カテゴリ: 男の料理教室

暑いと食欲が世界恐慌の時の株価のように下がるものです。
暑くて、だるくて、食欲が湧かない、何も食べたくないという方もいると思います。
家族でラーメンを食べに行っても、子どもがラーメンを食べるのが遅くて、店主がラーメンを持って行こうとして父親が「子どもがまだ食ってる途中でしょうが」と叫ぶかもしれません。
ラーメンのくだりは暑さとも食欲とも全然関係なく、ただ「北の国から」の名シーンです。
北の国からで私達に感動をくれた黒板五郎役の田中邦衛さんのご冥福を心からお祈りします。

と相変わらず本文とは関係のない前文になってしまいましたが、本日(7月16日)7月の男の料理教室を実施しました。これまでも何度もブログで書いたような気もしますが、しないような気もするので、改めて男の料理教室とは何ぞやということについて、簡単に説明します。
このブログを読んでくださっている男性の方で日常的に厨房に立っています、毎日料理を作っていますという方はどのぐらいいるでしょうか。
また男性で毎日誰かと食事をしています、という方はどのぐらいいるでしょうか。男性の場合、1人で食事をするのと誰かと一緒に食事をするのを比べると、1人で食事をする方がうつ傾向になるリスクが2.7倍も上がってしまうそうです。
というわけで、男の料理教室は男性の食の自立と孤食防止のために行っている事業です。
ここで本日の献立当てクイズをしたいと思います。
20210716_111001
まずは食材です。茹でた豚肉と奥の緑はネギでしょうか。
ここで当てたら100ポイントです。
それでは次の写真です。
20210716_100810
右のビンには豆板醤と書いてあります。左のビンには酸湯醤と書いてあります。
これで分かった方もいるでしょうか。
ここで当たったら50ポイントです。
それにしても酸湯醤なんて初めて聞きましたし、存在も初めて知りました。
答えは回鍋肉でした。
20210716_102310
今年度の男の料理教室では隔月でプロの料理人さんに講師を務めていただいて、食の自立を図るだけではなく、外食に負けない料理を教わっています。
20210716_101134
というわけで、参加者の皆さんも真剣な表情で包丁を握っています。
20210716_112939
本来であればここで回鍋肉が完成して熱々の湯気が出ているぐらいのアップの写真を載せるべきところなのですが、あまりの良い匂いにシャッターを押すべき手が、箸を持つ手に変わってしまったのは言うまでもありません。

大谷翔平選手が3勝目を上げましたね。
打って良し、投げて良し、走って良しの3方の方向性は違えども、3方良しという三河商人のモットーを野球で体現している素晴らしい選手です。
もし大谷翔平選手の爪の垢というのがあったら煎じて飲んでみたいものです。
今日(6月18日)は今年3月に実施して以来となります男の料理教室を実施しました。
男性も厨房に立って、自分の食べたい料理を自分で作れるようにという食の自立を果たす事と集まった男性同士の交流を目的で開始したのですが、その包丁さばきたるや海原雄山も「うむ」と首を縦に振るしかないような腕前です。
20210618_101731
野菜を切ったり、肉を切ったり、指揮者がオーケストラを前に指揮棒を振るように、男の料理教室の参加者がまな板の上で包丁でリズミカルに音を奏でていきます。
20210618_101619
もし自分がキュウリだったら「えっ、いつの間に切ったんですか?」と切られたことに気付かない、達人が日本刀を持った、というと胡散臭くなるのでこの辺にしておきます。
20210618_112312
本日の献立は酢豚と春雨サラダ、お味噌汁の具材は玉ねぎと卵、そしてキュウリの浅漬けです。
どうです、どれも美味しそうでしょう。
20210618_112612
そして実際に美味しかったです。かなりのボリュームがあったのですが、どなたもポロリ、いやポロリしたんでは大変です。ペロリと食べられていました。
男の料理教室は毎月1回、実施しています。楽しくお話しながら料理を作りたいという男性の方の参加をお待ちしております。

「早い、安い、うまい」をモットーにしているブログの更新ですが、ここのところ生活習慣に問題がある人の血流ぐらい滞ってしまいまして、申し訳ありません。
「早い、安い、うまい」のうち早いは実践できる時と出来ない時があります。その他の安いはそもそも無料なので、問題はないとして、うまいは伝わる文章を書けたためしがないので、これまた難しいです。
ですので、「早い」に絞って話をしますと、なるべく事業を実施した当日にこんなことをしましたぜ、というのをブログをご覧になって下さる皆様にお届けしたいと思っています。
実際にブログにアクセスしてくれて何も更新がないと悲しい気持ちにもなりますし、今日(12月30日)のブログにアクセスしてくれた方が20名、昨日は85名と一桁間違えているんじゃないかしら、もしかしたら昨日の8と5の間に、ルーペで見ないと見えないぐらいの小さな点があるんじゃないかしら、と疑問に思って何度かハズ〇ルーペを使って確認してみたり、ハズキルー〇をイスに置いて、その上に座ってみたりしたんですけど、どうやら昨日は85名の方が、本日は20名の方が年末のお忙しい中、一般社団法人ちろるのブログを読んで下さるためにアクセスをしてくださったということで、本当にありがたいことです。
その全国の皆さんへ感謝の気持ちをお歳暮をもってまわりたいぐらいなのですが、どこに住んでいるかも分からないので、せめてアクセスして下さった時に「おっ、また更新してるじゃないの。やるじゃん、ちろる」と思ってもらえるようにしていきたいものです。
というわけで、12月の男の料理教室を12月11日に実施しました。
IMG_2097
肉や玉ねぎを小さくカットしていきます。
IMG_2116
それを加熱して、野球で言えば8回裏、1点リードの場面で抑えの切り札を投入するように、玉ねぎにシャキシャキの食感が残っているうちにケチャップを投入します。
IMG_2125
ジョジョの奇妙な冒険でディオがジョセフの肉体を奪ったときの「なじむ、なじむぞ」と言ったように、ご飯を入れてなじませていきます。
IMG_2132
そしてクレーターまで再現した満月のような玉子で包みます。
IMG_2134
思春期の子どもと関わる時ぐらいに繊細にご飯を玉子で包んで、外敵からの悪意から守っているところです。
ということはなく、オムライスと油揚げと白菜たっぷりのお味噌汁の完成です。
IMG_2135
今年最後の男の料理教室はオムライスという、なんだか勝手なイメージですけど、可愛らしい献立となりました。
令和3年になっても男性の食の自立と横のつながりを創るための男の料理教室を継続していきますので、興味がある方は是非ご参加ください。
台所に立つのが楽しくなるはずですし、男性同士の素敵な出会いもあるはずです。

家のエアコンが調子が悪いです。どのぐらい悪いかというと鬼滅の刃で言えば鬼舞辻無惨ぐらいというと、今の鬼滅ブームに乗っている人には伝わると思います。
ですから気温が冷える夕方から翌日の朝までは、設定温度を28℃にしていても指がかじかみます。
そんな中着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んだりはしていないですけど、読んではもらえぬブログを寒さこらえて書いています。でも全く読んでもらえないわけではなく、アクセスカウンターの数字を見てみると昨日で10人、今日は21人の方がこのブログをご覧になってくださっているので、精一杯気持ちを込めてセーターを編みたいと思います。
ではなくて、ブログを書きたいと思います。
本日(11月13日)、二本松市のまゆみぷらすさんで11月の男の料理教室を開催しました。
IMG_1857
男の料理教室ではまず包丁を研ぐところから始まります。
包丁を研ぐというと昔話では老婆の専門スキルみたいな感じがしますが、
男の料理教室ではそんな固定概念を覆し、「男たるもの包丁の切れ味重視」とかの有名料理人が言ったとか言わないとか、多分言ってはいないと思うのですが、道具は大事ですからね。
IMG_1863
よく切れる包丁でニンニクをみじん切りにしています。
IMG_1870
こちらではベーコンをスライス。
IMG_1876
先ほどのニンニクのみじん切りにしたものをオリーブオイルの海に投げ込んで、マグマで浸していきます。
なんのこっちゃらなのですが、トマトソースを合わせていきます。
IMG_1881
そして白い粉。というと表現がよろしくないのですが、実際には強力粉やらドライイーストやらに水を入れてこねていきます。
IMG_1886
十分にこねたら、それを10分寝かせます。
IMG_1894
それを均等に切り分けて、
IMG_1897
円の形になるように伸ばしていきます。
IMG_1904
お好みの具材をトッピングして、
IMG_1906
ピザ釜に入れて、
IMG_1907
320℃の温度で焼けば、あっという間に(実際には2分30秒)、
IMG_1911
美味しいピザの完成です。
この生地の焼き色やチーズの溶け具合を見て頂ければ、完成度は一目瞭然だと思います。
このピザを食べると冷凍ピザが食べられなくなるとある方が言っておられましたが、その気持ちが一口頬張ればすぐに分かりました。
IMG_1922
こりゃ、イタリアじゃ。
本場のピザを食べたことがないので、今一つ比較対象が定かではないのですが、その辺のお店にも負けていない味です。そしてお店ではレシピにのっていないピザはもちろん食べることは出来ませんが、自分でピザを作れば世界で一つだけのピザが作れるわけです。
IMG_1929
こんな様々なチーズがのったピザや
IMG_1938
こんなコーンがたっぷり乗ったピザだって出来ちゃうわけですからね。
って、どれもピザチェーンのメニューに載っているものですね。
IMG_1940
いつもは調理が終わったら、場所をテーブルに移動して食べるのですが、今日は熱々のピザを食べるわけですから、キッチンをみんなで囲んで焼いたら食べるを繰り返しました。
途中からはお腹いっぱいになって、低音の消防車のようにウーウー唸っていたんですが、不思議とピザが焼きあがると美味しそうな見た目と香りに誘われて、ついつい食べてしまうんですよね。
このブログをご覧になっている方がピザが食べたいなと思ってくれたら、かじかんだ指でブログを書いた甲斐があるというものです。
美味しいピザを食べて、大きな声でボーノと叫びましょう。

今日の福島県の大玉村から見上げた空には一面のうろこ雲が広がっていました。
秋の空ですね。そして天気予報を見ると明日は天気が崩れる予報ですから、うろこ雲が出ると天気が崩れるというのは本当なんですね。
ここ数日聴いている曲の歌詞に
「君の一歩は僕より遠い
間違いなく君の凄いところ
足跡は僕の方が多い
間違いなく僕の凄いところ」
というのがあり、他者へのリスペクトもしつつ、自己も肯定する素晴らしい歌詞だと思って聴いています。
10月18日に隣市の本宮市で駅伝があるのですが、この歌詞を駅伝に直すと
「君のタイムは僕より早い
間違いなく君の凄いところ
走っていた時間は僕の方が多い
間違いなく僕の凄いところ」
これだったら例えタイムが遅かったとしても、それだけ長い間走っていられた自分を褒めてやれそうですよね。
去年は台風の影響で中止になってしまったので、今年はコロナ禍であったとしても駅伝を実施できるというのは嬉しいことです。
そして、そんな駅伝を明後日に控えた10月16日に男の料理教室を実施しました。
IMG_1430
男の料理ですから、旬な食材を豪快に取り入れるのがモットーなのですが、今回は鮭1尾。
IMG_1434
これを自分たちでさばいていきます。
見事な腕前で卸されていくので、鮭も心なしか嬉しそうな表情をしています。
コロナ禍においてトランプ大統領を除いて、多くの人がマスクをしていますから、例え魚であっても口角の角度までしっかり見たのは久しぶりな気がします。
IMG_1437
イクラを取り出します。
イクラを潰したりしないように、繊細な作業が必要になるのですが、慣れた手つきです。
IMG_1448
切り分けた鮭に熱湯をかけていきます。
IMG_1451
と同時に、豪快な具だくさんのお味噌汁も準備中。
IMG_1452
イクラを丁寧に一粒一粒とりわけて、醤油に漬け込みます。
IMG_1467
そして完成したのが、こちらのはらこ飯。はらこ飯って全国の皆さんが食べているのかと思っていたら、宮城県の郷土料理なんですね。イカ人参も同様に全国の人が当たり前のように食べているのかと思っていたのに、福島県の郷土料理だったという事を知った時と同じような驚きです。
IMG_1466
新鮮な鮭だからなのか、作っている皆さんの腕が良いのかは分かりませんが、ちっとも臭みがなく、鮭とイクラの味付け、それに米の味付けも絶妙で、一人前がかなりのボリュームだったのですが、ペロリと平らげていました。

↑このページのトップヘ