本ブログの更新も事業を実施した際には、その後の情報発信は本来であれば某牛丼屋さんのように、「早く、安い、美味い」をモットーとしております。「早く」は迅速に記事をブログに上げる、ということで意味は分かりますが、「安い」は元々が無料ですし、むしろ読んでいただいてありがとうございます、金一封を御礼にお渡しさせていただきます、というぐらいの気持ちです。「美味い」に関しても私の文章が「上手い」になるように日々文章で伝えるスキルを向上させるために滝に打たれたり、走りこんだりしているかというとそんなこともなく、日々を徒然なるままに過ごしているので、一向に文章スキルは向上せんとです。
そして本来であれば7月12日に安達東高校で出前講座を行ってきたので、当日、もしくは翌日には記事をブログに載せたいところだったのですが、身内に不幸がありまして更新が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
というわけで、ここからが本文です。
前回の出前講座ではレクリエーションとはどんなものなのかを私が実践したり、お伝えをさせて頂きました。今回は安達東高校の生徒さんたちが地域の集まりでレクリエーションをやる場合には、自分たちでどんなレクリエーションを行うのかを検討してもらいました。
IMG_3609
男子生徒にはパークゴルフをこれから行う方に対するレクリエーションはどんなことをするのが相応しいか、
IMG_3613
女子生徒には運動教室に参加している方に対するレクリエーションはどんなことをするのが相応しいのかについて検討してもらいました。
この場面設定は闇雲に決めたわけではなく、今秋に実際にそれぞれの場所に行って、実際にやってもらう場面設定ということもしっかりとお伝えさせていただいたので、生徒さんは真剣な面持ちで話し合いを行っていました。
レクリエーションはただやれば良い、相手が楽しんでくれれば良いという面もありますが、その相手方が求める内容でなければなりません。
IMG_3612
安達東高校にはレクリエーションに関する書籍も多数ありましたので、本も参考にしながら歌やストレッチ、参加者全員で楽しめるようなゲームなど、どんなことをどんな段取りで行うのか、誰がどのレクリエーションを担当するのか等について決めていました。
今後実際に参加した方の笑顔も含めて、実践の様子もお伝えさせていただきますので、楽しみにしていてください。