カテゴリ: 福祉教育出前講座

出前講座最終日。二週間ぶっ通しで通った安達東高校とも今日で最後です。
なんだか私の第2の母校のようですね。

本日は、今まで実施してきた、地域福祉について、高齢者について、ボランティアについてをふりかえる日です。

寂しくて目に涙を溜め込みすぎて、写真のシャッターを切ることが難しかったちめ、ふりかえりシートの一部をお見せします。
IMG_5666
IMG_5667
IMG_5668
このように出前講座を始める前と後では、ボランティアに対する気持ちや正しい知識の部分に成長を感じられ、八割の生徒が、ボランティアに参加したいと、声をあげてくれました。

やはり、ただボランティアをしてくれる人をまっているだけでは何も始まりませんが、出前講座を実施することでたくさんのボランティアの卵達がこれをきっかけに誰かのために出来ることを一つでも多くでかることを願います。

IMG_5654


安達東高校出前講座第三弾はボランティアについてをまなび、グループワークを実施しました。用紙に各グループで、まとめたものを壁にはり、それをみんなで評価し、いいねシールをはりました!IMG_5663
IMG_5664

最後には、大学生のお姉様方(ボランティアの先輩安達高校卒業)をお呼びして体験談や、安達東高校の生徒さんに伝えたいことを発表してもらいました❗️IMG_5665

大学生の先輩からは、ボランティアとは、活動に参加することで様々な人達と出会い学べることがたくさんあり、自分の成長にもつながる。ということを聞いた生徒さんからは、ボランティアに興味がでた。やってみたい。こんな身近なこともボランティアなんだと、新しい扉を開けるきっかけをつくれたような感想をいただけました。

一般社団法人ちろるでは、年間を通してボランティア活動ができる環境がととのっていますので、是非たくさんの方が参加できるよう、そしてボランティアという言葉があたりまえの世の中になるよう願っています。


このブログをご覧になってくださっている皆さんは花言葉に詳しかったりしますか。
私はそもそも花の名前すらチューリップとヒマワリぐらいしか自信をもって言える固有名詞がないので、花言葉なんていう高尚なものは存じ上げないのですが、最近知った花言葉があります。
皆さんはパプリカの花言葉って知っていますか。
そもそもパプリカは花なのか、という疑問もありますが、
パプリカの花言葉は「君を忘れない」だそうです。
なんで突然そんな事を言いだしたのかと言いますと、このブログを書いている時に聴いている曲が「パプリカ」だからです。
本日(9月11日)も昨日に引き続き安達東高校から出前講座のオファーを受けて、地域福祉についてのお話をしてきました。袖すり合うのも多少の縁と言いますが、青春の貴重な時間に私の話を聞いてくれた事への感謝、本日多くの生徒さん達との素敵な出会いにも感謝、そしてせっかく会ったわけですから、君(達)を忘れない、なんて考えている次第です。
内容については、昨日のブログにも書いたのである程度割愛させて頂いて、時系列的に逆になってしまっていますが、
IMG_5612

グループ毎に発表。

IMG_5611
こちらもグループ毎に発表。
IMG_5610
その前段として、地域の為に出来る事について考えるグループワーク。
IMG_5609
活発な意見が織田信長が長篠の戦で採った火縄銃の三段打ちで打ち出される銃弾の如く飛び交っています。
IMG_5608
そして今日の出前講座に参加して下さった安達東高校の生徒の皆さんです。
そんな皆さんをパプリカ。 

久しぶりのブログ更新となります。
前回の更新から何をしていたかと言いますと、沖縄で椰子の木陰でハンモックにゆられながらピナコラーダを飲んで晴耕雨読、いや晴れても畑を耕すわけでもないので晴飲雨飲の生活を続けていました。
あの水平線に沈む夕日が美しく今も目をつむると思い出せます。
そして耳鳴りのように今でも波の音がザザー、ザザーとなっているかというと、
残念ながら決してそのようなことはなく、そもそも沖縄にも行っておりません。
童話『アリとキリギリス』のアリのようにせっせと冬支度ならぬ避難者支援や学生のボランティア活動のコーディネート、そしてこれからの秋の事業に向けての準備をしていました。
それではこのキリギリスは一体何を指すのか。
例えば、社会情勢や地域のニーズやそこに住んでいる住民の抱える問題が随時変化しているのにも関わらずに、前年踏襲型の同じことを繰り返し行っている事とかなのかもしれません。

まぁそんな事はさておきまして、本日(9月10日)は暑かったですね。
まだ甲子園で高校球児が白球を追いかけて熱戦を繰り広げる頃のような暑さでした。
そんな暑さの中、福島県は二本松市にあります安達東高校さんからオファーを受けて、
地域福祉とはなんぞや、ということについての出前講座を実施してきました。
皆さんは地域福祉というとどんなことを思い浮かべますか。
一番耳にするのは選挙の時ですよね。地域福祉の充実とか、医療、福祉、介護の向上とか、常套句のように地域福祉の向上を謳い文句にする候補者のなんと多い事か。そのくせ選挙が終わると冬の海辺の人っ気のようにパッタリと議員になられた方々から福祉という言葉が出なくなるのはなんでなんでしょうか。
そんな彼らの福祉の対象は自分であって、地域福祉の向上とは議員と言う地域住民の代表なのにもかかわらずに、いや代表だからかワンランクアップした社会的なステイタスがあるポジションになることなのかもしれませんが、(もちろん中には地域のために一生懸命頑張っている議員さんもおりますので、上記はほんの一例、または私の妄想です)地域福祉とは本来そういうことではなくて、地域に住む誰もが今よりももっと幸せになることですよ、ということを安達東高校の学生さんに伝えてきました。
IMG_5605
一方的に私が話すばかりでは話す私も辛ければ、聞く学生さんも辛いです。
ということで、グループワークを取り入れながら学生さんにも考えてもらう時間を設けました。
IMG_5603
学生さんからは若いからか柔軟な発想で様々な意見が出されました。
どのような意見が出たかは恥ずかしいから掲載しないで欲しいとの要望がありましたので伏せさせて頂きます。
ただ一つ気になるのは、なぜかここにきて急に文章に下線がついたことです。
別にここが重要とか、それが大事とかKANさんの歌のようなことを言うつもりはありません。

IMG_5602
学生さんには地域福祉と言うのは特別な事ではなくて、例えばゴミ出しが大変な人がいるからそれを自分が捨てに行く際に一緒に捨ててくるといったことだったり、郵便ポストに新聞がたまっているから気になって声をかけるとか、そういう高校生であっても出来る事なので、自分達に誰に対して、何が出来るかを考えてもらいました。
IMG_5600
そのテーマを決める際にくじ引きで決めたのですが、これが対戦相手を決める際の抽選のようなハラハラ具合でして、一喜一憂している姿が印象的でした。
IMG_5599
IMG_5598
せっかくグループ毎に検討してもらったのですから、それを発表して他のグループではどのような事を話し合ったのかを共有してもらいました。
せっかく今日福祉について考える機会になって、実際に話し合いも行ったので、それを話し合いで終わらせるのではなく、実践に移してもらえたらそれは二本松やその周辺市町村に住む誰かのためになって、住みやすい地域に一歩前進する、それこそが地域福祉の向上なんだなぁ。
みつを 

本日、ちろるでは安達東高校から依頼を受け、児童の食物アレルギーについての講座を実施いたしました。

もちろん私が話すわけではございません。

その道のスペシャリストの学校法人まゆみ学園栄養士 高橋 沙也加 先生にお願い致しました。

IMG_6305

食物アレルギーの詳しい説明とそのタイプや種類、症状などを詳しくかつ分かりやすく説明してくださいました。

IMG_6309

アレルギーを持つ子供さんへの園での対応や、献立を作成する際の対応を、実際の本日の給食を見せて頂き、耳で聞くだけでなく、目で見て学ばせて頂きました。


突然ですが、問題です。

下の二枚のスープでの違いを見つけてください。
IMG_6312


1、 右の方が量が少ない

2、右の方が光の反射がすごい

3、右の方には卵が入っている



正解は2番の光の反射がすごいです。

嘘です。3番です。

こちらは、卵アレルギーのお子さんを対象にしたスープです。

ちなみにアレルギーの中で1番多いのは卵らしいです。

さらには、卵黄は平気だけど、卵白でアレルギーがでてしまうこもいるそうです。



次の問題はこちら。

IMG_6313


1、なるとがない

2、なるとがない

3、なろとがない

正解は3番!なろとがないでした!!
一つだけ ろ になってましたー!!

すみません。悪ふざけが過ぎましたが、こちらはなるとがあるものとないものの違いです。

このように、昔はアレルギー食への対応は代替えが基本でしたが
今では、間違えて食べてしまわないよう、入れないというやり方が主流になっているそうです。

IMG_6310

その他にも誤食を防ぐために栄養士さんたちの努力や他職との連携が重要な事、親御さんとの情報の共有。
そしてなによりも、まゆみ学園では、先生一人一人が子ども達の体調の変化などの目配りが行き届いていることがわかりました。

最後に実際の調理場を見せていただきました。
IMG_6316
IMG_6319
IMG_6321
IMG_6323


安達東高校の生徒さんも、知らなかったことを知ることが出来て、マスクで半分以上顔が隠れていましたが目はキラキラしていました。

まゆみ学園の皆様ご協力ありがとうございました。






↑このページのトップヘ