最近秋晴れの日が続いていますね。どこまでも続くような澄み切った髙い空、雲一つない青を眺めていると心まで澄み渡ってきそう気持ちになります。
外をブラブラ歩くだけでも日頃の喧騒を忘れそうですし、走っても気持ちがよさそうです。
IMG_2891
そんな11月20日、二本松市の復興公営住宅若宮団地で学生食堂を実施しました。
今日は福島大学の学生が4人参加してくれました。
IMG_2897
学生さんはボランティア活動にも慣れたもので、調理もスムーズに進みます。役割分担も学生さんが自分達で誰が何をするのかを自分達で決めて、福島駅伝の選手の走るスピードぐらいの速さで決めていきます。
IMG_2898
玉ねぎを切ったり、鶏肉を切ったりしていますが、あっという間に
IMG_2905
こんな量の玉ねぎと
IMG_2904
鶏肉になりました。
更には
IMG_2914
卵もこんな量です。流石にこれだけの量ではロッキーも飲めないことでしょう。
そしてここまでの写真で何を作っているのかが分かった方もいるでしょうが、今日の献立は親子丼です。
IMG_2918
今日は全部で60食もの量を作っているので、大きな鍋にいっぱいの量です。
IMG_2920
まずは団地の皆さんに食べてもらう前に学生さんによる試食です。玉ねぎの甘みを感じることが出来て、ご飯が何杯でも食べれちゃうとのことで大成功です。
お昼から親子丼提供します、と学生食堂のチラシに書いていたのですが、団地の方の中にはフライングして11時30分頃に食事に来てくれた方もいました。とはいえ、本当であればみんなで一緒に食べたいところですが、コロナ禍のこのご時世ですから、来てくれた方の感染リスクを低下させるためにお弁当形式でお持ち帰りして、自室で食べてもらいます。
IMG_2926
予定していた60食があっという間になくなってしまいました。
多くの方に来ていただいた事に感謝しかありません。