カテゴリ: 地域福祉

消費税率が10%から上がったら、生活に直結する増税になるわけですから、コロナ禍でただでさえ収入が減少している、もしくはなくなってしまった世帯が多い最中ですから、大ダメージになることは間違いないですよね。菅官房長官が昨日(9月10日)の番組で「将来のことを考えたら、行政改革を徹底したうえで消費税率を上げざるを得ない」と発言し、本日(9月11日)の記者会見では「今後10年ぐらい上げる必要はないと言った安倍首相と同じ考え」と仰っていました。
今後10年は消費税率が10%のままなのでホッと胸を撫で下ろすべきなのか、10年間の間に景気が上昇して失業率も低下するような政策を実施したうえで誰もが納得した中での消費税率増税になるのか、はたまた行政改革の徹底や社会保障の拡充も踏まえて10%以上にすべきなのか、するとしたらいつの時期にどのぐらい上げるのか、興味は尽きません。
でもとりあえずあいみょんの『空の青さを知る人よ』を聞きながらブログを書いていると、タイトルが空の青さを知る人と言っておきながら、サビでは赤く染まった空からと、空の青さを知っている人と今の空の色が赤の自分との対比をしているのかしら、とか将来の増税よりも今のあいみょんに思いを巡らせてしまうのが、自分の悪いところですね。ちなみに今の空の色は灰色です。
そんな空の色を気にかけた昨日も安達東高校の1年生に地域福祉とはなんぞや、という出前講座を実施してきました。
IMG_1153
高校生に福祉って、なんだと思いますかという質問をしたところ、「高齢者の介護」「高齢者が住みやすいこと」など高校生にとっては、福祉=高齢者というイメージがあるのかもしれません。もちろん一事が万事ではないですから、それ以外の考えをもっている高校生も多数いるとは思いますが、福祉とは高齢者ばかりではなくて、児童福祉もあれば、障がいがある方の福祉など、様々な福祉の対象があり、地域福祉とは地域に住む誰もが住みやすい状態を創っていくことで、誰かにとって住みやすい地域は自分にとっても住みやすい地域になるよということを伝えてきました。
IMG_1166
一般社団法人ちろるで福祉の総論的な話をした後には、前回に引き続き障がいがある方への福祉活動を実施しているコーヒータイムさんに事業所の取り組みや障がい者福祉とはなんぞやという話をしていただきました。
そして今回も
IMG_1168
コーヒータイムさんで作っているボールペン作りを生徒さんにも体験してもらいました。
IMG_1174
ボールペンに自分の好きな色の糸を巻いていくのですが、これが
IMG_1182
これだけ様々な色があるので、どの色にするか、どの順番にするかで、生徒さん達の個性が発揮されます。
IMG_1191
そして完成したのがこちらのペンです。中には2色の糸を同時に巻きつけるという既存の発想を超えた作品も見られました。伊坂幸太郎さんの『逆ソクラテス』の中にも疑うべきは自分の先入観や偏見というテーマの作品がありましたが、糸を巻く際には1色のみという固定概念を覆してくれた生徒さんのアイデアを受けて、もしかしたらコーヒータイムさんでもこれまでのペンよりも、更にバリエーション豊かな作品が生まれていくかもしれません。
そして前回と今回の講座に参加してくれた安達東高校の1年生の多くの生徒さんの福祉とは高齢者福祉という先入観を、今回の講座を通して覆せたのなら成功です。
前回のブログの際にも書きましたが、今回の活動はJ-Coin様の助成金を受けて活動をしておりますことを申し添えます。
なお、現在このブログのまま継続していくか、Facebookへ活動報告の舞台を移すか検討しています。
なるべく多くの皆さんに情報が届くようにするためにはどのフォーマットが一番いいのか模索しておりますので、もし皆様からこうしたら良いんじゃないか等のアドバイスを頂戴できたら幸甚です。

朝天気予報を見ていると、本日(9月8日)の予想気温が福島県は35度。9月ももうすぐ中旬に差し掛かろうとしているのにも関わらずに、35度って残暑じゃねぇ。夏本番じゃ!と千鳥のノブさんだったらツッコミそうな気温ですが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。
台風10号が日本を通過しましたが、テレビを見てその被害の状況を見ていると、自然の力の恐ろしさを改めて実感します。私が住む福島県に来るころには、かなり台風の勢力が弱まって昔ファミコンで楽しんだスペランカーの主人公ぐらいの力しかなくなっていても、それでも十分に雨風を強く感じます。昨年台風19号は福島県内に河川の氾濫をはじめとして非常に多くの災害をもたらしたのは記憶に新しいです。
それでも900台前半のヘクトパスカルの勢力が直撃した沖縄から九州地方では、この辺で感じる台風とは違うんでしょうね。風で建物が倒壊したり、車が横転したりするなんて考えられないです。まして豪雨災害の傷跡も癒えていない状態で、今回の台風ですから本当に大変だったと思います。
一日も早い復旧、復興を願っています。
もし今回の台風被害が遭った市町村で災害ボランティアセンターが立ち上がれば、すぐにでも駆けつけたいのですが、コロナ禍において県外からのボランティア受け入れはしないでしょうから、もし台風10号の復旧募金等があれば大目に募金をします。
ということで、福祉というのはよく耳にする言葉ではあるけれども、抽象的で分かりにくい。
これが高齢者福祉とか障がい者福祉というと高齢者福祉だったら、高齢者の方に対する福祉なんだな、障がい者福祉というと、障がいがある方に対しての福祉なんだなとなんとなく想像がつきますが、地域福祉というと地域というなんだかぼんやりしたものに福祉という目に見えないものがくっついているわけですから、なんとなくイメージがつかない。
でも地域福祉とは何か特別なことや特別な状態ではなくて、私たち一人一人が今出来ることを出来る範囲で行うことによって、自分の住んでいる地域やそれ以外の地域の人の誰もが今よりももっと住みやすい地域になる事なんだよ、というお話を二本松市にある安達東高校さんの一年生にしてきました。
IMG_1112
生徒さん達に興味をもってもらえるように某有名海賊漫画や某有名ちびっこ探偵漫画を取り入れた内容にしたのですが、残念ながらジェネレーションギャップがあったようで、今は某有名動物を使った森(やったことがないのでイメージです。動物を使った森って意味が分かりませんね。動物が島で色々思い思いの過ごし方をするゲームと言った方が実際の内容に近いんですかね)が流行しているとの事なので、今度は動物が集まる森の話や某有名明治時代を舞台に鬼を退治する話を取り入れて、もっと興味関心をもってもらえるような内容にしたいと思います。
IMG_1119
一限目で私ども一般社団法人ちろるで地域福祉とはという福祉の総論的なお話をさせていただき、二限目では震災前には浪江町で事務所を構えていましたが、現在は二本松市で3ヶ所の事業所を展開しているコーヒータイムさんに障害福祉とはなんぞやというお話やコーヒータイムさんではどのようなことを取り組んでいるのかについてのお話をして頂きました。
IMG_1125
そしてコーヒータイムさんで行っている世界で一つだけのペンづくり体験もさせていただきました。
ボールペンに自分の好きな色の糸を巻いて、オリジナルのペンを作るというものなんですが、やってみると配色をどうしようかと迷います。でも生徒さん達はそれぞれ自分の好きな色を巻いて、オリジナルなボールペンづくりを体験していました。
IMG_1148
こちらが完成したペンです。どれも個性が出ていて素敵ですよね。
コーヒータイムさんでは利用者さんと職員さんがこのペンを作ったり、二本松の復興公営住宅石倉団地の前でカフェをしていたり、二本松駅前にある市民交流センターで様々な商品の販売をしています。
ちなみにこのペン(これは生徒さんの作った作品ですが、コーヒータイムの方々が作ったもの)も市民交流センターで購入することが出来ます。色がカラフルというだけではなく、握りやすくて使いやすいです。
浪江町に出来た道の駅なみえ内でも購入することが出来ます。なんとあのももクロとのコラボ商品ですので、ファンの方も是非この機会にお買い求めください。
今日の福祉の出前講座を通して、生徒さんの中で少しでも福祉についての理解が深まり、地域の中には様々な人がいて、その中には自分と同年代の人もいれば、自分よりも年上の人も年下の人もいれば、障がいがある人もない人もいる。それらすべての人が今よりも住みやすい地域になれば、それは誰にとっても住みやすい地域になる。そのためには誰かがではなく、自分たちも含めて出来ることを出来る範囲でやっていこうという事や、障がいと一言でいっても、その中には様々な障がいの種類があり、どのような事をして社会参加をしているのかについての理解が深まってくれたらと思います。
なおこの活動は公益財団法人パブリックソース財団様のJ-Coin基金を受けて活動しております。
また一般社団法人ちろるでは福祉の出前講座を受け付けておりますので、うちにも来てもらいたいという場合には是非chiroru2018@gmail.comにご連絡ください。

8月24日、安倍首相の首相在任期間が歴代1位になりました。
2799日間も首相を務められるというのは、一体どのような心境なのでしょう。
一国のトップとして様々な判断を下さなくてはならないわけですし、首相になってからは様々な自然災害や経済対策、東京オリンピック、新型コロナウイルス対策とどれか一つだけでもお腹一杯になるような出来事が立て続けに起こるわけですから、そりゃ健康診断や追加検診ぐらいそっと行かせてやれよ、と思ってしまいます。いちいち「私の健康診断の結果、血圧は上が130、下が70、心拍数は65でしたが、私の健康診断の結果をアメリカのトランプ大統領に相談したところ、二人の内容は完全に一致しました」なんて野党の要求に応えて説明をしなくてはいけないとしたら、もっとまともな質問をしろよと首相であることに嫌気がさしてしまいそうです。
さて、そんな歴史的な1日の少し前、8月22日土曜日に新型コロナウイルスの影響で、経済的にも精神的にもダメージを受けている人は多数いらっしゃると思います。そんな方々に今年の24時間テレビがそうであったように新しい生活様式に沿って、皆さんに元気になってもらおうとBBQを二本松市で実施しました。
IMG_1003
イスも離れているのでみんなでワイワイという感じではないかもしれませんが、IMG_0999
感染防止のためにお互いに一定の距離を取りつつ、バーベキューの火起こしに協力してくれています。
IMG_1000
本当であれば自分で食べる肉や野菜は、自分で焼くのがバーベキューの醍醐味かもしれませんが、感染防止の為にちろるスタッフが来場者のリクエストを聞いて焼いてお渡しするというスタイルで美味しく焼かれた食材を提供させていただきました。
IMG_1015
密集するのを防ぐために、緩やかに長時間のバーベキューを実施していたら、突然の夕立。
ここで一曲、聴いてい下さい。FIELD OF VIEWで「突然」。
こういうことを書くと年齢が大体いくらぐらいだな、と分かられてしまいそうですが、1990年代のバンドはDEENとかWANDSとかそれぞれのバンド名がアルファベッドだとしても違いが分かったのが、今と来たらヨルシカとかヨアソビとか名前も曲調も似てて違いが分かりません。
これが老いなのでしょうか。
と、自分の老いのことはほどほどにして集会所の軒下や集会所内に慌てて移動しました。
IMG_1017
それでも一定の距離を開けるのは忘れません。
IMG_1043
今年はサンマが獲れない、獲れても小ぶりという声を聞きますが、サンマも網の上においてジックリと炭火であぶりました。バーベキューでサンマを焼く秘訣は最初1面をじっくり焼くこと。その間はもちろんひっくり返したりはしてはいけないとのこと。そしてサンマを裏返しにする際には箸やトングで、赤ちゃんの寝返りをそっと後押しするぐらいに柔らかく皮が剥がれないようにすることが重要との事です。
IMG_1049
そして子どもたちにとっては待ちに待った花火の時間です。
今年はどこの花火大会も中止になっていることが多いですから、例え手持ち花火であっても嬉しいですし、楽しいですし、日本人なら大好きですよね。
ここで一曲、ドリカムで「うれしい!たのしい!大好き!」
というわけで、バーベキューで美味しいお肉や魚を食べて、花火をして、多くの方の明日への活力になってくれたことでしょう。
今回の活動は中央共同募金会様の赤い羽根 新型コロナウイルス感染下の福祉活動応援全国キャンペーン「フードバンク活動等応援助成」及びふくしまNPOネットワークセンター様の「新型コロナ緊急支援助成」を活用させて頂きました。
今回助成金を活用して事業を実施することが出来たおかげで、明日からもなお一層頑張ろうと感じてくれた方や、地域の中で自分は一人ではない、助けを求めた手を出せばその手を握り締めてくれる人がいることを実感できる場になったのではないかと思います。
助成金の栄を賜れたこと、それを笑顔に変えることが出来たこと、多くの皆様に感謝しかありません。
本当にありがとうございました。


今年の梅雨は長いですね。
こんなに雨ばかり続くと、洗濯物も外に干せないし、見たこともないキノコが庭に生えているしで嫌になってしまいます。
空が青く、うだるように暑く、汗はかくけれどもいつの間にか乾いているような夏が早く来てもらいたいものです。冬来たらば春遠からじとはいえども、梅雨来たらば夏遠からじのはずなのにも関わらずに、そういう言葉がないってことは実際に昔の人も遠く感じていたのかもしれませんね。
さて、そんな7月17日に中央共同募金会様の赤い羽根新型コロナ感染化の福祉活動応援全国キャンペーンフードバンク活動等応援助成を受けて、大玉村にある武田農園さんのご協力を得て、子ども食堂の活動もしている二本松市にある認定こども園まゆみぷらすさんへお米を寄贈に行ってきました。
IMG_0465
このお米が新型コロナウイルスで影響を受けた多くの家庭のお子様達の口から入って、元気の源になってくれることを願います。

最近は晴れの日が続いています。
自宅から玄関の扉を開けて、坂を少し上ると安達太良山が顔を出しますが、見られて恥ずかしいのか赤色に染まっています。
IMG_20191104_093427

そんな11月4日、一般社団法人ちろる主催で二本松市にある復興公営住宅表団地集会所において、新そば祭りを開催しました。
IMG_20191104_102621
集会所に到着して、中にあいさつに顔を出すとテンプラの芳醇な香りが集会所内を満たしていました。表団地女子会の(一部女子じゃない人も含む)皆様が今日の新そばとセットで食べるためにテンプラを揚げてくださっていました。
今日はそばの腕前3段の大玉村在住の武田先生に来ていただいております。
IMG_20191104_095000
先生はシンクやら茹で一式の準備を外でしています。ここで青空蕎麦屋を開けるんじゃないかというぐらいに準備の良さです。
IMG_20191104_104950
さっそく先生に蕎麦を打ってもらいます。最初は先生が蕎麦打ちの一連の流れを解説付きで通して行ってくださいました。先生の所作は流れるようにスムーズで、料理上手な人が押しなべてそうであるかのように、手際が良く打ち粉が飛び散ったりすることもなく、常に綺麗な状態で蕎麦打ちが進んでいきます。
先生から一通りの流れを教えて頂いた後には、
IMG_20191104_121453
参加者も先生からのレクチャーを受けながら蕎麦打ちの体験を行ったのですが、例えば「のし棒を猫の手で撫でるように押して練ったそば粉を伸ばす」文言化するとそれだけの事なのですが、この猫の手で撫でるようにというのがなかなか出来ません。蕎麦がいつまでも伸びていきません。動きも付き合いたてのカップルのようにぎこちなくなってしまいます。
というわけで、見るに見かねた先生が伸ばして畳んで、IMG_20191104_123516
蕎麦を切るのも体験させて頂いたのですが、これまた包丁を持たない手をぐわし(ぐわしがどのぐらい通じるかは分かりませんが、切り体験をした方々の中では通じているようでした)の形にして、包丁を前に押し出すように入れて、次に切る太さに横に傾けてまた包丁を下す、
IMG_20191104_123734
この動作が難しいです。でもこれが出来ないと蕎麦の太さが均一になりません。これまで包丁を握った事のない人の料理教室初日のようなぎこちない包丁さばきになってしまいますが、いかんせん普通に生活をしていれば、なかなか蕎麦を切る機会もなければ、蕎麦包丁を持つ機会もありません。
最終的には先生がアップテンポのメトロノームみたいな速度で蕎麦を切ってくださいました。
IMG_20191104_112109
切った蕎麦を茹でるのですが、これも茹ですぎは厳禁です。先生は本日は50秒の茹で、その後水で滑りをとって、冷水でしめる。そうすることによって強いこしが生まれるそうです。
IMG_20191104_111237
表団地女性部の皆さんが作ってくれたテンプラの準備も出来上がりました。サツマイモや春菊、パプリカ、かぼちゃなど緑や赤、黄色、そして紫などが薄衣をまとって、早く口に運ばれるのを待っています。
蕎麦も打ちたて、切りたて、茹でたてが一番美味しいと言われる鮮度が命の食品ですから、美味しいものを美味しく頂くために、
IMG_20191104_111922
参加者全員で乾杯をして、さっそくいただきました。
IMG_20191104_115141
本当は蕎麦を口に運んで笑顔になっている写真を掲載したかったのですが、私の腕が未熟なもので撮ってきた写真を4回ぐらい通して確認したのですが、そんな写真はなかったとです。
でも本日の参加者アンケートには「もし先生が蕎麦屋を開いたら常連になりたい」「こしがあって最高だった」等のメッセージが書いてありましたから、満足して下さったのだと思います。
蕎麦をお腹いっぱいに食べた後には、
IMG_20191104_130608
参加者全員での豪華景品をかけてのじゃんけん大会。景品がかかっていると盛り上がりも違えば、じゃんけんの手を挙げる角度も違ってきます。50肩で腕が上がらないなんていう人も豪華景品をかけたじゃんけん大会に参加すれば、もしかしたら完治するかもしれません。
IMG_20191104_130942
本日蕎麦の先生をしてくださった武田先生は美味しいお米も作っていらっしゃって、食に関するレオナルド・ダ・ヴィンチのような万能選手なのですが、その武田先生がお作りになっているお米が景品で出ているわけですから、参加者も真剣です。
本日の新そば祭りは表団地の集会所で実施しましたが、参加者は表団地の方ばかりではなく、他の団地の方や民間借り上げの方、二本松の地元住民が子どもを連れて来てくれたりと多くの参加がありました。
このように特定の決まった人だけ、とか団地内のとかの横の連携をいかに図っていくかを模索するための時期はすでに過ぎて、団地と他の団地、団地と地元の人などよりマクロな視点をもって、多くの方に参加してもらえるような事業を実施していかねばと改めて思いました。
そしてなにより今日一番悲しかったのは武田先生には大目に蕎麦を打ってもらったのですが、参加者が多く私の食べる分がなかった、というのが心残りです。でも多くの参加者の満足げなお顔も拝見できたので、それが私のアナザースカイ、じゃなくて心を満たしてくれました。 

↑このページのトップヘ