日)、二本松市のまゆみぷらすさんで11月の男の料理教室を開催しました。
IMG_1857
男の料理教室ではまず包丁を研ぐところから始まります。
包丁を研ぐというと昔話では老婆の専門スキルみたいな感じがしますが、
男の料理教室ではそんな固定概念を覆し、「男たるもの包丁の切れ味重視」とかの有名料理人が言ったとか言わないとか、多分言ってはいないと思うのですが、道具は大事ですからね。
IMG_1863
よく切れる包丁でニンニクをみじん切りにしています。
IMG_1870
こちらではベーコンをスライス。
IMG_1876
先ほどのニンニクのみじん切りにしたものをオリーブオイルの海に投げ込んで、マグマで浸していきます。
なんのこっちゃらなのですが、トマトソースを合わせていきます。
IMG_1881
そして白い粉。というと表現がよろしくないのですが、実際には強力粉やらドライイーストやらに水を入れてこねていきます。
IMG_1886
十分にこねたら、それを10分寝かせます。
IMG_1894
それを均等に切り分けて、
IMG_1897
円の形になるように伸ばしていきます。
IMG_1904
お好みの具材をトッピングして、
IMG_1906
ピザ釜に入れて、
IMG_1907
320℃の温度で焼けば、あっという間に(実際には2分30秒)、
IMG_1911
美味しいピザの完成です。
この生地の焼き色やチーズの溶け具合を見て頂ければ、完成度は一目瞭然だと思います。
このピザを食べると冷凍ピザが食べられなくなるとある方が言っておられましたが、その気持ちが一口頬張ればすぐに分かりました。
IMG_1922
こりゃ、イタリアじゃ。
本場のピザを食べたことがないので、今一つ比較対象が定かではないのですが、その辺のお店にも負けていない味です。そしてお店ではレシピにのっていないピザはもちろん食べることは出来ませんが、自分でピザを作れば世界で一つだけのピザが作れるわけです。
IMG_1929
こんな様々なチーズがのったピザや
IMG_1938
こんなコーンがたっぷり乗ったピザだって出来ちゃうわけですからね。
って、どれもピザチェーンのメニューに載っているものですね。
IMG_1940
いつもは調理が終わったら、場所をテーブルに移動して食べるのですが、今日は熱々のピザを食べるわけですから、キッチンをみんなで囲んで焼いたら食べるを繰り返しました。
途中からはお腹いっぱいになって、低音の消防車のようにウーウー唸っていたんですが、不思議とピザが焼きあがると美味しそうな見た目と香りに誘われて、ついつい食べてしまうんですよね。
このブログをご覧になっている方がピザが食べたいなと思ってくれたら、かじかんだ指でブログを書いた甲斐があるというものです。
美味しいピザを食べて、大きな声でボーノと叫びましょう。