カテゴリ: 学生食堂

予報では7月31日の福島県二本松市の最高気温は37度。
ぬるめのお風呂の温度です。
スマホにも朝早く熱中症警戒アラートが届きました。
今日は学生食堂があるので、2升炊きの炊飯器や食材などを車に詰め込んでいると、じっとりと汗をかきてきました。だから、こんな日はどこかにお出かけしたり、外で作業をするのではなく、エアコンの効いた室内でおとなしく過ごすのが一番ですね。
そしていつもの学生食堂では福島大学の学生さんに手伝ってもらっているのですが、現在は新型コロナウイルス第7波の待っただ中ということで、ごく少数の学生の知人に協力してもらっての開催となりました。この「〇〇波」というのも私が子供の頃は「かめはめ波」や「あのころは派」ぐらいしか〇〇波なんて言わなかったのですが、今ではコロナも第7波ですもんね。もうこれ以上増えなくても良いというのは日本人なら誰もが思っているでしょうし、世界の皆さんも思っていることでしょう。
というわけで、今日の学生食堂の様子ですが、
IMG_3617
つややかな、みずみずしい玉ねぎですよね。スライムの上の部分を切ったようなフォルムで、鏡餅のように積み重ねてもどっしりとした安定感があります。
IMG_3618
この玉ねぎをざく切りして、豚バラ肉の中に投入します。
そしてしばらく時間が経つと、なんということでしょう。
IMG_3621
匠の手によって、豚丼に生まれ変わりました。あの振り立ての雪のような玉ねぎはしょうゆや麵つゆなどによって、ほんのりときつね色に生まれ変わりました。出汁がしみ込んでいるのが分かりますね。
そして恥ずかしがり屋さんの頬のようにピンク色だったお肉も、すっかり焼けて海の家でバイトして1ヶ月が経過したような色になっています。
というわけで、本日の学生食堂の献立は豚丼。
どんと言って、真っ先に思い浮かぶのは「おいどん」。
鹿児島地方で使われていた一人称ですね。自分の事を「俺」でも「私」でも「僕」でもなく、「おいどん」という出会ったことは未だありませんが、実際に「おいどんは今日はランチに弁当を食べるでごわすよ」とか言われたら、それがどんな内容であっても、なんて実直な方なのだろう、と感じてしまいそうです。
IMG_3623
というわけで、本日は少人数の現在学生の知人に協力してもらっての開催となりました。
早く新型コロナウイルスの流行が落ち着いて、福島大学災害ボランティアセンターに呼びかけをして、多くの学生さんに来てもらって、盛大に学生食堂を開催したいものです。
そして参加者の方にも今はお弁当形式で取りに来てもらって、自宅で食べて頂いていますが、一緒に食事をしたいものです。
そういう日がいつになったら来るのやら。もう首は大分長く伸ばしているのですが。

北海道の知床半島沖の遭難事故で船に乗っていた方が早く見つかることを願ってやみません。
4月25日の朝のニュースでは子どもが一人救助されたということでしたが、今の時期の知床半島周辺の海水温と言ったら、サウナから出てきた後に入る冷水よりも冷たく感じるでしょうから、まだ救助されていない方が一刻も早く発見、救助されることを祈るばかりです。
そして早いもので4月も下旬になってしまいました。新入生、新社会人の皆さんは新しい学校や職場に慣れましたか?4月1日に大きな期待と少しばかりの不安を抱えて、4月の上旬、中旬ときたわけですから、少しずつ疲れが出てくる頃でしょう。あまり無理しないで、頑張りすぎないでいただきたいです。
皆さんの4月からの環境変化は決して短距離走ではありません。短くても数年、長ければ数十年というスパンで続くわけですから、最初からダッシュしても長続きするわけがありませんので、自分なりの歩幅で歩んでいけばいいさ、と書いたりすると一昔前の流行歌の歌詞みたいです。
でも自分なりの歩幅でと書きましたが、本来の歩幅であれば今年度の学生食堂は6月以降にスタートする予定でいました。しかし学生から「学生食堂やりましょうよ」と促されたので、歩幅を少し大股にして、4月から学生食堂を再開することにしました。
IMG_3281
というわけで、初めて学生食堂に参加してくれた福島大学の学生さん、2年生の3人です。
鍬を持つ手が震えてる、と書くと誰かが「およねーずか!」とかツッコミをしてくれるかもしれませんが、もしかしたらというかほぼ確実にこの写真に写っている学生さんはおよねーずを知らないですよね。実際には手が震えることもなく、上手に生姜の皮を剥いたり、お米をといたりしてくれています。IMG_3291
こちらは近隣の鳥のひき肉を買い占めたのか、というぐらいの量を炒めています。最初はこんなにあるの、という量だったのですが、炒めているうちに量が少なくなってしまいました。
IMG_3285
いったん休憩です。真剣に料理を作っていても、頑張っている姿の写真をくださいと声をかけるとすぐに手を止めて笑顔が作れるのってすごいですよね。今はマスクをするのが当たり前ですから口角の上がり具合は見えないのに、目じりの下がり具合とピースサインで笑顔で写っているのが分かりますもんね。
IMG_3310
というわけで、今日の学生食堂の献立の鳥そぼろ丼を作ってくれた学生さんと丼を取りに来てくれた皆さんの一部と記念写真です。
これからも月に1回ぐらいのペースで学生食堂を開催していきますので、学生が作ってくれた美味しい食事に興味がある方は食べに来てください。

ロシアによるウクライナの侵攻が止まりません。2月26日午後16時58分現在、首都キエフでも市街戦が始まったことがヤフートップニュースで報じられていました。
ウクライナが西側諸国(今は冷戦が終わったので西側とか東側とかは言わなくなったんですかね)への距離が近くなったためとか原因は様々に言われています。
ロシアとウクライナの争いだから日本人には関係ないわけでは全然ありません。例えば日経平均株価を見てもロシアとウクライナの間が緊張状態にという報道が流れてからは降圧剤を飲んだ血圧ぐらいに下がりましたし、ロシア軍による砲撃が始まったとの報道が入ると25,000円台になりました。2月25日には持ち直しましたが、これだけ株価が下がると日本国内の景気にも影響を与えることでしょう。
また北方領土問題で直接ロシアと日本はいざこざを抱えています。日本には憲法9条があるから大丈夫なんていうことはないですよね。日本だけが武力を放棄したとしても相手方が武力で侵攻してくれば侵略されてしまいます。実際SNS上では9条で日本を守れるのかの議論も活発化しているようです。
例えば元寇の時に当時の日本に憲法9条があるという理由で、元は攻めてくるのを諦めてくれるでしょうか。水戸黄門が印籠をかざす様に憲法9条をかざせば、相手方はへへーとひれ伏すことはなくても、攻めてこないこともないような気がします。
とりあえずは一刻も早くウクライナの皆さんが安心して、自分の住み慣れた地域で心穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです。
さて、そんな2月26日に2月の学生食堂を実施しました。
本日の献立はキーマカレーです。

IMG_3211
まずはドラゴンボールで孫悟空がフリーザを倒すために作った元気玉のように丸々と大きな玉ねぎをみじん切りにします。そこに

IMG_3212
大量のひき肉とミックスベジタブルを一緒に火にかけます。
IMG_3217
樹齢10年のブナの木の幹ぐらいの大きさの鍋いっぱいの具材です。
それにカレーのルーを投入すると、
IMG_3224
こんな感じになりました。隠し味になんやかんやを更に入れまして、完成したのがこちらです。
IMG_3225
どうです、いい感じになったでしょう。と書きたかったのですけど、残念ながらこの写真に関してピントがぼやけています。これだけカメラ技術が向上してもピントがぼやけるというのはどういうことなんでしょう。このキーマカレーがボブスレーのそりのように素早く移動しているわけではないと思うので、撮る人の技術の不足がカメラの技術の向上を上回っているんでしょうね。
IMG_3227
というわけで、今日も多くの団地の方に好評をいただきました。
学生食堂も回を重ねるごとに多くの方にご参加いただけるようになりました。
多謝です。

全国的にも福島県内でもオミクロン株が猛威を振るっています。すぐそこまで、というレベルではなく、足元まですでに迫っている感じですね。
1月28日に発表があった福島県内の新規感染者が448名です。ドラゴンボールで言えばギニュー隊長対孫悟空の戦いで、スカウターで孫悟空の戦闘力を測ったギニューが「そんなバカな」と慄き、それに対する孫悟空が「まだこんなもんじゃねえぞ」という場面がありましたが、新型コロナウイルスの新規感染者をスカウターで測定したら「448」、そして「まだこんなもんじゃねえぞ」となったら怖いなぁと思います。でもここ数日の新規感染者の増加数をみているとまだまだ増えそうですよね。
でも普通の人間の戦闘力は多分3とか5とかだったと記憶していますので、早く新規感染者も普通の人間の戦闘力ぐらいに落ち着いてもらいたいものです。
さて、そんな新型コロナウイルスの新規感染者が増えて、福島県内でもまん延防止等重点措置が出されている市もあります。だから事業を中止するのは簡単ですが、どうせだったらどのようにしたら安全に感染リスクがなく事業を実施できるのかを考えるのが大事になります。
というわけで、本日(1月31日)学生食堂を予定通りやりました。
IMG_3174
まずは本日使う物資をバケツリレー方式で会場に搬入しています。
せっかく学生食堂で学生さんが協力しに来てくれているので、物資の搬入もスムーズです。
今日の献立は「そぼろ丼」。
IMG_3177
肉の臭みを消すためにショウガの皮をむいて、
IMG_3179
0.5カラットのダイヤモンドぐらいの大きさに刻んでいきます。
IMG_3185
そして大胆に大鍋に投入していきます。
IMG_3188
そぼろ丼を40人分以上作るので、調味料の入れ方も豪快に入れていきます。
IMG_3187
途中チョコをかけたゲームをした際の勝者2名です。首の傾げ具合が可愛らしいですよね。もしかしたら2人ともに寝違えたのかもしれませんが。
というわけで、学生さんの協力もあって、
IMG_3195
こんな感じに完成しました。
三つ葉が良いアクセントになっていますね。彩りのアクセントはもちろんですが、味のアクセントにもなっています。
IMG_3194
というわけで、全員でいただきますをして試食です。
やはり多くの方に食べてもらうわけですから、美味しいのをお渡ししたいですからね。
IMG_3200
12時になると本日の実施場所の県営若宮団地にお住いの皆さんがそぼろ丼を取りに来てくれました。
本当であれば一緒に食べたいところですが、このようなご時世ですから今回もお弁当形式にして、お持ち帰りしていただきました。
IMG_3203
回を増すごとに多くの方が来てくれて、今日の学生食堂も大繁盛でした。
というわけで、新型コロナウイルスはまだ流行しているかもしれませんが、実施できる方法を模索して、2月も学生食堂を実施したいと考えておりますので、楽しみにしておまちください。

12月になったと思ったら、もう中旬に突入してしまいました。
12月になったからということではなく、年齢のせいなのか、1年が過ぎるのが大谷翔平選手が投げるストレートぐらいに速く過ぎていきます。
「人の一生は急降下するはやぶさの如し」というとなんとなくことわざや格言みたいになりますが、もちろんそんな言葉はありません。
さて、1日1日が過ぎるのが早いと言っておきながら、その速さを表現するための比喩で良いのはないかしら、なんて頭を悩ませているとそれこそ1日が過ぎてしまいます。大体にして私の場合比喩はあれこれと考えてひねり出した比喩は、イマイチどころかイマサンぐらいのものが多く、胃もたれしている時に食べる蕎麦ぐらいにサラッと出てきた比喩の方がまだいくらかマシだったりします。
というわけで本題に入りますと、12月11日に二本松市にあります県営若宮団地の集会所で学生食堂を実施しました。
IMG_3004
見てください。卓球台の上に並んだこの和牛。やはり卓球台の緑がかった色には肉の赤が合いますね。もうすぐクリスマスと言うことで、あえて調理場ではなく卓球台の上に肉を並べてみました。ということはなく、せっかく高級なお肉を買ってきたので、並べてみたかっただけです。
IMG_3014
それでは早速調理に取り掛かります。団地の皆さんも来る前にまずは学生さんだけで調理中です。学生食堂には毎回福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが来てくれております。
IMG_3019
先程のお肉を誇張でもなく山盛りの玉ねぎと一緒に炒めていきます。
IMG_3031
元々柔らかかったお肉が玉ねぎの力も借りて体操選手の柔軟性ぐらいの柔らかさになっております。
というわけで、本日の学生食堂のメニューは牛丼です。
IMG_3038
12時前になると牛丼を取りに団地の方がいらっしゃいました。
IMG_3043
調理に参加するのは難しくても、お弁当を受け取りに来た際に学生さんと色々なお話をしている様子が見られます。本当だったら学生さんと団地の皆さんが一緒に作って、一緒に食べてが良いんですけど、コロナの感染リスクを低下させるためにお弁当形式でやっております。
早くまた一緒に食べれるようになる世の中になってもらいたいものです。
というわけで、学生食堂は毎月1回やっております。いつやる、どこでやるはホームページのトップページでお伝えさせて頂きますので、学生と一緒に食事を作りたい、もしくは食べるだけでも参加したいという方は是非お越しください。

↑このページのトップヘ