カテゴリ: 大人食堂

ブログの更新が異物がつまった排水溝のように滞っていたので、
心配をしてくださった方やせっかくブログを見たのに更新されていないじゃないかと怒り心頭の方もいたかもしれません。
令和3年1月から福島県でも緊急事態措置及び感染拡大防止対策がとられました。
当法人で実施している事業は人が集まり、一緒に食事を作って食べる大人食堂や男の料理教室、学生食堂などの事業を実施しております。
ですので新型コロナウイルスの感染リスクが高まってしまうので、事業を実施するかどうか非常に悩みました。それこそ悩んで、夜も眠れない為免疫力が低下して、感染リスクも今年に入ってからの日経平均株価ぐらいに上がってしまうんじゃないかと心配になったくらいです。
でも実施しなかった場合には、それぞれの事業を1ヶ月楽しみに待ってくれていた方の楽しみを奪うことになります。外出の機会も1回奪うことになります。事業に参加した場合の笑顔もお友達との交流も奪うことになってしまいます。非健康リスクを考えたら、やらないことよりもやることの方が実害も大きくなるんじゃないかということで、食べる事業に関してはみんなで一緒に作るところまではこれまでと同様ですが、これまではその後一緒に食べて、お話をしてということをしていましたが、1月からはお弁当箱やタッパに詰めて解散するようにしました。
本当は食事をしながらのトーク、食後のトークを楽しみにしてくれている方もいるとは思うのですが、そこは少しでも感染リスクを減らすための工夫の一つとご理解いただいての実施です。
というわけで、バタバタしているので、ここ最近の写真がないのですが、
昨日(2月15日)に2月の大人食堂を実施しました。
献立は
・ブリの照り焼き
・冷奴
・キュウリのキムチ添えon納豆
・刻みトロロ
・スイーツにバナナフレグラヨーグルト添え
メインのブリの魚料理から豆腐、お漬物、ご飯にかけるトロロ、デザートまである、料亭で出されたら「これじゃ」と大きく頷くような内容となりました。
文章で「大振りのブリの切り身からはほんのりと湯気が出て、まるでお湯という大海原を旅してきたようだった。キュウリのどてっぱらには風穴が空いており、そこに所狭しとキムチが詰められていた。一見すると万華鏡のようだったが、よく見るとやはりキュウリに違いない」とかいくらでも書けてしまうのですが、写真一枚の説得力には敵いません。
参加者の皆さんのマスクをつけながらのトークやこういうご時世でも楽しい雰囲気も、文章で説明してもやはり笑顔の写真一枚には敵いません。
というわけで、負け続けなのでそっとペンを置きます。
でも実際にはペンは握っていないので、そっとPCシャットダウン。

今の時期、朝5時30分ぐらいに起きると、まだ真っ暗なんですよね。
準備運動をして、6時くらいに家を出て、暗い中走っていると少しずつ空が白んできます。
今日も一日が始まるのを実感すると同時に、当たり前のことなんですけど太陽が今日もちゃんと顔を出してくれた事に感謝の気持ちが自然と湧いてきます。
電気や提灯なんかもないような時代に、太陽を神として崇めた古代の人たちの気持ちが少し分かるような気がします。
そして本来だったら昨日(12月7日)に実施した12月の大人食堂のブログを昨日のうちにアップする予定でいたのですが、遅くなってしまって今日ブログを更新するためにこのページを開きました。
そうすると昨日や今日どのぐらいアクセスがあったかの件数が出てくるんですけど、昨日70件、今日15件と一体何があったんですか?と聞きたくなるぐらいに昨日から今日にかけて多くの方がブログを見に来てくださったようです。
昨日なんて(というか、当分前から)何も更新していないわけですから、そんなに多くの方が見に来てくれるんだったら、なにしかしら気の利いた文章を書いておけば良かったような気がしますが、そもそも気の利いた文章なんてパソコンの前でウンウン唸っても出てくるわけもなければ、逆さになって頭に行く血を多くしてみたって出てくるわけもありません。
スヌーピーだって「配られたカードで勝負するしかない」と言っていますから、なんでもっと定期的にブログの更新をしないんだろうとか、なんでもっとイケメンに生まれなかったのだろうなんて嘆いても仕方ないことです。
今の自分は常に過去の自分の集大成なわけですから、今の自分でどんな場面も乗り切るしかないと、割り切ることって重要ですよね。
今放送しているケンタ〇キーのCMでも「スヌーピーって哲学なの」というセリフがありますが、本当にスヌーピーってハッとさせられる名言に満ちていますよね。
私の好きな言葉は「同じことを考えても、夜中の3時と翌日の昼じゃ答えが違ってくる」です。
スヌーピーと宇宙兄弟は哲学書として読んでもないぐらいに、示唆に富んでいて、深く考えさせられます。

おっと、ここで本日の12月の大人食堂のブログが終了するところでした。
まだ内容について一言もふれていないのにも関わらずに。
夜の9時50分に書くブログと昼の10時に書くブログじゃ内容も違ってくるでしょうし、なんの根拠もないけど昼の方が良い文章が書けるような気がするからこれで終わりにしようかしら、とかも考えるのですが、それだとあまりに進歩がないので、一応簡単に、それでも今日書きます。
IMG_2059
参加者の皆さんは野菜を切っています。
何で野菜を切っているのかと言いますと
IMG_2066
伸ばした生地の上にダイブさせるためです。
というわけで、何を作っているか分かりましたね。IMG_2072
そうです、ピザです。
IMG_2079
一人一枚ずつ生地を伸ばして、思い思いの具材をトッピングして、オンリーワンのピザを作ったので、10枚以上のピザが焼きあがりました。それを切り分けて、みんなにおすそ分けをして食べ合ったので、食べ始めてからの後半は10ラウンドのゴングが鳴って、激しい打ち合いの末に自分のリングサイドにようやく帰ってきたボクサーみたいに、ぐったりして何かに寄りかかっていないと立っていられないような様子でした。
「立て、立つんだジョー」と丹下段平ならリングサイドから叫びそうですが、皆さん寄りかかりながらでも立っていました。

アメリカ大統領が決定しそう、というかほぼほぼ決定したんですかね。
大方の予想通りの結果になって、ほっと胸を撫でおろした方もいらっしゃるでしょうし、アメリカファーストの思想が破れ残念がっている方もいるかもしれません。
でも周りで大統領が決定したと言っていても、当の本人が敗北宣言をしているわけではありませんし、ここ最近の選挙では勝利宣言をして大統領が決定するのではなく、敗北宣言をした時に初めて大統領が決定するとのことですから、まだどうなるのか分かりません。でも法廷闘争まで持ち込んで、大統領の空白期間をつくるというのは、決してアメリカにとって良いことだとは思えないのですが、それだけ諦めが悪い人でないと大統領にはなれないのかもしれませんし、我を貫く人じゃないと大統領として各国首脳と渡り合えないのかもしれません。
しかしいずれにせよ一つの時代が終わって、また新しい時代になるというのは希望に胸が膨らむものです。
これが失望で膨らんだ胸が前にもまして萎んだりしないことを願うばかりです。
そして萎んだり膨らんだりということでいけば、今日はお腹が膨らむ事業を実施しましたので、ご報告をさせていただきます。
その名も11月の大人食堂。
IMG_1844
マスク越しでも真剣な表情で、何かを話し合っているのが伝わってきますね。
討論テーマは「北海道で新型コロナウイルスの新規感染者が200名を超えたという事で、新型コロナウイルスは気温が下がってくると活発に働くことで感染リスクが上昇するか」についてです。
やはり新型コロナウイルス関連の議題だと他山の石ではなく、我が事として話すことになるので、議論も活発になります。
と実際にはそんなことはなく、今日作るぼたもちをどのぐらいの大きさで一人何個にするかについての話し合いです。多々益々便ずと言いますから、多ければ多いほど良いという人もいれば、キチンとお腹に収まるくらいが良いという方もいます。それらを弁証法的に検討を重ねた結果、
IMG_1848
このくらいの量になりました。
あんことエゴマのぼた餅です。更にはこれでもかというぐらいに具材が満員電車のように詰まったトン汁です。
エゴマはじゅうねんとも言われ、食べると寿命が10年長くなることからじゅうねんと言われるようになったらしいので、きっと本日の大人食堂の参加者の皆さんは益々元気に長生きしてくれるに違いありません。
と、完成した写真が先に来てしまいましたが、
IMG_1836
エゴマをまだニャーと鳴けないぐらいの猫を撫でる時のように優しく撫でながら、粒を滑らかに潰していきます。
IMG_1845
そしてもち米にまぶしていく、というべきなのかあんこやエゴマで包んでいくというべきなのか、とりあえずもち米という箱入りお米を社会という名の荒波から守るべく、あんこやエゴマでガードしていきます。
大事な家屋を守るように、もち米も守るアルソッ〇と言ったところでしょうか。
IMG_1841
トン汁だって大人数分を作りますから、色々な野菜からそれぞれのうま味がとめどなく出て、それが一つの鍋の中にギュッと凝縮していますから、美味しくないわけがありません。
そんなにギュッとして良いのかしらと心配になるくらいに濃縮された野菜のうま味、根菜類の玉手箱と言ったところでしょうか。って、玉手箱に例えるのはパクリなような気がしますし、玉手箱は開けたら煙が出てきて、参加者の美魔女がより一層の……
と、余計なことは割愛させていただきまして、
IMG_1847
このような感じでお互いに楽しく和気あいあいと調理をして、食しました。
なお何気にぼた餅と記載させていただきましたが、もしおはぎと呼ぶべきだったなら訂正させていただきます。
これがおすぎでも訂正させていただきます。って、おすぎさんやぴーこさんではないですよね。

秋晴れってなんですか?
と言いたくなるくらいに今年の秋は日照時間が短いような気がします。
晴れているところもあるのかもしれませんが、残念ながら福島県は曇りか雨の日が多く、洗濯物が外に干せないと嘆いている方や、稲刈りが出来ないとぼやいている方もいらっしゃる事と思います。
ちょうど一年前の昨日は台風が日本列島、特に東日本に甚大な被害をもたらしました。
私は福島県の大玉村に住んでいますが、すぐ隣りの本宮市でもお亡くなりになられた方もいましたし、家屋にも水が上がったりしました。郡山市や須賀川市も同様です。
台風が来るたびに昨年の事が思い出されて、今年は何事もなければ良いと祈るような気持ちで台風の進路予想を眺めているのは私だけではないはずです。
台風と言えば夏から秋にかけての風物詩という言い方はおかしいかもしれませんが、秋の風物詩と言えば皆さんは何を思い浮かべますか。
秋刀魚?
だめです、今年は高くて買えません。
キノコ?
そうですね、秋と言えばキノコ。スーパーマリオでもおなじみのキノコ。手塚治虫先生の名作ブラックジャックでもおなじみのキノコ。
すいません、間違えました。ピノコでした。
というわけで、10月12日の大人食堂ではキノコをふんだんに使った料理を作りました。
IMG_1374
まずはキノコに添えるカボチャ。バスケで言えばボールに添える左手のようなもので、キノコばかり食べてるわけにもいかないですから、添えるものも大事になってきます。
IMG_1382
次にニンジン。もう師匠と呼ばれるぐらいに大ベテランのみなさんですから、まな板なんて使わねぇ。手裏剣を投げるような手の動きをしながら、次々とニンジンが小さく細切れになっていきます。
全集中、ニンジンの呼吸。
IMG_1384
そして登場のキノコ。これはなめこ。キノコ嫌いの私は昔どうにかしてキノコと親しくなろうとして、お菓子のキノコの山を食べて形から慣れようとしたことが思い出されます。
結局親しくはなれませんでしたけど…。
IMG_1387
それで完成した本日の料理がキノコの炊き込みご飯にカボチャの煮つけ、インゲンの胡麻和え、キノコの味噌汁です。
IMG_1388
ここまで来たらあとはみんなで食べるだけです。
全集中、食の呼吸。
一の型、大口開け。
すいません、度々今の流行に乗ってしまいました。
もうすぐ鬼滅の刃映画もやりますし、盛り上がっていますね。

自民党新総裁が決まりましたね。
官房長官から総理になって日本の政治がどうなっていくのか、世界中が固唾をのんで見守っていることと思います。
とりあえずは生活に直結するところだと官房長官時代に「日本の携帯電話高すぎ」って仰っていましたから、携帯電話の料金が下がったら、ありがたいですね。それと地方銀行の再編があるかもしれません。その発言があってから福島銀行などの地方銀行の株価が上昇しましたからね。
そんな日本の転換期(といっても、安倍総理の路線を継承するでしょうから、転換はしないかもしれませんが、今後解散総選挙と今後なれば、やっぱり今日が転換期になりますよね)を迎えた本日(9月14日)に、二本松市にある認定こども園まゆみぷらすさんの場所をお借りして、大人食堂を実施してきました。
IMG_1193
ジャガイモを切っています。ジャガイモの皮むきがカルビーの機械と肩を並べるんじゃないかってぐらいに、早くて丁寧です。これだけ皮がどこにもついていないぐらいに綺麗に剥かれたのであれば、ジャガイモとしても本望なはずです。「おいら、フレッシュなピカピカの一年生になっただよ」という声が聞こえてきそう、という感想をもし抱いたとしたら危険な兆候です。
IMG_1197
こちらではナスを剥いています。ナスはこの黒い皮がなんとなくナイキのマークみたいな感じです。
ナイキと言えば「JUST Do IT」、つまり行動あるのみという事を口ではなく、皮むきで示すなんて素敵ですね。
IMG_1199
そしてこちらでは揚げてますね。人数が人数ですから、これでもかというぐらいに揚げています。
今菜箸を油の呼吸、伍の型跳ねると危険を放っているところです。
なんだか多方面から厳重注意が入りそうなので、ちゃんと記事を書こうと思います。
反省。
IMG_1202
一方で揚げ物を作っているかと思って、ふりかえるとサラダの盛り付けをしていました。
今日は一方が揚げ物ですから、他方はさっぱりと一つの皿の上にもメリハリを忘れない、素敵なお姉さん達です。
IMG_1206
横を見ると、これでもか!ってぐらいに具材がたくさん入ったお味噌汁。
この味噌汁を飲む、これだけ具だくさんだと食べる味噌汁って表現の方がぴったりですけど、これ一杯でお腹もいっぱいに、そしてこんな美味しいのを食べて胸いっぱいになること間違いなしです。
IMG_1207
そして完成したから揚げプレートがこちらです。
から揚げには下味がしっかりとついていて、何もつけなくても美味しいですし、ソースなどをかけても美味しいし、迷うところです。
参加者の方が持ってきてくれた中井貴一さん、じゃなかた、プルーンも載ってフルーツも完備です。
IMG_1208
美味しい食事が出来ると、そりゃ参加者の皆さんもこんな素敵な笑顔になりますよね。
食べるのももちろんですけど、
IMG_1213
食べた後の後片付けも全員一緒に協力して実施しています。
大人食堂は参加者の方が今年度になって増えて、より一層ワイワイ新型コロナウイルスに負けないで活動しています。興味のある方や参加してみたい方は是非お問い合わせください。
と、締めの文章を書いたところでFacebookで今回から書くつもりだったのが、いつものブログに書いてしまいました。習慣や慣れって怖いですね。

↑このページのトップヘ