カテゴリ: ちろる学校

7月9日、山口県岩国市で1時間に100mmのすごく強い雨が降ったそうです。岩国市やその周辺地域にお住いの方は斜面を見に行ったり、用水路や田んぼの水をチェックしに行ったりは本当に必要な場合を除いてはしないようにしてください。
そして避難指示があった場合には十分に気を付けて、指示にしたがって命を守る行動をしてください。
福島県の中通り、中心からやや北側では小ぶりの雨が降っております。ここのところ毎日雨で、チャゲ&アスカのファンだったら「始まりはいつも雨」を思い浮かべるところですが、今「はじまりはいつもあめ」と入力して、変換したら「始まりはいつも飴」と変換されました。

菊田が駅から出ると雨が降っていた。しまった、今日は傘を持ってきていない。しかたがないのでタクシーに乗ろうと考え、タクシー乗り場の方を見ると長蛇の列。みんな考える事は同じのようだ。これではタクシーに乗るのはいつになることやら。ふと、隣りを見ると同じようにタクシー乗り場を眺める20代後半から30代前半ぐらいの女性がいた。
菊田の視線に気づいたのだろうか、女性は菊田の方を向いた。
菊田が「タクシーに乗るのも簡単じゃないですね」、そう話しかけると女性は「本当にそうですね。あの列に並んでも1時間はかかりそう。とりあえず飴でも舐めます」
これが菊田と玲子の出会いだった。

始まりはいつも飴にちなんだ小説があってもおかしくはないかもしれません。
まぁきっとないと思われるので、創ってみました。

さて、余談はさておき、最近は熱海や鳥取、島根が心配でちろるで事業を実施しても、そちらが心配でブログを書く筆が進まなかったのですが、今日こそは昨日(7月8日)に実施したちろる学校図工の時間の報告をさせていただきます。
20210708_133611
今日の図工の時間はドレッシングづくり。
講師には福島県内でも有名料理人の荒川シェフ。ドレッシングというと中華とかゴマとか色々とありますが、今日荒川先生から教わるのはクルミドレッシング。
さっそく調理の様子を見ていきましょう。
20210708_140019
クルミをペーストにして、酢やらなにやらを入れていきます。仄めかしは企業秘密だと思ってください。
20210708_135617
荒川先生を真似て、参加者の方々もドレッシングを作っています。
20210708_140543
ドレッシングを作っただけでは、味見をする際に舐めるしか出来ません。せっかくでしたら美味しく味見をしていただきたいということで、サラダと
20210708_141332
タラのバターソテーをみんなで準備しました。
20210708_142502
とっても美味しそうに完成しました。
20210708_143243
というわけで、みんなで作り方を教わって、みんなで実食です。
ちろる学校図工の時間では物づくりだけではなく、今後も自宅で作れるアイスクリームなど、美味しい食も作っていく予定です。興味のある方は是非ちろる学校図工の時間にマスクを付けて、平熱の時にお越しください。

図工という言葉を聞くと小学校の図工の教室を思い出します。
いつもの教室の机よりも大きい机で、一人に一つ机が用意されているわけではなく、4人ぐらいで共同で使う机。そしていつもの教室には無い黒く、厚さのある絶対に光は通さねぇという意識すら感じさせる遮光カーテン。
いや、遮光カーテンがあったのは理科実験室だったかしら。
いかんせん小学校に通っていたのが四半世紀も前の事なので、よく思い出せません。
さて、なぜ急に冒頭から図工の話しになったのかといいますと、昨年度までは「ちろるんるん♪」という事業を実施していました。内容は、物づくりや季節の行事、スポーツ等を通して参加者同士の交流を図るというものでしたが、事業名の「ちろるんるん♪」と聞いて、事業内容がちゃんと伝わるかというと、なかなか難しいですよね。「るんるん」という文言があり、♪があるので、なんとなく楽しいことをやるのか、というのは分かっても、それ以上のことは分かりません。
そこで参加してくださる方にどのような事業なのかを分かりやすくするために、今年度は事業名を「ちろる学校 図工の時間」にしてみました。これなら「あー、図工の時間でやるようなことをやるのね」と一目瞭然で伝わりますよね。
そして図工の時間があるということは、他の時間もあります。それが何かはまた○○の時間を実施した時に皆様にご紹介をさせていただきます。
というわけで、初回の図工の時間は6月10日に行いました。20210610_133359
写真を90度回転させてみたのにも関わらずに、ブログに載せようとすると写真がまた元に戻ってしまいます。ですので、ご面倒でも首を傾けてご覧になってください。
本来ならば記事を書いて、写真を載せてというのがこのブログの慣例になっているのですが、写真を掲載するたびに首を傾けてもらうのは恐縮なので、写真を連続で載せてしまいます。引き続き首を傾けてご覧になってください。
20210610_142127
初回なので参加者の皆様の緊張をほぐすために、アイスブレイクの時間を長めにとらせていただいて、新型コロナウイルスの感染予防のために、これでもかというぐらいに会場を除菌シートで拭いて、参加者に手指消毒をしてもらった上で握手をしてもらってじゃんけんをして、勝ったら相手の手を叩く、負けたら叩かれる前に逃げるというレクリエーションをしています。
単純だけど、いや単純だからこそ盛り上がるんですよね。
アイスブレイクの後には翌月以降どのような図工の時間をするのかを話し合いました。
学生の頃、国語や数学にはときめかなかったけれども、図工の時間となるとワクワクした少年少女に戻れる時間、それがちろる学校図工の時間です。毎月実施しておりますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。



↑このページのトップヘ