カテゴリ: 運動教室

今ほどタイトルに「オリンピックのよねつ」とタイピングして変換したら、余熱ではなく米津となりました。「オリンピックの米津」だと、なんだか東京2020オリンピックに米津玄師さんが選手として出場したみたいになってしまいますね。でも米津さんだったらハンマー投げとか重量挙げとかの力が必要な以外の種目だったら、意外と出場していても不思議ではないような気もします。もしバスケに出ていたら3Pシュートが得意そうな感じがしますし、乗馬だったら人馬一体に乗っていそうです。

と米津さんへの妄想文はここまでにして、9月20日、今日は月が綺麗ですね。夏目漱石さんがI love youを月が綺麗ですね、と訳したそう(ということが広く言われていますが、一応このブログに載せるにあたってwikipediaで調べてみたら曰くつきなようですね。詳しくは検索してみてください。ここでは漱石さんが言ったことにして話を進めます)ですが、明治末期から大正初期の時代は今よりも夜の灯りが圧倒的に少ないでしょうから、今日こんなに綺麗に見える月よりももっと綺麗に見えたのかもしれません。そうするといつもは暗い夜道でも月明かりに照らされて、いつもよりも遠回りをして帰ったりして、その隣には意中の人がいたりして、二人で他愛のない会話をして、ふとした拍子に会話が途切れ、次に何を話そうかも思いつかない、でも今日は夜なのにとっても明るいからいつもよりも少しだけ正直になって、ついつい口をついて出てきたのが「月が綺麗ですね」だとしたら、その婉曲さのオブラートをタケノコの皮を剥ぐように向いて言ったら、中から出てくるのは「I love you」なのかもしれません。
ネット環境が発展して、包み隠すことが難しくなったこんな世の中だからこそ、月が綺麗ですねの奥ゆかしさがあっても良いのかもしれません。
ではここで一曲。Misiaさんで「つつみ込むように」。
当初の予定では月のくだりでサラッとエレファントカシマシさんで「今宵の月のように」と進むはずだったのに、予定は未定とは本当ですね。
それで話を戻しますと、今日月が綺麗なのは明日(9月21日)が中秋の名月だからなんですね。ローマは一日にしてならず、中秋の名月も一日にしてならずです。今日の月もとっても綺麗です。このブログを今日アップしますので、ブログを読み終わったら是非月を見上げてください。

そして前置きが長くなりましたが、ここからが本題。
IMG_20210916_150909 (2)
9月16日に浪江町の道の駅なみえでやった運動教室の様子です。
本当は運動が始まる前に写真を撮れば良かったのですが、それはすっかり忘れて準備運動、筋力向上の運動を終えて、これから機械を使った運動と移る合間に撮ったものですから、参加者の皆さんは試合後の矢吹ジョーみたいに燃え尽きようとしています。
でも東京オリンピックが終わってから運動教室への参加者が増えているので、それはオリンピックの余熱と言えるのかもしれません。
もし東京オリンピックの米津だったら、オリンピック後に米津玄師さんを聞く人が増えたのかもしれません。確かにPale Blue良い曲ですもんね。

皆さんは両手を上に掲げると言ったらどんな様子を思い浮かべますか?
私はドラゴンボールの「地球のみんな、オラに元気を分けてくれ」というセリフで有名な元気玉のシーンがパッと思い浮かびましたが、中には名曲手のひらを太陽が浮かんだ方もいらっしゃると思います。
刑事ものが好きな方なら拳銃を突きつけられて、手を上げろと言われて、おどおどしながら手を上げる姿を思い浮かべた方もいるかもしれません。
もしくは天井が突然落ちてきたり、上から落下物があることに常に備えて手を上げている様子を思い浮かべた方も、消費税が始まった3%よりも少ない割合でいるかもしれません。

というわけで、先日のブログで福島県二本松市にあります安達東高校の生徒さんが夏休みに作ってくださった素敵なプレゼントをお知らせさせてただき、運動教室で活用していますよ、というブログもアップさせていただきました。
今日はその続編です。

IMG_20210909_140015
本日(9月9日)浪江町の道の駅で行った運動教室の様子です。
安達東高校の生徒さんが作ってくれたずんだ春巻き君を天高く掲げています。
というわけで、冒頭の質問につながるわけですね。
本日の参加者の皆さんから質問がありまして、中には何が入っているんだろうとのことです。
もちろん私は分からなかったので、夢と希望が入っているんじゃないですかね、とお茶を濁して退散してきたわけですが、安達東高校の生徒の皆さんでこのブログを見てくださっている方がいましたら、答えをお願いします。
愛情と尊敬、とかいう答えではなくて、小豆とか豆とかの答えをお待ちしております。
というわけで、高校生が作ってくれた素敵なプレゼントは各地で行われている運動教室の参加者の健康に大いに寄与してくれています。

東京2020パラリンピックも昨日(9月5日)で終わってしまいましたね。開催については色々なご意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、懸命に競技に取り組んでいる姿にはオリンピック同様に多くの感動がありました。
水泳や走り幅跳びやマラソン、そして大躍進の車イスバスケットボールなど(あくまで一例で実際にはそれぞれの種目に参加されていた選手の皆さんをリスペクトします)テレビの前で声を上げて、もしくは腕を振り上げて、熱のこもった応援をさせていただきました。
さて、腕を振り上げてと言えば、パラリンピックの応援ばかりではなく、先日福島県二本松市にある安達東高校の生徒さんから素敵なプレゼントを頂戴したとお知らせさせていただきましたが、そのプレゼントを運動教室で活用して、腕を振り上げてきました。
IMG_20210906_140404
腕、かなり振り上がっていますよね。
準備運動やストレッチの際に何も持たずに行うよりも、高校生が作ってくれたプレゼント、いつまでも名称がないと何て呼んでいいのか分からないので、この場では暫定的に「ずんだ春巻き君」と呼ばせて頂きますが、このずんだ春巻き君を持つだけで、可動域が向上したり、無理なく同じ姿勢をキープできたりします。
IMG_20210906_140345
ですから左右に身体をひねってみても、ずんだ春巻き君を持っているのとてぶらで行うのでは腰のひねりも違ってきます。
せっかく高校生が夏休みの間に作ってくれた素敵な送り物ですから、これからバンバン運動教室で役立たせて頂きます。
素敵な送り物をありがとうございました。

昨日(8月4日)の夜はオリンピックのハンマー投げ、200m決勝、野球と立て続けに見てしまいました。オリンピックの開催の是非については皆さん色々な感想をお持ちでしょうが、それでも頑張っている選手の姿を見ると、応援にも熱が入ってしまいます。野球の8回裏、山田哲人選手の3点タイムリーには思わず叫び声を上げてしまいました。
そんなオリンピックの熱い戦いが繰り広げられている中、気温との戦いも皆さんが繰り広げられていることと思います。昨日の福島県では37℃にも達して日本で一番気温が高かったとのこと。37℃というともう少しぬるめのお風呂ですからね。ずっとお風呂に入っていると思うとのぼせてしまいますが、それが外に出ればその気温なんですから、皆様くれぐれも熱中症には気を付けてください。ましてコロナ禍でマスクをすることが推奨されているわけですから、そりゃ具合も悪くなりがちです。ですからくれぐれも人が居ないところではマスクを外す、水分を積極的にとるなど、熱中症対策も万全にお願いします。
そして新型コロナウイルスの新規感染者が福島県でも急上昇しております。それに伴ってまん延防止等重点措置が出されそうです。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出されるのにも慣れが出て来てしまいますが、本来であれば決して慣れが出てきたんではいけないはずです。
ですので、当法人でも8月の事業をどうするか悩みましたが、まん延防止等重点措置が出されたとしても参加者の皆さんが実施を楽しみにしてくれているので予定通り実施予定です。
ちなみに話は変わりますがホームページのお知らせのところに「○月○日に実子予定です」と書いてあったのを本日発見しました。実子予定って、何かこの子どもを実子に認知しようという予定を立てたみたいで、それをホームページのトップページで発表しているみたいな感じがしてしまいますね。
というわけで、本日(8月5日)も運動教室を浪江町でやりますのでご都合の良い方は是非ご参加ください。

せっかく頂いた物なのに、特に使うこともなく収納したままになっているものなんてありませんか。
今の時期なら夏物バーゲンで半額以下の値段になっていたから、思わず買ってしまったけれども、よくよく考えてみるとデザインがいまひとつ、柄が、色がいまひとつ、というわけでクローゼットに直行して、陽の目を見ない服の一着や二着は誰しもが持っているものです。
今の自分には少しスリムすぎるような気がしないでもないけど、でもこの服を着る頃までには〇キロ痩せる予定だから買っておこうと勇気を出して買ってはみたものの、やっぱり予定で終わってしまい、買った服は何処へ、みたいな経験も誰しもがしているものです。
それを一般的にはひと夏の経験というかどうかはさておきですが、先日このブログで安達東高校の生徒さんから運動教室で握力を鍛えるために活用してもらいたい、と頂戴した握力増強器具「にぎれる君」(勝手に命名してしまいましたが、呼び名募集中です)ですが、さっそく7月19日の運動教室で使用させてもらいました。
IMG_2497
こんな感じで掌に載せて、握っては緩めてを繰り返します。そうすると前腕の筋肉が段々と悲鳴を上げてきます。
高齢になって握力が低下してくると、握る、持つということが大変になってきます。そうなるとペットボトルやビンの蓋が開けられなくなる、雑巾をギュッと絞るのが大変になってくる、買い物袋を持つのがキツイ、など日常生活に支障が出て来てしまいます。
そうならないように安達東高校の高校生が真心を込めて作ってくれたにぎれる君、こんな感じで活用しております。もし夏休みになって一緒に高齢者と運動したい、という学生がいたら参加お待ちしております。
なんだか「参加お待ちしております」が締めの定型句みたいになってきましたので、新しい締めの言葉を工夫していく様に今後します。まぁ上で書いたスリムな服のように予定は未定ですが。

↑このページのトップヘ