カテゴリ: 学生食堂

11月27日、ワールドカップの日本対コスタリカの試合が行われますね。
ドイツ戦で劇的な勝利をした後の試合ですから、期待をするなという方が無理というものです。
普段は国内で行われているJリーグなどのサッカーの試合はほとんど見ることがないのですが、4年に一度ワールドカップの期間だけは代表選手はほぼ分からなくても、とりあえず青いユニフォームを着ている方を応援しているサッカーファンのなんと多いことか!
という書き方をするとチコチャンに叱られるのナレーションみたいになってしまいますね。
オフサイドというルールがよく分からないまま見ているので、ゴール決まったじゃないのと喜んだ後にオフサイドが判明してぬか喜びに終わったり、接触等で倒された後に「あーっと、笛はなら‥‥ない」という鳴ったり鳴らなかったりする笛に一喜一憂しています。
そんな11月27日に福島県二本松市で二本松市一周駅伝大会が開催されました。毎年近くの本宮市で開催される本宮駅伝には参加しているのですが、恥ずかしながら二本松市でも駅伝が開かれていることは知りませんでした。一人当たりの走る距離は本宮駅伝よりも二本松駅伝の方が少し長く、タスキをつなぐ人数が本宮の健康の部が10人なのに対して、二本松が8人ということで、人数が2名ほど少なくなっています。毎年本宮の駅伝で10人でタスキをつないでいますので、二本松の駅伝に出るとなると2名は補欠にならなくてはいけません。熾烈な選抜に向けての争い、そして水面下で行われる下剤を駅伝チームメイトの飲み物の中に混入する争い、ともちろんそんなことはありません。
なんだか2022年11月27日の出来事だけで前置きが長くなってしまいましたが、本日11月分の学生食堂を実施しました。
IMG_3679
見てください。この肉の量。ライオン5頭ぐらいの食事の準備をしています、と言っても納得してしまう量ですよね。これを
IMG_3682
じっくりコトコト煮込んでいきます。今日も福島大学の学生が手伝ってくれていますが、カメラ目線で空手選手みたいなポーズを取らずに鍋の中の肉に集中してもらいたいところですよね。
IMG_3686
料理をしている最中に学生食堂の会場になっている若宮団地の方が「珍しいでしょ」と言って持って来てくれました。皆さんなんだか分かりますか?
そのまま食べてまるで青春のような甘酸っぱさを楽しむもよし、焼酎につけこんでじっくり味わうもよし、様々な楽しみ方が出来るルビーのような色合いのこちらは、そうです、ザクロです。
いっぱい持って来てくれたので、学生さんは物珍し気に口に運んだり、持ち帰ってお酒に漬け込んだりするそうです。
IMG_3689
なんやかんやしているうちに完成した本日のプルコギ丼です。じっくり煮込んで、丁寧な味付けをしたので、ご飯が進むったらありゃしません。そんなに進んで良いんですか、と質問をしたくなるぐらいです。
IMG_3692
というわけで、本日も若宮団地の方と(ばかりではなく、他の団地の方とも)交流をしながら食事の受け渡しをしています。学生は団地の方との交流を楽しみにしてくれているからこそ学生食堂に協力してくれるんでしょうし、団地の方も学生との交流を楽しみにしてくれているからこそ、毎回食事を取りに来てくれるんでしょうから、このつながりは大事にしていきたいとつくづく感じます。
というわけで、途中からは少し写真多めで、文章少な目で本日の学生食堂の様子をお伝えさせて頂きました。写真を多めにすることで私の拙文では伝わらないところをお伝えするために写真を多用しただけで、決してワールドカップの日本戦が始まるから、少し巻きでブログを書くためということではありませんよ。

早いものでもう10月も23日になってしまいました。
「23」という数字で皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。
私みたいな昭和生まれでバスケットを嗜んでいた人間からは23と言えば真っ先に浮かんでくるのは、マイケル・ジョーダンの付けていた番号です。フリースローラインから飛んで、まるで空中を歩いているかのようにダンクを決める姿に憧れて、自分もフリースローラインからジャンプしてリングまで全然届かなくて、レイアップシュートの失敗みたいなシュートしか出来なかった学生時代を思い出します。
そして今のバスケット好きな方からしたら23と言えばレブロン・ジェームスになるのでしょうか。愛称のキングという名前の通り現在のNBAに君臨する圧倒的な存在感、そして得点力。もし通路の向こう側からレブロン・ジェームスが歩いてきたら、ダチョウ倶楽部ではなくても「どうぞ、どうぞ」と誰もが道を譲ることでしょう。
ただ個人的には現役NBA選手で言えば、先日日本で試合を行ってくれたウォーリアーズのステフィン・カリーです。3ポイントシュートと言えば、これまではレジー・ミラーが自分の中で真っ先に出てきましたが、今ではステフィン・カリーの芸術的な3ポイントが先頭で思い浮かんできます。精度の高さもさておき、シュートにいくまでの速さやドリブル一つとっても素晴らしいんですよね。
身長だって決してNBA選手の中で高いわけではないのに、NBAでトップで活躍し続けるわけですから、判官びいきの日本人にとっては好きにならずにはいられません。
とここまで、10月の学生食堂というタイトルなのにも関わらずに学生食堂には全く触れずに、ただ本日の日付10月23日の「23」から好きなバスケットについて長々と書いてきてしまいましたので、本題に入ります。
なお本日も福島大学の災害ボランティアセンターの学生さんが4名手伝いに来てくれました。
IMG_3661
3年生1名、2年生2名、1年生1名という構成なんですが、彼(彼女)達のやり取りをみていると、決して学年が上だからとポツダム宣言みたいに無条件にリスペクトを受けるわけではなく、普段の言動の一つ一つが積み重なって、それが発酵食品みたいに熟成されることによって少しずつ尊敬に変化していくということを感じました。誰とは言いませんが、頑張れ3年生。
として、次は学生食堂の定番の写真となりました、
IMG_3660
炊飯器の内側の部分にお米を入れて、水分量を確認するためにテーブルの上ではなくフローリングの上に置いて確認している様子です。今日は水分量を確認する作業を学生さんだけではなく、学生食堂の実施場所の災害公営住宅若宮団地の方と一緒にやっています。
なんだか柄杓で水をすくっていると神社の入り口を思い浮かべますが、この米の研ぎ汁には何かご利益があるような成分は入っていないと思います。でも新米を使っているので、もしかしたらこのとぎ汁を顔に塗ったら上手に向けたゆで卵のようなつるんとした肌になったり、髪に塗ったら艶がアップしたりするかもしれません。
今日は作っている時には私も含めて全員で調理に取り掛かりましたので、ついうっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、完成した品が
IMG_3668
こちらです。福島県会津地方には全国に誇るソースカツ丼があります。このソースカツ丼はご飯の上に千切りキャベツをのせて、その上にソースに浸したカツをのせているという特徴がありますが、今回の学生食堂の献立はソースカツ丼のカツの部分をメンチカツに変更した、メンチカツ丼です。
写真をご覧になっていただくと伝わると思いますが、このソースの照り。
私の写真の腕が良いからこんなにテカって見えるのかというと、全然そんなわけではなくて、ソースの実力です。もし私がカブトムシで樹液の代わりに、このソースが木から出ていたらずっと舐めています。
IMG_3669
というわけで、団地の方に提供する前にまずは自分たちで試食です。
この写真と上の学生さんの写真を見て気づいたのですが、写真のポーズはダブルピースが主流なんですね。ダブルピースは10代から60代以上まで幅広く使われているようですが、このピースを作っている手の場所が10代から20代はほぼ顔の近く、顔と同じぐらいの高さに手があるのですが、30代以上になると手の高さが胸ぐらいにあるのが主流になっていき、50代以上では100%が胸の高さでダブルピースを作っているという研究結果があるそうです。
世の中には色々な研究をしている人や機関がありますね。
IMG_3670
というわけで、団地でみんなで一緒に食べるように一人で6個持って行ってくれた方がいましたが、6個が本日の最高でした。本来は学生食堂で学生と団地に住んでいる避難者の方が一緒に作って、一緒に食べて、共に交流をしてというのが当初の内容だったのですが、新型コロナウイルスの流行が収まらないというので現在は学生が作って、団地の方には取りに来ていただいて、その際に交流をしていただくという内容に変更して行っております。ですから学生との交流時間は減ってしまっていますが、それでも学生が作った食事で、団地の方同士で一緒に食べて交流をしていただくというのは、交流機会をつくるという目的とも合致しており、それが自動発生的に生まれているのは素晴らしいことですね。
IMG_3673
というわけで、本日も学生食堂を通して学生と若宮団地の団地住民の多数の交流が生まれました。特に団地のおばあちゃんの所に泊まりに来ていたお孫さんが、お弁当を取りに来た時にはもちろんですが、これから家に帰るという時にも学生のお姉さん達にさよならを言いに来て、手を振っている姿が印象的でした。

久しぶりの更新となります。
前回の更新から今回の更新までの間、7月下旬から9月下旬までの約2か月間の間ということになりますが、エリザベス女王がお亡くなりになったり、円が140円台半ばになったり、新型コロナウイルスの新規感染者が少し穏やかに(と言ってもまだまだ油断はなりませんが)なったり、賛否両論の中安倍元首相の国葬が行われたりと色々ありましたね。
これまでの数年間は福島県から補助金を受けて、東日本大震災及び福島第一原発事故による福島県内の避難者の皆さんに向けての事業を実施していましたが、今年度は福島県の補助金の内容が大幅に変更になったので、これまで当法人で実施していた大人食堂や男の料理教室等に関しては該当しなくなってしまったので、ブログの更新頻度が足繫く更新から、時々思い立ったように更新に変更になったことをご了承ください。
というわけで、ここからが本題です。
9月24日の土曜日に学生食堂を災害公営住宅若宮団地で実施しました。改めて学生食堂とは何ぞや、という説明をさせて頂きますと、高校生や専門学校生、大学生と言った学生と東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故による避難者が一緒に食事を作って、食べて、交流をするという内容で、月に1回実施しています。
ただこれはコロナ前の話でして、どうしても一緒に作ったり、食べたりすると感染リスクがお腹いっぱい食べた食後の血糖値のように上昇してしまうということで、現在は大学生が食事を作って、避難者の方には食事を取りに来てもらい、取りに来てもらう際に交流を図るというように内容を変更して、ウィズコロナでも実施できる内容で行っております。
それでは早速、まぁ早速と言っても前置きの長さはドストエフスキーの小説の登場人物のように長くなってしまいましたが、お伝えしていきます。
今回の学生食堂にも福島大学の災害ボランティアセンターの皆さんが協力してくれました。
IMG_3628
まずはひき肉を片手にご飯をどのぐらい炊くのか、水はどのぐらい入れるのかについて検討しています。やはり水の量によって炊きあがりに雲泥の差が出てきてしまいますので、予断を許しません。
IMG_3634
だからこそ2升炊きの炊飯器の内側(この名称はなんというのでしょうか?)に水を入れてテーブルの上だけではなく、フローリングの上に場所を移して、水量を確認しています。決して一昔前のコンビニ前のヤンキーというわけではありません。
IMG_3633
そして先ほど片手に持っていたひき肉をこれでもかというぐらいに鍋に投入していきます。これでもか、では伝わりにくいので大谷翔平選手が中2日でマウンドに立つぐらいの投入具合、これでは逆によく分からなくなってしまいました。
IMG_3641
そこにベジタブルミックスを入れて、焼けたひき肉に赤や黄、緑と言った色合いを加えていきます。
更にはケチャップも入れて、中国やトルコの国旗のような色鮮やかな赤色になりました。
IMG_3642
それを子どもの時に皆さんもきっと駄菓子のねるねるねーるねで経験したことがあるように、これでもかというぐらいに混ぜていきます。
後はもう味を調えるだけというところで、
IMG_3637
みんなで共同作業をしている感を出すための写真です。何をやっているかは分からなくても、なんとなくみんなで一生懸命に美味しい食事を作っているんだな、というのが伝わってくれたら嬉しい限りです。
IMG_3646
完成したのがこちらです。スパゲティのミートソースとボロネーゼの中間のような感じの具材と味付けのものがご飯の上に載っているのを想像していただくとピッタリです。
IMG_3649
というわけで、お昼の時間帯になると若宮団地や他の団地の避難者の方が食事を取りに来るので、今のうちに味の確認も兼ねての試食です。
IMG_3654
団地の方がお孫さんと一緒に来てくれたり、
IMG_3656
団地の皆さんご一行で来てくれたりと大盛況です。
団地の皆さんも学生食堂で食事を食べるのはもちろんですが、学生との交流を楽しみにしてくださっているのが非常にありがたいです。
ここ最近はずっと昼食の学生食堂を開催してきましたが、来月は夕食の学生食堂を実施予定です。興味がある方、食べてみたい方にはこっそりと開催日時をお伝えいたしますので、このブログへコメントをお願いします。

予報では7月31日の福島県二本松市の最高気温は37度。
ぬるめのお風呂の温度です。
スマホにも朝早く熱中症警戒アラートが届きました。
今日は学生食堂があるので、2升炊きの炊飯器や食材などを車に詰め込んでいると、じっとりと汗をかきてきました。だから、こんな日はどこかにお出かけしたり、外で作業をするのではなく、エアコンの効いた室内でおとなしく過ごすのが一番ですね。
そしていつもの学生食堂では福島大学の学生さんに手伝ってもらっているのですが、現在は新型コロナウイルス第7波の待っただ中ということで、ごく少数の学生の知人に協力してもらっての開催となりました。この「〇〇波」というのも私が子供の頃は「かめはめ波」や「あのころは派」ぐらいしか〇〇波なんて言わなかったのですが、今ではコロナも第7波ですもんね。もうこれ以上増えなくても良いというのは日本人なら誰もが思っているでしょうし、世界の皆さんも思っていることでしょう。
というわけで、今日の学生食堂の様子ですが、
IMG_3617
つややかな、みずみずしい玉ねぎですよね。スライムの上の部分を切ったようなフォルムで、鏡餅のように積み重ねてもどっしりとした安定感があります。
IMG_3618
この玉ねぎをざく切りして、豚バラ肉の中に投入します。
そしてしばらく時間が経つと、なんということでしょう。
IMG_3621
匠の手によって、豚丼に生まれ変わりました。あの振り立ての雪のような玉ねぎはしょうゆや麵つゆなどによって、ほんのりときつね色に生まれ変わりました。出汁がしみ込んでいるのが分かりますね。
そして恥ずかしがり屋さんの頬のようにピンク色だったお肉も、すっかり焼けて海の家でバイトして1ヶ月が経過したような色になっています。
というわけで、本日の学生食堂の献立は豚丼。
どんと言って、真っ先に思い浮かぶのは「おいどん」。
鹿児島地方で使われていた一人称ですね。自分の事を「俺」でも「私」でも「僕」でもなく、「おいどん」という出会ったことは未だありませんが、実際に「おいどんは今日はランチに弁当を食べるでごわすよ」とか言われたら、それがどんな内容であっても、なんて実直な方なのだろう、と感じてしまいそうです。
IMG_3623
というわけで、本日は少人数の現在学生の知人に協力してもらっての開催となりました。
早く新型コロナウイルスの流行が落ち着いて、福島大学災害ボランティアセンターに呼びかけをして、多くの学生さんに来てもらって、盛大に学生食堂を開催したいものです。
そして参加者の方にも今はお弁当形式で取りに来てもらって、自宅で食べて頂いていますが、一緒に食事をしたいものです。
そういう日がいつになったら来るのやら。もう首は大分長く伸ばしているのですが。

北海道の知床半島沖の遭難事故で船に乗っていた方が早く見つかることを願ってやみません。
4月25日の朝のニュースでは子どもが一人救助されたということでしたが、今の時期の知床半島周辺の海水温と言ったら、サウナから出てきた後に入る冷水よりも冷たく感じるでしょうから、まだ救助されていない方が一刻も早く発見、救助されることを祈るばかりです。
そして早いもので4月も下旬になってしまいました。新入生、新社会人の皆さんは新しい学校や職場に慣れましたか?4月1日に大きな期待と少しばかりの不安を抱えて、4月の上旬、中旬ときたわけですから、少しずつ疲れが出てくる頃でしょう。あまり無理しないで、頑張りすぎないでいただきたいです。
皆さんの4月からの環境変化は決して短距離走ではありません。短くても数年、長ければ数十年というスパンで続くわけですから、最初からダッシュしても長続きするわけがありませんので、自分なりの歩幅で歩んでいけばいいさ、と書いたりすると一昔前の流行歌の歌詞みたいです。
でも自分なりの歩幅でと書きましたが、本来の歩幅であれば今年度の学生食堂は6月以降にスタートする予定でいました。しかし学生から「学生食堂やりましょうよ」と促されたので、歩幅を少し大股にして、4月から学生食堂を再開することにしました。
IMG_3281
というわけで、初めて学生食堂に参加してくれた福島大学の学生さん、2年生の3人です。
鍬を持つ手が震えてる、と書くと誰かが「およねーずか!」とかツッコミをしてくれるかもしれませんが、もしかしたらというかほぼ確実にこの写真に写っている学生さんはおよねーずを知らないですよね。実際には手が震えることもなく、上手に生姜の皮を剥いたり、お米をといたりしてくれています。IMG_3291
こちらは近隣の鳥のひき肉を買い占めたのか、というぐらいの量を炒めています。最初はこんなにあるの、という量だったのですが、炒めているうちに量が少なくなってしまいました。
IMG_3285
いったん休憩です。真剣に料理を作っていても、頑張っている姿の写真をくださいと声をかけるとすぐに手を止めて笑顔が作れるのってすごいですよね。今はマスクをするのが当たり前ですから口角の上がり具合は見えないのに、目じりの下がり具合とピースサインで笑顔で写っているのが分かりますもんね。
IMG_3310
というわけで、今日の学生食堂の献立の鳥そぼろ丼を作ってくれた学生さんと丼を取りに来てくれた皆さんの一部と記念写真です。
これからも月に1回ぐらいのペースで学生食堂を開催していきますので、学生が作ってくれた美味しい食事に興味がある方は食べに来てください。

↑このページのトップヘ