すぎやまこういち先生の訃報を聞きショックが隠せません。
小学生の頃、発売日当日に並んで、それでも買えなくて、フラッと立ち寄ったホームセンターみたいな所で偶然購入することが出来たドラゴンクエストⅢ。友人宅に持って行く際に「デゲデゲデゲデゲデーンデデン」という曲と共に「冒険の書が消えました」というメッセージが出たことを昨日のことのように覚えています。その後もドラゴンクエストⅣで初めてモンスターであるホイミスライムが仲間になった時の感動、ドラゴンクエストⅤでビアンカにするか、フローラにするか何日間も悩んだこと、ドラゴンクエストⅥのハッサンのせいけんづきが強かったこと、味方になったテリーがそれほどでもなかったこと、ドラゴンクエストⅦの石版集めに右往左往しながら苦戦したこと、ドラゴンクエストⅧのキャラ等身が上がり、より鳥山先生の世界がリアルに感じられるようになったこと、プレイを始めると見渡す限りの世界があったこと、ドラゴンクエストⅨ、Ⅹはやったことがないので分かりませんが、ドラゴンクエスト⑪でセーニャとベロニカが……とあまり詳しくは書かない方が良いかもしれません。それぞれに思い出があり、RPGが30年以上経った今も好きなのは、ドラゴンクエストがあったからと言っても過言ではありません。
そのドラゴンクエストをプレイすると毎回流れてくるあの曲。何回聞いても飽きることがないあの曲。ドラゴンクエストをやったことがなくても知っているであろう、そして今年の東京2020オリンピックの開会式で選手入場の際に一曲目に使われた曲といえば思いつく方もいるであろう、あの曲。
ドラゴンクエストを知らなくても競馬が好きな方であれば、誰しもが聞いたことのあるあの曲。中山競馬場のG1のファンファーレの曲と言えば、耳にすれば身が引き締まるという方も多いはずです。
そんな多くの方の心に現在進行形で今も鳴り続けている、素敵な名曲の数々を生み出してくださったすぎやまこういち先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

すぎやま先生の曲がどのように私の人生の隣りに居続けてくれたのかを書きだすと止まらないので、本題に入りますと、本日(10月7日)ちろる学校図工の時間を開校しました。
今日は何を作るのかといいますと、図工の時間らしく毛糸で犬づくりです。

IMG_2545
こんな感じです。可愛いでしょう。
可愛いと言えば、この前の日曜日、緊急事態宣言が解除になったので、栃木県にある那須モンキーパークに行ってきたのですが、そこに小動物とふれ合えるコーナーがありまして、愛くるしいモルモットがいました。そのモルモットを座って太ももの上に乗せていたら、股間の部分がじんわりと温かくなってきて、何かと思って見てみたらまるでオシッコを漏らしたみたいになっていました。
と、私の余談はさておきこの犬を作ります。
IMG_2547
先生に教わりながらまずは犬のボディづくり。
IMG_2549
ちょっとわがままボディになったり、栄養不足気味になったりしながら、形作っていきます。
IMG_2546
毛糸の種類を変えるだけで、犬種も違ったように見えたりと、奥が深い。
IMG_2550
というわけで、可愛らしいワンちゃんの完成です。
ちろる学校図工の時間では物づくりをしながら参加者同士の交流を行っています。
新型コロナウイルスの流行状況によって中止になる、もしくは延期になる場合もありますが、基本的には毎月実施していますので、興味のある方は是非ご参加ください。
一緒に楽しく物づくりを行いましょう!