鬼滅の刃の映画が興業収益歴代1位になりましたね。
このブログをご覧になってくださっている方の中にも映画館に足を運んだ方もいることでしょう。
私も12月の中旬に久しぶりに映画館に行ってきました。
内容に関しては割愛させていただきますが、ホロリとする場面もあれば、手に汗握る場面もあり、あっという間の2時間でした。
興味はあるけど、まだ見に行っていないという方は是非新型コロナウイルスへの予防をしっかりして、マスクを忘れないのはもちろんですが、ハンカチやタオルなど号泣しても大丈夫な用意をして映画館に足を運んでみてください。
いやー、思い出したら胸が熱くなってきました。モニターも涙で滲んで見えなくなってきました。
というわけで、本日のブログを終了します。

って、これだと本題にビックリするぐらいに全くふれていないので、12月の学生食堂を17日に実施しました。
そもそも学生食堂は高校生や大学生などの学生と二本松市で生活する東日本大震災による避難者の方々が一緒に食事を作って、交流を図るという目的で実施しています。
しかし今年度の学生食堂はコロナ禍において、安全背を担保できないということで、参加を大学生だけに絞ったり、実施場所も集会所の中ではなく、屋外で実施したり、参加者が多くなるとコロナウイルスの感染リスクが上昇してしまうので、復興住宅の階層毎に時間を区切って開催したり、縁日形式で開催したりと試行錯誤の連続でした。
新型コロナウイルスの感染者が出ないのはもちろんですが、このような状況でも毎月欠かさずに実施できたことは、悪いニュースが多かった今年の中でも、ささやかでも小さくとも誇りです。
ちなみに悪いニュースという事で言えば、12月の学生食堂の写真をバタバタしていて取り忘れてしまいました。
参加してくれた福島大学の学生さんで、写真撮ったよという方がいたらご提供をお待ちしております。