東京2020パラリンピックも昨日(9月5日)で終わってしまいましたね。開催については色々なご意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、懸命に競技に取り組んでいる姿にはオリンピック同様に多くの感動がありました。
水泳や走り幅跳びやマラソン、そして大躍進の車イスバスケットボールなど(あくまで一例で実際にはそれぞれの種目に参加されていた選手の皆さんをリスペクトします)テレビの前で声を上げて、もしくは腕を振り上げて、熱のこもった応援をさせていただきました。
さて、腕を振り上げてと言えば、パラリンピックの応援ばかりではなく、先日福島県二本松市にある安達東高校の生徒さんから素敵なプレゼントを頂戴したとお知らせさせていただきましたが、そのプレゼントを運動教室で活用して、腕を振り上げてきました。
IMG_20210906_140404
腕、かなり振り上がっていますよね。
準備運動やストレッチの際に何も持たずに行うよりも、高校生が作ってくれたプレゼント、いつまでも名称がないと何て呼んでいいのか分からないので、この場では暫定的に「ずんだ春巻き君」と呼ばせて頂きますが、このずんだ春巻き君を持つだけで、可動域が向上したり、無理なく同じ姿勢をキープできたりします。
IMG_20210906_140345
ですから左右に身体をひねってみても、ずんだ春巻き君を持っているのとてぶらで行うのでは腰のひねりも違ってきます。
せっかく高校生が夏休みの間に作ってくれた素敵な送り物ですから、これからバンバン運動教室で役立たせて頂きます。
素敵な送り物をありがとうございました。