カテゴリ: 地域福祉

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
福島県でも令和3年5月14日に新型コロナウイルス感染症非常事態宣言が発令されて、福島県民の皆様も、そして全国的にも緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用されている所にお住いの方、関白宣言を聴きながら過ごしている方、嫁にもらう前に言っておきたいことがあると思っている方、そもそも夫にする前に私の方から言ってやるわよと思っている方、色々な想いを抱えて日々生活を送っていらっしゃると思います。
一般社団法人ちろるでも事業を実施した際には速やかにどんなことを行ったのかを発信するためにブログをしたためたりはしておりましたが、ホームページ自体は令和2年度の冬で更新が止まっており、トップページの写真は新型コロナウイルス感染症が流行する前のまだマスクを着用しなくても良い時の、実際には令和元年に実施した事業の写真をいくつか載せていました。
マスク着用が当たり前になった、そしてまだその当たり前が続くことが予想されるなか、マスクを付けないで密になっていられたあの頃を思い起せる写真をそのまま使うでも良かったのですが、多くの法人がそうであるように、当法人でも新型コロナウイルスに対して様々な対策をしながら、令和2年度も多くの事業を実施してきました。どんなことをしてきたのかは今後ホームページ上にリンクの貼り方を習得したらお伝えしていくつもりですが、まずは取り急ぎでトップページの写真を変更しました。
新型コロナウイルスに負けずに、とここで少し余談になりますが、「福島県」と入力したくて「ふくしまけん」と打ったら「福祉負けん」と変換されました。誤変換なのですが、ある意味正解なような気もします。新型コロナウイルスが流行しようが福祉は負けんぞ、という気概が現われていますよね。というわけで、話を戻して、新型コロナウイルスに負けずに様々な団体様に助成金を頂戴し、東日本大震災及び福島第一原発事故の影響で、10年以上が経過した現在も避難生活を送っている方が新しい土地で孤立する事ないように食を通した交流や、季節の行事を通した交流、物作りやスポーツを通しての交流などの写真や、福祉の裾野を広げるために地元の高校で福祉の出前講座を行った際の写真などを掲載しております。
それ以外にも新型コロナウイルスの影響を受けた方への活動も実施していきましたが、相談対応の写真や食料をお渡ししている写真よりは活動の内容が伝わると思っての写真の選択です。具体的な活動に関しては令和2年度のブログをご覧になって頂きたいと思います。
令和3年度も一般社団法人ちろるでは様々な活動を行っていく予定でおりますので、今後ともよろしくお願い致します。

「運動していますか」と聞かれて、自身をもって「しています」と答えることが出来る日本人のなんと少ないことか!
という書き方をするとNHKの人気番組チコちゃんに叱られるみたいな言い回しになってしまいますけど、学生時代に部活をやっていて毎日運動していますという方を除けば、社会人になって運動習慣がある方はイリオモテヤマネコぐらいに貴重なのではないでしょうか。
何歳からでもしっかりとした運動をすれば筋力は増えることが科学的に証明されていますが、逆を言えば何歳だとしてもしっかりとした運動をしていなければ筋力は緩やかに下降していってしまいます。
だからこそ一般社団法人ちろるでは二本松市で3ヶ所、浪江町で1ヶ所の計4ヶ所で週に1回、運動教室を実施しています。なんで週に1回なのかと言いますと、一週間のうち1度でもしっかりとした運動をすると筋力の維持、向上が見込めるためです。
IMG_20201217_135634

孫子の兵法には「彼を知り己を知らざれば~」とありますが、運動においては彼を知ることはないのですけど、自分を知ることはとっても重要です。ですから運動教室が始まる前には体重や体脂肪率、内臓脂肪レベル、骨格筋率、基礎代謝量、血中酸素濃度などを測定してから準備運動、筋力アップの運動、機械を使った運動を行うようにしています。
IMG_20210222_152254
運動教室には40代から80代まで、幅広い年代の方が参加してくれています。
それらの全員とは言いませんが、多くの方が運動教室に参加してくれているうちに体重や体脂肪率、内臓脂肪レベルなどの数字は下がり、骨格筋率や基礎代謝量などの数字は上がっていらっしゃるようです。この目で見える数字で分かることで、今週は運動教室にも来たし、散歩も頑張ったし、食事も少し我慢したから成果が出ているなとか、ついつい美味しいモノを食べすぎちゃったのが如実に表れているぜよ、とか自分なりに喜んだり、悲しんだり、次への励みになったりと動機づけになります。
また肩こりが軽くなった、もしくはなくなった方、腰の痛みが和らいだ方、膝の痛みが少なくなって歩くのが大変だったけれども楽になった方など、数字では出ませんがお身体にプラスの変化が出てきた方もいらっしゃいます。
この運動教室は個々人のお身体の状態が改善され、いつまでも健康でいられるようにするという目的もあります。特に現在のコロナ禍では感染リスクを考えて以前よりも自宅で過ごす時間が長くなっていると思います。これまで外出を積極的にしていた方も自宅で過ごす時間が長くなれば、どうしても筋力が低下してしまうのは避けられません。ですから筋力の低下を防ぐというのもありますが、コロナ禍で集まる機会が劇的に減少し、それに伴って他者との交流機会も会話の機会も減少してしまいました。ですので、運動教室では運動が終わりました、はい解散です、ではなく、運動終了後にお茶飲みをしながら四方山話をしてもらっています。
よーし今日は運動教室だから出かけてみるか、と思っていただければ外出のきっかけ作りにもなりますし、外出の機会を増加させることにもなります。来れば仲間に会えます。会えば会話も弾みます。というわけで、交流機会を確保することも出来ます。
令和2年度は76回実施し、千名を超える参加者がありました。
自分の身体と心の健康は他の誰かがつくってくれるわけではありません。
いつまでも健康に、自分のことが自分で出来るように、一般社団法人ちろるでは運動教室を続けていく予定です。参加してみたいという場合には、いつどこでやっているのかお問い合わせください。もしくは私の所でもやってもらいたいわ、という要望でも構いません。
なお、この活動はパブリックソース財団様の新型コロナウイルス感染症拡大防止活動基金の助成を受けて活動させて頂いたことをご報告させていただきます。

タイトルの通りです。
日々の寒さ、そして雪の多さ。
冬眠をしていたのですが、2月13日の深夜の地震で目を覚まし、ムクムクと巣穴から出てきた次第であります。

ということはもちろんありません。
でも本当に先日の地震はビックリしましたね。
このブログをご覧になってくださっている皆様は大丈夫だったでしょうか。
怪我していませんか。
家具、家電、家屋などに被害はありませんでしたか。

私どもの事務所があるのは福島県大玉村。
普段活動しているのは福島県二本松市。
どちらも2月18日の地震では震度5強の揺れがあったそうです。

私どもの事務所は特にこれといった被害はありませんでしたが、
普段関わらせて頂いている避難者の皆様の中には家具や家電、それも冷蔵庫のように大きな家電が動いたりした方もいたようです。
復興公営住宅は3階建だったり、4階建てのところもあり、高層にお住いの方ほど揺れが大きかったと思いますので、まだ全ての皆様の安否を直接伺えたわけではないので心配は尽きません。
この心配が杞憂に終わることを切に願います。

そして昨日から今日にかけて、福島県では(おそらく本州のどこでもなのかもしれませんが)風が非常に強く吹いています。業務用扇風機でも隣りにあるんじゃないかと疑いたくなるぐらいです。いきものがかりが「風が吹いてる」と歌っていたら、「その通り。強く吹いていますね」と答えたくなるぐらいです。
というわけで、地震の片付けで屋外に出ている方がいらっしゃったら、くれぐれも風にも気を付けてながら、余震にも気を付けて、更には横から吹き付ける雪にも気を付けるという、色々なものに気をつけなくちゃいけないので、簡単に言うと無理をしないで明日出来る事は明日やるようにしましょう、ということでご自愛ください。

皆さんは何か悩みごとや心配ごとはありますか?
家族のこと、恋人のこと、テストの結果、職場での人間関係、将来のこと、新型コロナウイルスやインフルエンザ、病のことなど生きていれば四方山の悩みごとや心配ごとがあって当たり前です。
そのあって当たり前の悩みごとや心配ごとを皆さんはどうしていますか?
誰かに相談するのでしょうか。
それとも秘めたる思いの如く、胸の奥にジッと潜ませるのでしょうか。
それとも悩みごとや心配ごとを解決するために、自分で決断して自分で行動を起こすのでしょうか。
色々な方がいらっしゃることと思いますが、悩みや心配ごとがあった場合に相談したいのに相談できる相手がいなくて、仕方なく一人で抱えなくてはいけない。結果自分の中でその悩みや心配ごとが大きくなっていって、過度なストレスや精神的なすり減り、消耗となってはよろしくないですよね。
明日は明るい日と書くわけですから、明るい明日を迎えることが出来るように、
IMG_1852
本日(11月13日)よろず相談所を開設しました。
IMG_1853
開設場所は地域・子育て支援センターぷらすさんの地域交流スペース。
IMG_1854
本日はどのような相談があるか、もしくはないかは分かりませんが、大事なことは相談できる場所があるということです。そしてそういう場所があるという事を頭の片隅に入れてもらうことです。
例え今日は相談者がいなくてもチラシを受け取ってくれた方が時間がある時に電話で相談をしてくれるかもしれません。メールかもしれません。必要があればZoomだってできるわけですから、離れた対面だってできます。
相談しても問題がすぐには解決しないかもしれません。
でも誰かに話すことで悶々としている問題がハッキリするかもしれません。
話すことで少しは楽になるかもしれません。
よろず相談所は悩みごとや心配ごとを抱える方の少しでも力になれるように、明日への活力を見いだせる場になるようにしていく予定です。
なおこの活動はしんぐるまざあず・ふぉーらむ様の「だいじょうぶだよ!基金 ひとり親支援事業助成」を受けていることを末尾になりましたが、報告させていただきます。

「〇〇」はじめました、この〇〇に入る言葉で思いつくものはなんでしょうか。
中には冷やし中華という方もいるかもしれません。
ミスチルが好きな方はLOVEを入れるかもしれません。
でも私ども一般社団法人ちろるではこの〇〇に運動教室という言葉を入れることにしました。
現在日本では40歳以上になると介護保険料を支払わなくてはなりません。そして65歳になると介護保険の第一号被保険者と呼ばれるようになります。第一号被保険者の介護保険料は年金から天引きされるのですが、この天引きされる額は市町村によって違います。高額な市町村だと1万円を出してもほとんどお釣りが戻ってこないぐらい、低額な市町村だと3千円台(もしかしたら2千円台の市町村もあるかもしれません)だったと思います。どうしてそんなに市町村によって金額が違うのかと言いますと、介護保険のサービスを利用する方が多いためです。
よく「年金が安い」という言葉は聞きますが、「介護保険の第一号被保険者負担額が高い」という言葉は聞きません。介護保険というと健康なうちは自分とは関係がないので、よく知らなくても問題はないかもしれませんが、しっかりと保険料は支払っているのですから、その額が高いのか低いのかは知っていても良いのかもしれません。
先程介護保険のサービスを利用する方が多い市町村は、保険料が高くなると書きましたが、逆に言えば介護保険のサービスを利用しない方が多い市町村は、保険料は安くなるわけです。介護保険のサービスを利用しない方が多い市町村というのは、元気な高齢者が多い市町村ということです。
何かしらの病気で自分のことが全部自分では出来なくなってしまって介護保険の利用を初めて、日常生活で大変な部分をカバーしてもらうというのは必要なことですし、仕方のないことです。
しかし本当であれば介護保険は利用しなくても良かったのにも関わらずに、生活習慣など諸問題の積み重ねで介護保険を利用するのは防止することが出来ます。
近年フレイルという健康な状態から要介護状態になる間の状態を指す言葉が出てきました。具体的にフレイルとは何かと言いますと、加齢に伴い、筋力が衰えて来て、疲れやすくなり、結果として自宅に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねたことで生じてくる衰えを指します。加齢は防ぐことが出来ません。しかし筋力の衰えは防ぐことが出来ます。
というわけで、当法人では運動教室を9月から開始しました。
週1回の運動習慣を身につけるだけで、筋力は何歳からでも増加するということが証明されています。ですから「もう歳だから」は筋力の衰えに関しては通用しません。当法人の運動教室では定期的に、体重以外にも体脂肪率や内臓脂肪、骨格筋率、BMI等の測定をします。血中酸素濃度は運動の前後で測定をします。自分の身体の今の状態を数字で知ることで、それが運動を継続する動機づけになります。
IMG_1334
一人ひとり姿形が違うように、筋力だって違います。
だから他の誰かと比べて同じようにやらなくてはいけないわけでもなく、自分のペースに合わせて無理なく(ちょっとぐらいは無理をしていただいても、あまり無理しすぎずに)過去の自分と比べて、以前はきつかった負荷が今ではそれほどきつくなくなった、なんて感じて頂ければ立派な筋力アップになってますよね。
IMG_1332
というわけで、現在は福島県の二本松市と浪江町で開催しています。興味がある方、開催日を知りたい方、実施場所を知りたい方は是非当法人までお問い合わせください。
なお、この活動はパブリックソース財団様の「コロナ給付金寄付プロジェクト」の助成を受けて活動をしております。なぜコロナと運動とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、コロナ禍で自宅にいること、自粛することが善とされ、緊急事態宣言中に身体機能や認知機能が低下した方が多いです。このまま何も働きかけを行わなければ、介護予備軍、しかもあっという間に予備ではなくなる可能性が高いです。
ですからコロナ禍だから自宅に籠ってばかりいたのでは、コロナには感染しなくても、これまでは普通に出来ていた歩くことが大変になってきたり、様々な弊害が出て来てしまいます。だからこそフレイルを克服するために、是非運動習慣を身につけましょう。

↑このページのトップヘ